【墨汁速報】イーサリアム開発者達 The Mergeのメインネット実装を9月15日前後に設定

イーサリアム開発者達は日本時間11日に行われたコンセンサスレイヤー会議において、マイニングを廃止してプルーフ・オブ・ステークに完全移行するThe Merge(マージ)のメインネット実装となるTTDを「58750000000000000000000」に設定した。

このTTDの設定に伴い、約1ヶ月後となる9月15日~16日前後にThe Mergeがメインネット実装される予定となる。

関連記事:イーサリアムのマージ(The Merge)でどう変わる?DeFiやNFTへの影響は?

イーサリアム”The Merge”のメインネット実装日を設定

11日にイーサリアムコアデベロッパー達によって行われた”コンセンサスレイヤー会議”にて、メインネットでThe Mergeを行うための基準となるTTD(Terminal Total Difficulty)が”58750000000000000000000”に設定された。

TTDとは”ターミナル・トータル・ディフィカルティ”の略で、そのブロックにおけるマイニングの難易度を示す数値だ。今までの固定のブロック高、例えば1000万ブロック目などの採用と異なり、TTDはイーサリアムのハッシュレートによって変動するため現在のハッシュレート推移から予測される日程は9月15日~16日前後となるが、予定が早くなったり遅くなったりする可能性もあるということになる。

当初の予定では19日前後としていたが、今回の会議において4日ほど推定されるThe Mergeのメインネット実装予定が早まったことになる。

テストネット”ゴレリ”のThe Merge成功

11日にイーサリアムメインネットのTTDが設定された理由として、事実上の主要テストネットとなっているゴレリ(Goreli)のThe Mergeが無事完了したことが大きな理由だ。

イーサリアムの発明者であるVitalik氏はイーサリアムのコミュニティカンファレンスであるethCCにて「ロプステン実装でThe Mergeは90%完了」と7月に述べており、既に開発者達は度重なるThe Mergeの仮想テストとなる”シャドーフォーク”を行ってきている。

ゴレリのThe Merge実装を見届けた開発者達は現在のマイナーの動向などを考慮し、TTDを決定したということだ。

中国人マイナーはフォークを画策中

対してイーサリアムの中国人マイナーはThe Mergeで収益が得られなくなることを懸念し、イーサリアムPoWとして現在のイーサリアムネットワークをコピーしてネットワーク分裂を画策中だ。

トロンのCEOで同じく中国人であるジャスティン・サン氏はこの分裂を前提としたIOUトークンのETHSとETHWを自身が保有する仮想通貨取引所のポロニエックス(Poloniex)に上場、多くのプロジェクトがこの分裂を指示しないと表明を発表を開始している。

イーサリアムは2015年のローンチ前からこのプルーフ・オブ・ステークへの移行を前提にしており、この7年において最大のアップデートとなるThe Mergeは中国人マイナーを中心に大きな波紋を生むことになるだろう。

関連記事:祝イーサリアム(ETH)7周年、この1年でどこまで変わったのか?

▼墨汁サロンでは投資家向けにDeFiやイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム重要アップデートEIP-1559会議開催 マイナーやASIC企業が参加
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム重要アップデートEIP-1559会議開催 マイナーやASIC企業が参加
イーサリアムの手数料モデルを変更し、ETH価格の高騰と手数料緩和が期待できるEIP-1559のコミュニティ会議が26日に行われた。今回のコミュニティ会議ではイーサリアムマイニングプールやマイニング行うハードウェア”ASIC”の開発企業のCTOなどが参加しお互いの意見を共有した。