「投資マネーの流入で仮想通貨市場が拡大」米投資大手バーンスタインの最新予測

米国の大手投資企業バーンスタイン(AllianceBernstein)社のアナリストは、既存の金融機関の損失が増えると、それらはすべてビットコイン(BTC)の利益になるとして、今後ビットコインが強気に向かうという予測を発表しました。

注目すべきはセルフカストディ

富裕層に資産運用サービスを提供する、バーンスタイン社のプライベート・ウェルス・マネジメント部門は、米国での金融危機が触媒となり、最終的にはビットコインが市場のメインストリームになると予測しています。

同社のアナリストは、銀行の災難が新しい暗号資産(仮想通貨)サイクルを生み出し、セルフカストディ・ウォレットへの巨額の資産流入が起きるだろうと述べています。

米ニュース専用チャンネルCNBCの取材に対して、バーンスタイン社のアナリストであるゴータム・チュガニ(Gautam Chhugani)氏とマナス・アグラワル(Manas Agrawal)氏は、「投資家は安全な資産の保管場所として、オンチェーンのデジタル・ウォレットに注目するようになり、新しい仮想通貨サイクルが形成されるだろう」と述べました。

さらに両氏は、「米国債レートと銀行預金レートとのギャップが銀行からの資産流出を招き、銀行の弱い財務状況も相まって、金融市場への大規模な資産の流入が起きるだろう」とも推測し、「銀行を救うために、FRB(米国連邦準備制度理事会)はドル安と新規貨幣発行に頼らざるを得ず、その結果再びビットコインはデジタル・ゴールドの役目を果たすようになる」と述べています。

強気相場を予測する業界の展望

バーンスタイン社のアナリストは、2023年にセルフカストディ・ウォレットの拡大と成長が見込まれることも予測しており、同様にDeFi(分散型金融)でも、個人投資家と機関投資家の参入が増大すると見ています。

バーンスタイン社は最近の仮想通貨市場の展望に期待を見せており、4月のはじめにはFTXの破綻が、直近の仮想通貨価格の上昇をもたらしたという見解を示しました。

ほかにも仮想通貨の投資家は全般に、2023年のこれまでの市場を肯定的にとらえています。ビットコインの価格は年初来およそ75%上昇して、29,000ドル(約388万6,000円)前後で取り引きされるようになり、ボラティリティに注意を促す声はあるものの、市場には楽観的な声が多くなりました。

今週初め、スタンダード・チャータード銀行(Standard Chartered)のリサーチャーは、いわゆる仮想通貨の冬は終わったと明言しました。同行のデジタル資産調査部長のジェフ・ケンドリック(Geoff Kendrick)氏は、2024年末までにはビットコイン価格が10万ドル(約1,340万円)に到達すると予測しています。

参考
Bernstein Private Wealth Management Says “Buy Bitcoin”

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)価格が下落へ、マイナーの危機感がさらに深刻に
Web3.0関連企業フラスク、エコシステム構築に向けてポリゴンと協力
「ビットコインは4万ドルを目指す強気トレンド」仮想通貨界の第一人者が予測

おすすめの記事
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス」破産の可能性を警告 FTX破産の連鎖倒産か?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨最大手ブローカレッジ「ジェネシス」破産の可能性を警告 FTX破産の連鎖倒産か?
仮想通貨ブローカレッジ最大手のジェネシス(Genesis)は投資家に対して破産申請を行う可能性を警告した。FTXグループの破産に伴いジェネシスのレンディングユニットは11月16日に出金と新たなローンの停止を発表しており、仮想通貨取引所のジェミニ(Gemini)はこの影響でGemini Earnからの引き出しを停止していた。
【墨汁速報】ロシア中央銀行 ビットコインなどの仮想通貨取引を規制下の証券取引所で許可する提案を示す
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ロシア中央銀行 ビットコインなどの仮想通貨取引を規制下の証券取引所で許可する提案を示す
ロシア中央銀行はロシアの規制下にある証券取引所がビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)などのデジタルトークンを売買できる用にする提案を行っている。業界識者は投資家に対して規制下での仮想通貨取引を行う選択肢を与えたい狙いだとしているとロシアの全国紙であるコメルサントが報道した。
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
仮想通貨ニュース
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
「仮想通貨・ブロックチェーンの普及拡大」=「ビットコインの普及拡大」とならないことがやっと浸透してきたように感じています。2018年7月までのビットコイン相場の振り返り、LINE(ライン)、ヤフー・ソフトバンクの店舗決済キャッシュレス化加速、ポイント・ギフト券の分散台帳技術を利用したトークンに関する可能性などに関して書きました。