Solana版:メタマスクのように使えるファントムウォレット(Phantom Wallet)の使い方ガイド

編集部おすすめ

Solana版:MetaMaskのように使えるPhantom Wallet(ファントムウォレット)

イーサリアムのDeFi(分散型金融)をご利用の方であればメタマスクを使ってDeFiにアクセスをしている方がほとんどだと思います。ではソラナ(Solana)のDeFiで同じようなことをする際には、どのウォレットを使うのが一番良いのでしょうか。

これまでだとSolletなどがありましたが、若干挙動がスムーズではなく使いにくい部分がありました。このユーザー体験を大幅に改善してくれるのがファントムウォレットです。

ファントムウォレット(Phantom Wallet)とは?

ファントムウォレット は新しく登場したブラウザ拡張ウォレットです。厳密には2021年5月現在はベータ版ですが、すでにかなり広く使われ始めています。対応しているブロックチェーンはソラナで、SOLとSPLトークン(イーサリアムでいうのERC20トークンのようなもの)、そしてNFTにも対応予定です。

これまでNFTの画像データなどを主要なブラウザ拡張ウォレットで簡単に閲覧することができなかったので、DeFiとNFT共に利用が盛り上がっている今のタイミングでよりよいユーザー体験が期待できます。

セットアップの方法は簡単で、Google Chromeの拡張機能を使って使う事ができます。また、現在は分散型取引所や分散型金融などで使われており、インテグレーションされているプロジェクトは下記の通りです。

  • Orca
  • Raydium
  • Step
  • Mango
  • Bonfida
  • Serum DEX
  • Serum Swap (oyster-swap)
  • sol-wallet-adapter

【関連記事】
ソラナ(Solana)上の注目DEX、オルカ(Orca)の使い方を解説
分散型金融(DeFi)で注目が集まるRaydiumとは?
成長するSerum(セラム)エコシステムとSerum Swap
Serumで優れたインターフェースを提供するBonfidaとは

ハードウェアウォレットではLedgerとの連携ができるようになっていて、特にアプリケーション側で特別な設定をする必要なく使えます。

開発チームに関する情報はあまりありませんが、GitHubではPhantom-Labという会社によって開発されており、開発者は2名、サンフランシスコを拠点に活動しているようで、過去の0xに関わっていた形跡があります。

ファントムウォレット(Phantom Wallet)の使い方

それではファントムレッドの使い方を見てみましょう。

①まずは、https://phantom.app/にアクセスしてください。
②次に画面右上のクロームに追加をクリックします

#

③ChromeウェブストアからChromeに追加

#

セットアップの方法は下記の通りです。招待コードを求められたら「COINCHOICE」と入力してください。
#

他のウォレットでも同じですが、きちんとリカバリーフレーズは紙にメモして安全な所に保管しておきましょう。
#
#

これでウォレットのセットアップは完了です。
使うときはブラウザの拡張機能ボタンからアクセスしましょう。
#

その他今後のアップデートや詳しい情報は Twitter や Discord から確認してみてください。

■Phantom公式Twitter:https://twitter.com/phantom
■Phantom公式Discord:https://discord.com/invite/D2XwQGgJV8

【こんな記事も読まれています】
ソラナ(Solana)とは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン
ソラナ財団(Solana Foundation)のビジョンと主な取り組み
ソラナ(Solana)DeFiエコシステムの今とこれから


前のニュースSolanaエコシステムで次に注目されるプロジェクトは?5月28日にハッカソンデモ開催
次のニュースNFT人気は止まらない?下落した仮想通貨価格に反して取引件数増加中
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。