「ビットコイン(BTC)は優れたインフレヘッジ」データ分析企業がレポート発表

データ分析企業のアルカナ・リサーチ(Arcane Research)は12月16日、2021年第49週目となる週間レポートを公開した。このレポートの中で同社は、新型コロナウイルスが流行中の世界において、ビットコイン(BTC)は優れたインフレヘッジになっていたと発表した。

ビットコイン(BTC)は優れたインフレヘッジ

アルカナ・リサーチの今回のレポートでは、ビットコインがインフレヘッジとしてのの役割を持っているかどうか判断する最も分かりやすい方法として、2020年に入ってからのパフォーマンスを参照している。未曾有の金融刺激策とサプライチェーン問題による高インフレを特徴するこの期間、ビットコインは520%の実質リターンを実現している。

また同期間における、金の実質リターンは8%、米国の代表的な企業の株価指数であるS&P500の実質リターンは33%だった。同レポートでは、これらの数値として比較して、その数値の大きさからビットコインが実際に優れたインフレヘッジであったことを示していると指摘している。

金融市場の動向にも影響を受けやすくなってきているビットコイン

また今回のレポートでは、最近のビットコイン(BTC)の価格変動についても言及している。ビットコインは、2021年11月に一時約770万円の値をつけ史上最高値を更新し、その後下落を続けている。

同レポートでは、強気相場における大きな下落はビットコインによくある特徴だとしながらも、2017年12月17日に当時の最高値を更新した際と、今の市場が別物であると指摘している。

その理由として、2020年以降にはビットコインが徐々に機関投資家に採用されるようになった他、中国のビットコイン禁止や国家がビットコインを採用するなど、以前と同様ビットコイン特有なニュースに加え、伝統的な金融市場の動向にも影響を受けやすくなってきていると説明している。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Does bitcoin protect against inflation?

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】米Bitwise6800億円規模の「優良NFT」へ投資する「NFTインデックスファンド」をローンチ
12月のビットコイン(BTC)価格はあまり動かず?仮想通貨取引所クラーケンのレポート
IMFがグローバルで包括的で協調的な仮想通貨の規制を求める

おすすめの記事
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
仮想通貨ニュース
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
「仮想通貨・ブロックチェーンの普及拡大」=「ビットコインの普及拡大」とならないことがやっと浸透してきたように感じています。2018年7月までのビットコイン相場の振り返り、LINE(ライン)、ヤフー・ソフトバンクの店舗決済キャッシュレス化加速、ポイント・ギフト券の分散台帳技術を利用したトークンに関する可能性などに関して書きました。
竹中平蔵氏に聞く、ビットコインは儲かりますか?
インタビュー
竹中平蔵氏に聞く、ビットコインは儲かりますか?
仮想通貨の話が出てきて、印象的だったのは2014年にマウントゴックスが経営破綻です。当時は仮想通貨のような概念が可能と頭ではわかっていましたけれど、それと一緒に問題が残ったという印象を受けました。振り返ると、ビットコインが登場したのが2009年。その頃は、まだ第四次産業革命っていう言葉もありませんでした。
2022年第二四半期にはイーサリアム(ETH)の価格が約100万円に?著名アナリストが予測
仮想通貨ニュース
2022年第二四半期にはイーサリアム(ETH)の価格が約100万円に?著名アナリストが予測
ビットコイン(BTC)よりも大幅なリターンや成長が期待されているイーサリアム(ETH)ですが、DeFiやメタバースのさらなる普及によって成長を続けると、2022年第二四半期には現価格から2倍の9,000ドル(約102万9,500円)に到達すると、とある著名なアナリストは推測しています。