ドージコイン(DOGE)のブロックチェーンでNFT発行に成功

暗号資産(仮想通貨)界隈で最も名の知れた存在の1つドージコイン(DOGE)は、そのブロックチェーン上でNFT(非代替性トークン)の発行に初めて成功するという快挙を成しとげました。

最近ドージのプロジェクトは、より多くのユースケースを期待する声と共に進捗してきましたが、一人の開発者がそこにNFTの発行という可能性を付け加えたのです。これは、ドージコインが仮想通貨界でのメジャープレイヤーになるような大躍進です。

ドージコインのブロックチェーン上でNFT発行の快挙

ツイッター名「Inevitable360」と名乗るある開発者は12月14日、トランザクションのスクリーンショットを公開して、ドージコインのブロックチェーン上で初めてNFT発行に成功したと報告しました。Inevitable360氏は、スマートコントラクトのプラットフォーム以外でも、ブロックチェーン上でNFTの発行が可能なことを証明し、一躍注目を集めることになりました。

今回のトランザクション実行にはわずか0.01ドージ(約20円)しかかからず、他のブロックチェーンに比べると驚くほど少額の手数料でした。これほど少額で実行できることを考えると、ドージコインのようなブロックチェーン上でNFTが発行可能なことは、疑う余地もなく今後の流れを変えるでしょう。さらに数百万のドージコイン・サポーターは、ドージコインを保有して取引を実行する以外に、別なユースケースを手に入れることになります。

デジタル資産としてのドージコインは、1つのジョークに過ぎないという悪評を打ち消して、全く新しいユースケースの可能性を開くかもしれません。

拡張するドージコインの活用法

実用性に関して言えば、ドージコインは仮想通貨界でのメジャープレイヤーになりつつあります。テスラ(Tesla)社のCEO(最高経営責任者)イーロン・マスク(Elon Musk)氏は14日、ドージコインで同社の商品の一部を購入できるようにするとの考えをツイッターで明らかにしました。

別名ドージコインの父とも呼ばれるマスク氏は、常にドージコイン・サポーターの先導者でした。2021年始め同氏は、ドージコインに関するツイートにより、繰り返しその価格を押し上げました。今回のテスラ社の決定後も、マスク氏のツイートによりドージコインの価格は30%も急騰しました。

テスラ社の顧客は、テスラ車のミニチュアやTシャツなどをドージコインで購入可能になるでしょう。5月にマスク氏が公式に、ドージコインでの決済受け入れについて言及して以来、すでに数ヵ月という時が流れています。現在も論点は電気自動車の購入にドージコインを受け入れるかどうかにありますが、マスク氏のツイートから考えると、単なるミームコインであるドージコインで商品の支払いができるようになることは、その手始めであると言えるでしょう。

参考
Dogecoin Blockchain Marks Its First-Ever NFT Minting

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨はまだ儲かる?投資した人70%が利益を出している事実と方法の特徴
ツイッターが仮想通貨専門の部門開設、深まるデジタル通貨との関係
「ゴールドは貧困層の仮想通貨」とゴールドマン・サックスの幹部が語る

おすすめの記事
グッドラックスリー井上和久社長×シバタナオキ氏対談、ブロックチェーンはエンターテインメントを何に進化させる?
インタビュー
グッドラックスリー井上和久社長×シバタナオキ氏対談、ブロックチェーンはエンターテインメントを何に進化させる?
福岡でブロックチェーンコンテンツを手掛ける「グッドラックスリー」の井上和久社長と「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」著者のシバタナオキ氏の2人にブロックチェーンプロダクトについて伺った。革新技術はエンターテインメントを何者にするのだろうか?
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
仮想通貨ニュース
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
イーサリアムは年末から来年初旬にかけてイーサリアム2.0への完全移行となる「The Merge」を控えており、DeFi(分散型金融)やNFTなども含め最も使用されている仮想通貨といえるでしょう。 本稿ではイーサリアム2.0のさらに先のイーサリアムを拡張するL2(レイヤー2)について詳しく解説します。