【墨汁速報】イーサリアム次期大型アップデート「カンクン」の実装EIPが会議で決定

実行レイヤーにおけるイーサリアム全開発者会議160が4月27日に行われ、4月13日に完了したシャペラ(上海)アップデートの次に控えているカンクン(Cuncun)アップデートで実装されるEIP(イーサリアム実装改善案)が決定した。このカンクン実装ではロールアップを採用したイーサリアムのL2をより加速するEIP-4844「プロトダンクシャーディング(Protodank Sharding)」がメインとなり、他に3つのEIPが実装される予定だ。

関連記事:【墨汁速報】12000件を超えるETH引出し イーサリアム「シャペラ(上海)」アップデート完了

イーサリアム「カンクン」アップデートのEIPが決定

イーサリアム全開発者会議160では実行レイヤー(元イーサリアム1.0)におけるカンクンアップデートに含むEIP(イーサリアム実装改善案)について話し合いが行われた。カンクンアップデートでは前回のシャペラにおけるステーキングされたETHの引出し実装を行うEIP-4895と同様に大規模実装となるEIP-4844「プロトダンクシャーディング(Protodank Sharding)」の正式実装をすることが決定した。

このプロトダンクシャーディングはイーサリアム上に新たなネットワークとして展開されるL2のアービトラム(Arbitrum)やオプティミズム(Optimism)などのロールアップ(Rollup)技術を採用したネットワークをより使いやすくする特別な実装を指す。

他にもカンクンでは、

EIP-1153:一時的なストレージオペコードの追加
EIP-6475:任意の値を表す新規のSSZタイプの追加
EIP-6780:オペコードSELFDESTRUCTの変更

が決まっている。

関連記事:ETH投資家がやるべきことは?イーサリアム「シャペラ(上海)アップデート」目前の確認事項

イーサリアムが着実に進化

2023年に入って仮想通貨のトレンドはロールアップを採用したL2に移行しており、米仮想通貨取引所のコインベースがOPトークのエアドロップで話題となったオプティミズムと提携してイーサリアム上にベース(BASE)をテストネット展開したことも記憶に新しい。

カンクンアップデートを経てEIP-4844が実装されるとこのムーブメントがより加速し、2020年から2021年にかけてのEVM経済圏とは異なる巨大ネットワークへと進化を遂げることになる。またこのEIP-4844は将来的なイーサリアムチェーンを複数に分割して並行ネットワークとするシャーディング(Sharding)との後方互換を持つため、ロールアップでスケーリングしつつ将来への布石となる重要なアップデートであるということだ。2023年もイーサリアム周りの開発動向から目が話せないと言えるだろう。

関連記事:【墨汁速報】対象者は?イーサリアムL2「アービトラム」待望のARBエアドロップを発表

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】揺らぐバイナンス帝国 米司法省のCEOに対する捜査により役員が3名辞任=リーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】揺らぐバイナンス帝国 米司法省のCEOに対する捜査により役員が3名辞任=リーク
リークによると世界最大手仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」の重要な役員が最低でも3名辞任したという。バイナンスは米国証券取引委員会(SEC)や米商品先物取引委員会(CFTC)などの米国規制当局の提訴だけにとどまらず、世界中の規制当局から調査を受けておりライセンス取得や買収判断見送りなどの影響が出ている。
【墨汁速報】運用資産71兆円超えのフィデリティ、ビットコイン現物ETFを申請準備か=リーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】運用資産71兆円超えのフィデリティ、ビットコイン現物ETFを申請準備か=リーク
ブラックロックに次ぐ世界4位の運用資産を誇るフィデリティ(Fidelity)が上場投資信託「ビットコイン現物ETF」の申請を準備しているという。ブラックロックの「ビットコイン現物ETF」の申請に続いて多くの資産運用会社やファンドがビットコイン現物ETFを申請しいる。