【墨汁速報】OpenSeaの送金バグで42個のNFTが失われる 被害額は1100万円超え

編集部おすすめ

【【墨汁速報】イーサリアム2.0遂に正式開始 約580億円分のETHがステーキングされる

NFTマーケットプレイスのOpenSeaのバグにより、42個のNFTとENS(イーサリアムネームサービス)が失われて。現在はOpenSeaはこのバグを修正済みだという。

OpenSeaで42個のNFTが失われる

ENSデベロッパーのニック・ジョンソン(Nick Johnson)氏によると、イーサリアム上で始めてENSとして登録された「rilxxlir.eth」を偶然失ってしまったという。ENSとはイーサリアムネームサービスの略であり、0xからはじまる16進数で構成されるイーサリアムアドレスをインターネットのURL(DNS)のように読みやすいものにするサービスだ。

このバグによる被害で42個のNFTが永久に失われ、被害総額は1,100万円以上にものぼるという。

OpenSeaのNFT送金バグ

ENSを売却するためにはまずENSアカウントからOpenSeaを利用できる個人のウォレットに送金する必要があったという。そのためNick氏はまずOpenSeaに移動し、transfer(送金)ボタンをクリックした後、自身のENSである「nick.eth」を入力したという。

nick.ethのアドレスは「0xb8c2C29ee19D8307cb7255e1Cd9CbDE883A267d5」となっているが、その後トランザクションが取り込まれたが実際に送金された先は「0x000000000000000000000000000000000edD899b」という全く異なるアドレスになっていた。このバグによる誤送金により、該当の「rilxxlir.eth」というENSはほぼ完全に失われたことになる。

OpenSeaはバグを修正済み

当初はNick氏以外に被害者はいないと見られていたが、合計で32ユーザー、42個のNFTが同様のバグにより失われたことになる。(対象の被害NFT一覧はこちら

Nick氏によるとOpenSeaはすでにこのNFT誤送金バグを修正しているとしているが、OpenSea公式ではこのバグについて今の所一切触れられていない。NFTに限らず送金する場合は署名時に送金先のアドレスを確認することが重要となるだろう。

【こんな記事も読まれています】
NFTは何を表現するのか
NFTへの参入を進めるゲームストップ(GameStop)、イーサリアム(ETH)のセカンドレイヤー技術が鍵か
「32%が直近6か月以内の仮想通貨の購入に興味」バックト(Bakkt)が調査結果発表

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース【墨汁速報】DYDX給付金が1ユーザー最大1500万円を記録 DYDXの引出し(Claim)がついに開始
次のニュース米証券取引委員会(SEC)市場拡大を続ける仮想通貨への規制強化への動き
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者