EYがポリゴン(Polygon)と協業、共同プロダクトPolygon Nightfallの開発へ

編集部おすすめ

EYがポリゴン(Polygon)と協業、共同プロダクトPolygon Nightfallの開発へ

プロフェッショナル・サービスのEYは、イーサリアム(Ethereum)のスケーリングソリューションの構築に取組むポリゴン(Polygon)との協業を発表しました。

EYとポリゴンは「Polygon Nightfall(ポリゴンナイトフォール)」を開発し、さらにEYのブロックチェーンプロダクトとのインテグレーションや、Polygonベースの新しい企業向けブロックチェーンを共同開発します。

ポリゴンは Polygon PoS、Polygon Hermez、Polygon SDK、Polygon Avail などのソリューションを提供していますが、今回Polygon Nightfall が加わったことによってエンタープライズ向けのソリューションの充実度が高まっています。

Polygon Nightfall (ポリゴンナイトフォール)とは?

EYは、イーサリアムをベースにした企業向けブロックチェーンソリューションとして、2019年にNightfallを発表しました。EYのNightfallはイーサリアムのインフラ開発分野で大企業が大きく貢献した取り組みとして知られています。

イーサリアムのネットワークの混雑やガス代の課題が大きくなる中で、EYチームはこれらの課題を軽減しより幅広い利用を実現するためにイーサリアムのスケーリングソリューションの検討を開始し、ナイトフォールのスケーラブル版であるNightfall3が誕生しました。

その過程で、EYチームはPolygon社との協業を開始し、Nightfall 3のパブリックインスタンス、通称Polygon Nightfallを用意する運びとなりました。

Polygon Nightfallは、プライバシーに特化したロールアップであり、オプティミスティック・ロールアップの主要なコンセプトと、ZKロールアップで一般的に使用されているZero-Knowledge(ZK)暗号技術を組み合わせています。プライバシーは、企業のブロックチェーン利用においては重要な要件であり、需要が見込まれます。

この共同の取り組みに関してEYグローバル・ブロックチェーン・リーダーのポール・ブロディ(Paul Brody)は、次のように述べています。

「ポリゴンとの協働により、EYのチームは企業向けのトランザクションをスケールさせるの強力なツール群を手に入れ、イーサリアムに統合するための道のりを縮めることができます。オープンシステムとネットワーク、そしてイーサリアムのエコシステムに関する優先事項について同じ意識共有を持つことで、この領域でのコラボレーションがよりスムーズになると気づきました。」

ポリゴンの共同創業者のSandeep Nailwal氏は、「パブリックなイーサリアムのエコシステムとオープンスタンダードに対するEYのコミットメントは、共同のアプローチを進化させる大きな原動力となりました。エコシステムやオープンシステムに同じ規模や深さでコミットしている組織は他にありません。」と述べています。

EYとPolygon、進行中のコラボレーション

Polygonは先月Hermez買収の際に、ゼロ知識技術を活用したソリューションに注力することも発表していました。Polygon Nightfall もそのゴールに沿った取り組みの一つだといえます。

ポリゴンのブログによると、EYのプラットフォームは、より高い取引量を予測可能なコストと決済時間で捌けるようになるとともに、エンドユーザーに取引や資産をイーサリアムに移行するという選択肢を提供することができるようになります。共同ロードマップでは、イーサリアムベースのスケーリングソリューションと、プライバシーに焦点を当てた企業向けの機能の開発を優先し、ZKベースの技術に特に重点を置く予定です。Polygon Nightfallの詳細については、近日中に詳細が発表される予定とのことです。

またEYは、ポリゴンのパブリックでパーミッションレスなコミットチェーンを、EY OpsChainやEY Blockchain AnalyzerなどのEYの主要ブロックチェーンサービスに接続しました。これによってblockchain.ey.comで簡単な設定変更を行うだけで、自社の業務をPolygonのネットワークに接続することができます。

さらに、上記2つの取り組みとは別にプライバシーに特化したエンタープライズ・チェーンも構築され、これらは前述のNightfall3を使用して構築されます。企業にクローズドシステムの快適さと安全性を提供しながらパブリックなイーサリアムのメインネットとの柔軟性を維持し、将来のパブリックネットワークへの移行を迅速に行えるようになっています。

参考
EY announces integration with Polygon protocol and framework on Ethereum scaling solutions

【こんな記事も読まれています】
polygon(旧Matic)使い方完全ガイド
Polygon(仮想通貨Matic)の基本情報と今後の展望
Polygon(ポリゴン)のエコシステムDeFi(分散型金融)でも活用進む

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース中南米国民の約50%がビットコイン(BTC)を法定通貨として歓迎、世論調査結果
次のニュース「アジアでは71%の投資家がデジタル資産に投資」フェデリティが調査結果を発表
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。