ソラナ(Solana)のエコシステムアップデート

編集部おすすめ

ソラナ(Solana)のエコシステムアップデート

暗号資産市場からはお祭りムードが抜け、少し落ち着いてきたムードになりつつありますが、ブロックチェーン上には日々どんどん新しいサービスが生まれています。

今回は、5月下旬時点でのソラナのエコシステムについて振り返ります。ウェブサイトによれば現在ソラナ(Solana)上のDeFi(分散型金融)は35、アプリケーションは26個、DEX(分散型取引所)7つなどを含め全部で157のアプリケーションがリストされています。後半で述べるハッカソン等も含めエコシステム構築が進んでいるのが分かります。

ソラナ上のアプリケーション例

ソル(SOL)のコインベース上場

アメリカ大手取引所コインベースProにソル(SOL)の上場が発表されました。コインベースProへの入金はアメリカ時間の5月20日に開始しています。(トレード開始はCoinbaseの技術的な問題で少し遅れが出ているようです)また、提供できる取引ペアは、SOL/USD、SOL/BTC、SOL/EUR、SOL/GBP、SOL/USDTです。SOLはすでにバイナンス(Binance)やFTX、Huobi Global、OKExなどに上場しており、今回ここにコインベースが加わる形になっています。

大手ニュースチャンネルでソラナ(Solana)について言及

先日アメリカのテレビ局CNBCのチャンネルで、資産運用会社である、ヴァン・エック(Van Eck)の最高経営責任者(CEO)であるジャン・ヴァンエック(Jan Van Eck)氏によって一瞬ですがソラナ(Solana)に言及されるシーンがありました。

価格の暴落のタイミングでのインタビューで、マーケットが少し勢いを弱めるタイミングも必要だと述べています。また、クリプトの技術に関しても、革命的だとの考えも示していました。

またキャスターからゴールドマンサックスのレポートによるとイーサリアムはビットコインよりも大きくなると言われていますがどう思いますか?との質問に対しては、「イーサリアムが一番使われるか、一番早く動くかなど考える必要があります。卵を一つの籠に盛るなという格言にしたがって複数の籠に卵を盛る投資の仕方をするべきでしょう、イーサリアムにはSolanaのような競合もいますし、これからどうなるか分からない、まだ赤ちゃんのような状態です」と述べています。

ソラナ(Solana)ハッカソン

Solana Season

現在ソラナ(Solana)シーズンというグローバルハッカソンが開催されています。NFTや分散型金融などのクリプトエコシステムにおける主要なカテゴリで新しく登場するプロジェクトを支援し、また将来性があるものについてはシードファンディングを行い開発をサポートしています。近日中にDEMOや結果発表が行われるので、ここからソラナ上のどんなプロジェクトが出てくるのかにも注目が集まります。

国内コミュニティの状況

ソラナ(Solana)は日本コミュニティも活動しており、不定期でミートアップなども開催されています。前回はRaydiumからゲストを呼んでトークが行われました。残念ながらアーカイブは残っていませんが、リアルタイムで参加すればコミュニティの声を聞くことができます。最新の情報についてはSolana Japanのツイッターから取得できます。

Twitter:Solana Japan

【こんな記事も読まれています】
ソラナ(Solana)とは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン
Solana:ソラナシーズン!5月15日から6月7日にかけてハッカソンを開催
最新版:ソラナ(Solana)の初心者ユーザーガイド~ウォレットや取引所など


前のニュースNFT人気は止まらない?下落した仮想通貨価格に反して取引件数増加中
次のニュース今さら聞けないメタマスク(MetaMask)の使い方
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。