マジックエデンのベンチャー部門、11のWeb3ゲームスタジオに投資

NFTマーケットプレイスのマジックエデン(Magic Eden)は2月23日、同社のベンチャー部門であるマジックエデンベンチャーズ(Magic Eden Ventures)が、11のWeb3ゲームスタジオに投資したことを発表した。

多岐にわたるゲームスタジオに投資

マジックエデンベンチャーズは、2022年7月に立ち上げられた部門だ。同社のゲーム専門チームは、web3ゲームにおいて長期的なビジョンを持つ革新的なゲームスタジオと密接な協力関係を構築してきた。

今回投資対象となった11のスタジオは、Web3ネイティブの開発者から伝統的なゲームスタジオまで多岐にわたります。マジックエデンはゲームスタジオとパートナーシップを結ぶことで、ゲームのNFTプロジェクトの立ち上げやユーザー獲得、そしてゲーム内マーケットプレイスによるゲームインフラのサポートを行うとしている。

マジックエデンのクリエイター向けプロダクトとサービスは、ゲームのマネタイズとエンゲージメントをWeb3エコシステム全体で実現する。

ブロックチェーンゲームはまだ始まったばかり

マジックエデンのクリス・アカバン(Chris Akhavan,)最高ゲーム責任者は、「ブロックチェーンゲームがどのようなものになるかは、まだ始まったばかりだ。Web3対応ゲームを開発している経験豊富なゲームスタジオは、デジタルアセット所有権や強力な経済力を持つ楽しいゲームを開拓している。これにより、コミュニティやクリエイターが愛するゲームとのつながりを深めることを可能にしている。これは強力な組み合わせだ」と語っている。

また同氏は、「我々は、新興のゲームスタジオを継続的に支援し、長期的な成功を達成する手助けをすることを楽しみにしている」とコメントした。

参考
Magic Eden Ventures Invests in 11 Web3 Game Studios

【こんな記事も読まれています】
「業界にとってポジティブな兆候」ゲーム関連トークンに関するレポート公開
ミノゲームズ約20億円の資金調達に成功、新作ゲームの開発加速
「2022年のDAppsの原動力はブロックチェーンゲームとNFT」ダップレーダーがレポート公開

おすすめの記事
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
インタビュー
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
グループ会社に仮想通貨交換業を営むGMOコインを持つ、GMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏に2019年の仮想通貨業界とこれからの動き、そしてGMOインターネットグループで発行予定のステーブルコイン「GYEN」について聞きました。
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
仮想通貨ニュース
ビットコイン(BTC)先物基準価格が1年ぶりの底値に!市場価格には今後プラスの影響か?
現在は市場価格にあまり変化がなく、停滞気味に見えるビットコイン(BTC)ですが、その裏で先物市場における基準価格は一年ぶりの底値を迎えようとしています。前例もいくつかあり、その際は共に回復傾向に変わるとプラスの影響がありましたが、今回はどのような結果となるのでしょうか。