バイナンスがブロックチェーンゲーム「フュージョニスト」NFTコレクションのIGO実施

大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は1月4日、ブロックチェーンゲームのフュージョニスト(Fusionist)のNFTコレクションをイニシャル・ゲーム・オファリング(Initial Game Offering:IGO)にて実施すると発表した。

フュージョニストは惑星運営やメックの指揮が可能

フュージョニストは、SF世界を舞台とした宇宙探索ゲームだ。プレイヤーは、自分の惑星を運営したり、珍しい資源を集めたりすることができる。また、技術をアップグレードしたり、メック(Mec))と呼ばれるメカを製造したりすることも可能だ。メックを指揮しプレイヤーやCPUとの対戦を通じて、トークンやその他のNFTリワードを獲得することができる。

フュージョニスト内にはギャラクティカマーケットプレイス(Galactic Marketplace)と呼ばれるゲーム内アイテムを取引できるマーケットプレイスも用意している。これを使うことで、ゲーム内トークンや素材などを入手することができる。

0.1BNB以上保有で参加可能

IGOとは、ブロックチェーンゲームを開発するための資金調達方法として注目され、ユーザーはゲームで使用するアイテムなどのアセット(NFT)を購入することで参加する。

今回のIGOでは、準備フェーズが日本時間で1月9日午前9時~1月11日午前11時に設定されている。この期間に1日平均0.1BNB以上を保有、もしくはNFTの割引購入ページで指定の「アルファプレステージ-フュージョニスト(Alpha Prestige - Fusionist)」NFTをロックする必要がある。

申込フェイズは、日本時間で1月11日午前11時~1月12日午後6時に設定されている。このときに既定のBNBを保有している人はNFTプライマリーセールへの参加券を4枚、NFTをロックしている人は2枚受け取ることができる。これらの参加券からランダムで抽選が行われ、当選者には一定額のBNBと交換で、フュージョニスト-バイメカNFTコレクションを入手できる。なお、このコレクションは、ミステリーボックス形式で配布される。出てくるNFTのレアリティはノーマルからウルトラレアまで5種類で設定されている。

参考
Binance NFT Marketplace Launches “Fusionist - Bi·Mech” NFT Collection via the Subscription Mechanism

【こんな記事も読まれています】
「2022年のDAppsの原動力はブロックチェーンゲームとNFT」ダップレーダーがレポート公開
今年のメタバース・ベンチャー投資から2023年について分かることとは?
【アニモカ・ブランズ子会社が英シューズブランドのスウェアと提携

おすすめの記事
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
仮想通貨ニュース
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
イーサリアムは年末から来年初旬にかけてイーサリアム2.0への完全移行となる「The Merge」を控えており、DeFi(分散型金融)やNFTなども含め最も使用されている仮想通貨といえるでしょう。 本稿ではイーサリアム2.0のさらに先のイーサリアムを拡張するL2(レイヤー2)について詳しく解説します。