【墨汁速報】イーサリアム次期大型アップデート「デンクン(カンクン)」の実装内容が決定

イーサリアム(ETH)の次期大型アップデート「デンクン(Dencun=Cancun)」に実装されるEIP(イーサリアム改善提案)が、日本時間9日深夜に行われたイーサリアム開発者会議で決定した。事前に決まっていたEIP-4844のプロト・ダンクシャーディング(Proto-danksharding)を含む5つの実装変更が行われる。

関連記事:イーサリアム開発段階がサージ(The Surge)へ移行 ロールアップのL2移行が加速か

イーサリアム「デンクン」での実装決定

イーサリアムはステーキングされている32ETH及びバリデータ報酬を引き出す大型アップデート「シャペラ(Shapella)」の次の実装となる「デンクン(Dencun)」での実装されるEIPが日本時間9日深夜に行われたイーサリアム開発者会議でEIP-4844「プロト・ダンクシャーディング」を含む5つのEIPが含まれることが決定した。

EIP-4844「プロト・ダンクシャーディング」については2023年4月27日の会議の時点で実装が決定しており、今回のイーサリアム開発者会議ではEIP-4844の他に4つのEIPが追加されたことになる。デンクンで実装されるEIPは

EIP-1153:一時的ストレージOPCODE
EIP-4788:EVMでのビーコンブロックルート
EIP-4844:Proto-Danksharding
EIP-5656:MCOPY
EIP-6780:同一TXのみSELFDESTRUCT

の5つとなっており、EIP-4844以外は基本的にコントラクト実行を行うEVM(イーサリアム・バーチャル・マシン)の変更となっている。

関連記事:【墨汁速報】12000件を超えるETH引出し イーサリアム「シャペラ(上海)」アップデート完了

重要なのはプロト・ダンクシャーディング

EIP-4788はイーサリアムの実行レイヤー(EL)であるETH1エンジンのブロックに含めるデータを変更するというEIPで、EIP-1153、EIP-5656、EIP-6780はEVMにおけるマイナーチェンジを行うEIPとなっている。つまりEIP-4844のプロト・ダンクシャーディングが”デンクン”において最も重要な実装ということになるだろう。

プロト・ダンクシャーディングでは既にイーサリアムL1のトランザクション数を大幅に上回っているアービトラム(Arbitrum)やジーケーシンク(zkSync)などのL2ネットワークをより一層利便性をよくする実装であることから、今後さらにL2への移行が加速することになるだろう。

 

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム(ETH)で一時ネットワーク障害 開発者が現在原因を調査中

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム(ETH)で一時ネットワーク障害 開発者が現在原因を調査中
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム(ETH)で一時ネットワーク障害 開発者が現在原因を調査中
イーサリアム(ETH)ネットワークで一時トランザクションをファイナライズ(確定)できないネットワーク障害が約30分間発生した。日本時間6:50AM現在はファイナライズできており、このビーコンチェーン(Beacon Chain)での問題について開発者たちが原因を調べている。