【墨汁速報】イーサリアムL2ブリッジ ホップ(Hop Protocol)がHOPエアドロップを発表

イーサリアムのL2とEVMチェーンへのブリッジを提供するホッププロトコル(Hop Protocol)は、ガバナンストークンのHOPトークンの発行とエアドロップ、Hop DAOのローンチを発表した。イーサリアムL2関連のエアドロップはオプティミズム(Optimism)のOPトークンにより、今後もトレンドとなっていくだろう。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムL2"Optimism"ついにガバナンストークン「OP」のエアドロを発表

HOPをエアドロップ

イーサリアムのL2ネットワークであるアービトラム(Arbitrum)やオプティミズム(Optimism)、サイドチェーンのポリゴン(Polygon)などのブリッジを提供するホッププロトコル(Hop Protocol)は、ガバナンストークンとなるHOPトークンを利用ユーザーに対してエアドロップすると発表。

エアドロップはホップを使用したことがあるユーザーなどに8%が割当られており、60%を超えるHOPがDAO基金へと保管され、今後のホップエコシステムの成長に使われることになる。

 

 

HOPエアドロップの条件

HOPのエアドロップはオプティミズムとは異なるアプローチを行っており、

3.35%:1000ドル以上かつ2回ブリッジしているユーザー
2%:流動性マイニングを行っていたユーザー
2%:1年ロックしているユーザー
0.1%:上位500名のディスコード利用者及び79ツイッターアカウント
0.05%:ホッププロトコルの開発者
0.5%:デプロイしたアカウントを持つAuthereumユーザー

となっている。

ホップエクスチェンジで流動性マイニングを行っていたLPや1年のロックを行ったユーザーがHOPエアドロップを獲得するには2022年4月1日より前に利用している必要がある。

HOPのエアドロップを確認する方法

HOPのエアドロップを獲得できているかを確認するにはホップエクスチェンジ(Hop Exchange)のエアドロップページ(https://app.hop.exchange/#/airdrop/preview)へアクセスし、メタマスクなどのウォレットで接続するか、アドレスを入力することで確認できる。

 

加速するL2周りのエアドロップ

ロールアップ(Rollup)をコア技術として採用したL2のオプティミズムがガバナンストークンのOPをローンチしたことを皮切りに、今後はアービトラム(Arbitrum)などもガバナンストークンを利用者にエアドロップする可能性が高まってきている。

またイーサリアムのL2ネットワークは2021年より本格始動しており、2022年はOPトークンやHOPトークンと同様のL2周りのエアドロップ給付金がトレンドとなるだろう。

 

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジWormhole損失補填にHOLEトークンを機関投資家に売却か

▼墨汁サロンではL2やDeFi、イーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどを投資家向けにより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】 VISA イーサリアム上のドル“USDC”を利用した決済の社会実験を開始
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】 VISA イーサリアム上のドル“USDC”を利用した決済の社会実験を開始
クレジットカード世界最大手のVISA Incは自社の支払いネットワークにおいて、イーサリアム上のドル「USDC」を決済に使用することができる社会実験を開始したと発表。USDCはステーブルコインと呼ばれるイーサリアム上でドルと1:1に発行されるトークンであり、DeFi(非中央集権金融)の重要な要である。