FTXがZROトークンに関してレイヤーゼロに資金返還を求める訴訟を起こす

破産してチャプターイレブンにおける再建処理中の仮想通貨取引所FTXは、同社の子会社であるアラメダ(Alameda)が過去に行ったレイヤーゼロとのZROトークンとスターゲート(Stargate)のSTGトークンに関する契約の出資を取り戻す「クローバック訴訟」を起こした。

関連記事:FTXがZROトークンに関して"レイヤーゼロ"に資金返還を求める訴訟を起こす

FTXがレイヤーゼロを訴訟

FTXは10日、DeFiやNFTにイーサリアムやL2、アプトス(Aptos)などのMOVEチェーンなどへのブリッジ機能を提供する最大手のレイヤーゼロ(LayerZero)を開発するレイヤーゼロ・ラボ(LayerZero Labs Ltd. )に対して出資及びトークン購入契約に関する支払いの払い戻しを求める訴訟を提起した。

FTXによると同社の子会社であり、仮想通貨スタートアップへの投資を行っていたアラメダベンチャーズ(Alameda Ventures)は2022年1月14日と2022年5月27日に7000万ドル(約103億円)を2回に分けてレイヤーゼロ・ラボに支払い、約4.92%の同社株式を取得したという。この株式取得に伴いレイヤーゼロのガバナンストークンとして発行が予定されているZROトークンの割当と、レイヤーゼロ・ラボが開発するブリッジプラットフォーム「スターゲート(Stargate)」のSTGトークンの割当を受けたとされている。

2022年3月17日、アラメダベンチャーは2500万ドル(約37億円)を支払い、1億STGを公開オークションで取得、2023年3月17日から約半年にかけてこのSTGトークンは段階的に送金されていく予定だとしている。

レイヤーゼロとアラメダの破産前交渉

FTXによるとレイヤーゼロは2022年11月にリークされたアラメダリサーチ(Alameda Research)の危機的財務状況を知った上で、当時のCEOであるキャロライン・エリソン(Caroline Ellison)氏と即座に株式取得に関する交渉を行ったという。

2022年2月4日、レイヤーゼロはアラメダリサーチに対して4500万ドルを年利8%で貸付していたという。11月7日、アラメダリサーチの資金難をレイヤーゼロは利用し、即座に4500万ドルの返済を求めたが既に流動性危機に陥っていたことでこのローンを免除する代わりに7000万ドルを支払って得た4.92%の株式を返還する取引を締結したという。

また2500万ドルで購入した1億STGトークンを60%オフとなる1000万ドルで買い戻すという交渉を締結するも、STGトークンの返金及びレイヤーゼロの1000万ドルの支払いは行われなかったとしている。これらの取引についてFTXは詐欺的かつ避けることができたという主張だ。FTXのチャプターイレブンに対する債権によると1億STGを1000万ドルで買い戻すという債権、4500万ドルに対する金利の未払い債権、FTX.comに凍結されている1200万ドルの仮想通貨残高が提出されているという。

約50億円の仮想通貨をレイヤーゼロが引出し

またこれらの取引とは別にレイヤーゼロ・ラボはクローバック対象となる90日間に

152,500.05 APT
406.47 AVAX
71.81 BNB
650.00 BUSD
1,844.82 ETH
7,205.00 FTM
9,390.51 MATIC
13,375,477.44 USDC
4,096,492.50 USDT

をFTX.comから引出したという。

これらの引出しは2023年8月31日の価格で2137万ドル(約31.57億円)に相当するとしており、FTXの主張としてはアラメダリサーチに不利となる交渉を進めていた裏でレイヤーゼロの利益となる2137万ドルの引出しがFTX.comの流動性危機を加速させたとしている。また米国法人となるFTX USからも504.01BTCを引出ししており、8月31日のレートでは1307万ドル(約18.9億円)で合計50億円が破産財産に帰属するという主張だ。

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジWormhole損失補填にHOLEトークンを機関投資家に売却か
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジWormhole損失補填にHOLEトークンを機関投資家に売却か
2月にハッキングを受けて12万ETH(約450億円)以上の被害を受けたイーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジプロジェクトである「ワームホール(Wormhole)」は、その損失の補填として約245億円を調達するためHOLEトークンを機関投資家向けにプライベートセールを行うというリークがあった