BitMEX共同創業者のアーサー・ヘイズ氏が大胆予測!ビットコイン1,000万円到達の可能性

ビットメックス(BitMEX)の共同創業者であるアーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)氏は、米国連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策により、ビットコイン(BTC)が7万ドル(約1,040万円)に高騰するという大胆な予測を公表しました。

他市場の弱気傾向が仮想通貨市場に強気をもたらす?

ヘイズ氏は複雑な債券市場を精査した上で、現在の混乱したトレンドを収拾するためにFRBがアメリカ経済にてこ入れする可能性を強調し、彼は債券市場において危険信号となる「ベア・スティープナー(bear steepener)」という現象が発生することに注目しています。

この現象は、長期金利の上昇ペースが短期金利を上回り、お互いの金利差が拡大することで生じます。ベア・スティープナーの発生は歴史から見て、債券とその他リスク資産との両方において、弱気市場へのサインと見なされてきました。

ヘイズ氏はベア・スティープナーが加速すると、経済的困窮と経営破綻の危険性が高まると見ています。そして、同氏は、最終的に政策立案者は国債市場を守るために紙幣の増刷をせざるを得なくなり、この状況こそが暗号資産(仮想通貨)には強気市場へきっかけになると考えています。

FRBが行う金融政策の影響で、ビットコインが想像を絶する価格上昇を見せ、2026年までにビットコイン価格は75万ドル(約11,100万円)から100万ドル(約14,900万円)のレンジにまで到達するとヘイズ氏は予測しています。この予測は最近の保守的な予測の中では、もちろん際立って強気なものです。

ヘイズ氏はこの楽観的な予測の裏付けとして、いくつかの重要な要素を挙げています。その1つは、迫りつつある金融危機のため金利がゼロになる可能性であり、また別のシナリオとしては、歯止めのきかない政府の消費に対して、金利の上昇が追いつかないケースとしています。

いずれのケースにおいても、ビットコインが安全資産として避難所の役割を担うことで価格上昇が引きおこるとヘイズ氏は考えているようです。

半減期後には1,000万円台に突入か?

一方でヘイズ氏は2026年を待たずに、2024年末までにはビットコインが70,000ドルにまで高騰する可能性もあると見ています。

彼はビットコインが半減期を迎えることと、過去の半減期がビットコイン価格に大きな影響を与えてきたことを指摘しています。もしもこの予測が正しければ、現在の価格から連続的な価格上昇が見られるでしょう。

FRBが金融政策を変更する可能性や債券市場の動向、将来的なビットコインの価値への期待などから、ヘイズ氏は仮想通貨の展望について独自の見解を打ち立てています。彼の予測は確かにかなり大胆ですが、マクロ経済とデジタル資産市場との複雑な関連性を考慮した洞察として、全面的に否定するには難しいものとなっています。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考:Crypto Exchange Founder On Bitcoin: The Missing Piece To Rev Up The Bull Market

【こんな記事も読まれています】
高まり続けるビットコインマイナーへの売り圧力、ハッシュレート・難易度・コストの三重苦
【墨汁速報】「仮想通貨の冬」を長引かせた主要人物が全員逮捕へ 相場復活のきっかけとなるか?
揺れる市場心理、ビットコイン投資新規参入者に立ちふさがる高い壁

おすすめの記事
【墨汁速報】バイナンスがFTX買収を断念か? ビットコインはドル建てで2022年最安値更新
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】バイナンスがFTX買収を断念か? ビットコインはドル建てで2022年最安値更新
流動性危機に直面していた世界最大手仮想通貨取引所のFTXを救済目的で買収するとしていたバイナンスがデューデリジェンス後に難色を示しているという。米規制当局は原因となったサム・バンクマン・フリード氏の投資会社であるアラメダリサーチとFTXとの関係性を調査しているという。
グッドラックスリー井上和久社長×シバタナオキ氏対談、ブロックチェーンはエンターテインメントを何に進化させる?
インタビュー
グッドラックスリー井上和久社長×シバタナオキ氏対談、ブロックチェーンはエンターテインメントを何に進化させる?
福岡でブロックチェーンコンテンツを手掛ける「グッドラックスリー」の井上和久社長と「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」著者のシバタナオキ氏の2人にブロックチェーンプロダクトについて伺った。革新技術はエンターテインメントを何者にするのだろうか?