【墨汁速報】米Bitwise6800億円規模の「優良NFT」へ投資する「NFTインデックスファンド」をローンチ

仮想通貨インデックスファンドマネージャーのビットワイズ(Bitwise)は、イーサリアム(ETH)で人気を博しているクリプトパンクス(CryptoPunks)などのNFTを運用するインデックスファンド「Blue-Chip NFT Index Fund」をローンチ。投資家はこのNFTインデックスファンドを介してNFTへの投資を行うことができる。

関連記事:【墨汁速報】米国初のビットコインETF 19日よりニューヨーク証券取引所で取引開始

NFTインデックスファンドの誕生

米サンフランシスコを拠点とする「Bitwise Asset Management」は、NFTとして人気の高いブルーチップ(優良)コレクション上位10個を市場価格で加重した「Blue-Chip NFT Collectionsインデックス」の価格に連動を目指す「Blue-Chip NFT Index Fund」をローンチした。

このNFTインデックスファンドはローンチに伴い時価総額60億ドル(約6800億円)を超えるCryptoPunks, Bored Ape Yacht Club, Autoglyphs, Fidenza, VeeFriendsなどへ投資を行い、カストディを行うとしている。

NFTがイーサリアム上の1つの資産へ

イーサリアムにおけるNFTの歴史は古く、2017年6月にCryptoPunkが発行したNFTが起源となり、2020年から人気を博しているのは記憶に新しいだろう。イーサリアム上で発行されているDeFiのトークンや、ドルと同じ価値を持つステーブルコインは「ファンジブル」つまりすべてのトークンが同じ価値を持つ。

一方でNFTは非代替性トークン(Non-Fungible Token)つまり発行されているトークンによって異なる価値を持つため、アートや権利などをトークン化することに長けているということだ。
2018年にはイーサリアム上の共通企画としてERC-1155が整備され、2021年に入ってVISAがCryptoPunksのNFTを購入したことでさらに白熱しており、2021年第3四半期にはNFTの取引出来高が100億ドルまで暴騰している。

BitwiseはNFTインデックスファンドを仕上げるまでに1年を有したという。

NFTへのスマートな投資を提供

Bitwiseの最高経営責任者(CEO)であるハンター・ホースリ(Hunter Horsley)氏は、「2017年に仮想通貨初のインデックスファンドをローンチして以来、Bitwiseの目標は仮想通貨市場の成長恩恵を投資家がスマートかつ便利に受けることを目的としてきた。仮想通貨の可能性について議論される際にNFTが必ず話題に上がってきていることは明白で、アートだけでなく所有権の概念を根本的に変えるものだろう」と述べている。

イーサリアムは約5,000億円を焼却するほどの高い需要によって手数料が高騰しており、NFTへの直接投資も新規への参入障壁がある。一方でこのようなNFTインデックスファンドを介することで投資家は直接高い手数料を払うことを避けることができ、個人投資家が実質的に購入が不可能な高額なNFTへ投資することができるという大きな利点がある。

現時点で「Bitwise Blue-Chip NFT Index Fund」は適格投資家にのみ提供され、最低25,000ドルからの投資となり、初期ロックアップ期間後に毎月の償還を提供するという。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアム約5000億円を焼却、EIP-1559でのバーン数が100万ETHを突破
「55%が過去12か月に初めてビットコイン(BTC)購入」グレイスケールが発表
イーサリアムは価値の保存としてビットコインに勝る、豪州の大学教授4人の研究

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Bitwise Launches Blue-Chip NFT Index Fund, Offering Broad Exposure to the Most Iconic Digital Art Collections

おすすめの記事
【墨汁速報】破産した仮想通貨レンディング”セルシウス” 600億円規模のstETHを引出し開始
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産した仮想通貨レンディング”セルシウス” 600億円規模のstETHを引出し開始
2022年の仮想通貨長期下落トレンドの連鎖倒産で破産し、再生を目的としたチャプターイレブン中の仮想通貨レンディング企業”セルシウス(Celsius)”が運用していたイーサリアム(ETH)の引出しを開始した。これらの運用されていたETHは流動性ステーキングプロジェクトのライド(Lido)ファイナンスを介して行われており、約24万ETHが既にセルシウスによって引出しリクエストされている。