【墨汁速報】最大手イーサリアム投資信託ETHとの価格乖離が約60%を記録

最大手イーサリアム投資信託のグレースケール・イーサリアムトラスト(テイッカー:ETHE)は仮想通貨の長期下落トレンドや姉妹会社のジェネシス・トレーディング(Genesis Trading)の破産の危機などにより記録的なマイナスプレミアムとなる約60%のETH現物価格との乖離を記録。イーサリアムトラストを運用するグレースケール(Grayscale)はイーサリアムトラストの他にもビットコインを運用するビットコイントラスト(テイッカー:GBTC)を有しており、-45%の価格乖離が問題視されていた。

関連記事:【墨汁速報】ジェネシス非任意的破産申請の危機 最大手仮想通貨ファンドGBTCへも波及か?

イーサリアムトラスト(ETHE)驚異の60%乖離

イーサリアムトラストは破産の可能性が浮上しているジェネシス・トレーディングと同じDCG(デジタル・カレンシー・グループ)を親会社に持つグレースケールの姉妹会社として知られており、約63万BTCという巨額のビットコインを運用する投資信託としても知られている。

ビットコインを運用するビットコイントラストは実際に運用しているビットコインの純資産額に対し、GBTCの価格が45%も下回るマイナスプレミアムとなっていることが問題視されているのが現状だ。一方で同社のイーサリアムを運用するイーサリアムトラストの「ETHE」は「GBTC」を上回る約マイナス60%もの価格乖離を記録している。

これはイーサリアム現物を買う場合は1ETHにつき約15.9万円かかるが、「ETHEを購入すれば6.36万円でイーサリアムに投資ができる」という計算になる。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨の価格操作で初の逮捕事例 マンゴーマーケットハッカーを逮捕

イーサリアムトラスト(ETHE)の記録的暴落

イーサリアムトラスト(ETHE)及びビットコイントラスト(GBTC)は2021年まではこのような価格下落を記録したことがなく、むしろ仮想通貨現物投資よりも投資信託を介した管理リスクフリーな需要が高く、大幅なプレミアム価格で売買されていた。

2020年8月にイーサリアムトラストがSEC(米国証券取引委員会)の報告会社としての登録を申請、同年10月にSECに登録された。グレースケールはGBTCとETHEを上場投資信託であるETFとして移行したいと考えているものの、現時点では私募ファンドかつOTC取引でしか売買されていないため、この登録で1年間の売却ロック期間を半年に短縮することに成功している。

一方でSECはビットコイントラストのETF化を度々否決しており、長期下落トレンドと相まって適格投資家はさらなる下落となると考えて売却しているということになる。

仮想通貨現物価格と逆行

イーサリアムトラストの大幅な下落が始まったのはFTXの破産と連鎖倒産となったブロックファイ(BlockFi)破産が起きた2022年11月となっている。それまではマイナス30%前後を推移していたものの11月の下落から徐々に売られており、わずか2ヶ月足らずでマイナス60%を記録したのだ。一方でGBTCはマイナス35%前後から45%へと下落していることから、ETHEがより売られているということを示している。

さらに興味深いのは現物価格と真逆の現象だろう。イーサリアムは超大型アップデートであるマージ(The Merge)を終え、EIP-1559によって発行数が日々減少していることからETH現物市場も強気でありこの2ヶ月間のパフォーマンスはETHが-5.49%、BTCが-12.47%とビットコインより下落幅は少ない。対してETHEを保有していた大口投資家達は大幅なマイナスとなるにも関わらず、ETHEのパフォーマンスがGBTCを超えるほどに売却しているということになる。大口投資家達はETH市場とは異なり、今後の仮想通貨市場を楽観視していないようだ。

 

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Mergeを延期しない方向で合意 EIP-4488の導入を開発者が議論
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Mergeを延期しない方向で合意 EIP-4488の導入を開発者が議論
イーサリアムは12月10日夜にコアデベロッパー会議を開催し、現在の非常に高いガス代(手数料)の対処となるEIP-4488について話し合った。このコアデベロッパー会議ではRollupを採用したArbitrumやOptimismを中心としたL2でのスケーリングでイーサリアムの手数料を下げることを優先するのか、マイニングを終了してイーサリアム2.0のPoSへ完全移行するThe Mergeとどちらを優先するかについて議論を行った。
【墨汁速報】破産の仮想通貨ヘッジファンド3ACの資産凍結 スリーアローズの創業者は雲隠れ
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産の仮想通貨ヘッジファンド3ACの資産凍結 スリーアローズの創業者は雲隠れ
米ニューヨーク破産裁判所の連邦裁判官は、7月4日に米国で破産申請をした仮想通貨ヘッジファンドの”スリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital)”通称3ACが所有する残りの資産を凍結。現地時間火曜に行われた法廷審問で緊急動議として許可をしたという。