NFTプラットフォームのボンドリー音楽サイトのバンドシンタウンと提携

NFTプラットフォームのボンドリー(Bondly)は3月8日、音楽サイトのバンドシンタウン(Bandsintown)と提携したことを発表した。この提携により、多くの音楽ファンとアーティストに魅力あるNFTの世界を紹介する予定だ。

ボンドリーの大株主はアニモカ・ブランズ

バンドシンタウンは、2017年にサービスを開始した音楽サイトであり、56万人以上の音楽アーティストと6,800万人以上の登録者を誇っている。サイト上でツアー日程の確認、チケットの入手、ライブ写真の確認などが可能だ。オマー・アポロ(Omar Apollo)やヤングブラッド(Yungblud)などのアーティストが、バンドシンタウンを通じてキャリアを向上させている。また、新進アーティストにスポットライトを当て、メインストリーム・アーティストになるための新たな機会を提供するビッグブレイク(Big Break)というプログラムも進行中。

ボンドリーは、次世代のNFTクリエイターを支援するソリューションを提供している。香港に本社を構えるブロックチェーン企業であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)が2021年9月、ボンドリーの株式の過半数を取得する契約を締結したことを発表している。アニモカ・ブランズは、ボンドリーの技術により、NFTを別のブロックチェーンに容易に移動させることができるようになった。

アーティストのキャリアの初期段階を観たという証拠

今回の提携の第一段階は、ビッグブレイクプログラムで紹介したアーティストとショーのために特注のNFTを作成する。各ライブストリームで1度だけ入手可能。

2022年のビッグブレイクのラインナップとライブストリームでは、10組の新進気鋭の音楽アーティストと10組の新進気鋭のビジュアルアーティストが共演する。10個のNFTをすべて集めると、実物のポスターに加え、シリーズ全体を紹介するポスターアートのボーナスNFTがアンロックされる予定だ。ブロックチェーン技術により、アーティストのキャリアの初期段階を観たという証拠とともに、新進気鋭のアーティストへの支援を表明することができるようになる。

参考
Bondly Brings NFTs to Music Fans with the Launch of New Partnership with Bandsintown

【こんな記事も読まれています】
ソラナ(Solana)のゲーム&NFTプロジェクト、Aurory(オーラリー)とは?
NFTで健康になって稼げる?話題のアプリSTEPN(ステップン)とは?
ワーナーミュージックグループ、ブロックチェーンカードゲームのスプリンターランドとの提携発表

おすすめの記事
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
SEC(米国証券取引委員会)はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の高金利レンディング企業BlockFiを綿密に調査しているという。BlockFiは最大で年間利回り9.5%を提供するレンディング企業であり、金利を提供するBIAが証券に当たる可能性があると考えられている。