マジックエデンのベンチャー部門、11のWeb3ゲームスタジオに投資

NFTマーケットプレイスのマジックエデン(Magic Eden)は2月23日、同社のベンチャー部門であるマジックエデンベンチャーズ(Magic Eden Ventures)が、11のWeb3ゲームスタジオに投資したことを発表した。

多岐にわたるゲームスタジオに投資

マジックエデンベンチャーズは、2022年7月に立ち上げられた部門だ。同社のゲーム専門チームは、web3ゲームにおいて長期的なビジョンを持つ革新的なゲームスタジオと密接な協力関係を構築してきた。

今回投資対象となった11のスタジオは、Web3ネイティブの開発者から伝統的なゲームスタジオまで多岐にわたります。マジックエデンはゲームスタジオとパートナーシップを結ぶことで、ゲームのNFTプロジェクトの立ち上げやユーザー獲得、そしてゲーム内マーケットプレイスによるゲームインフラのサポートを行うとしている。

マジックエデンのクリエイター向けプロダクトとサービスは、ゲームのマネタイズとエンゲージメントをWeb3エコシステム全体で実現する。

ブロックチェーンゲームはまだ始まったばかり

マジックエデンのクリス・アカバン(Chris Akhavan,)最高ゲーム責任者は、「ブロックチェーンゲームがどのようなものになるかは、まだ始まったばかりだ。Web3対応ゲームを開発している経験豊富なゲームスタジオは、デジタルアセット所有権や強力な経済力を持つ楽しいゲームを開拓している。これにより、コミュニティやクリエイターが愛するゲームとのつながりを深めることを可能にしている。これは強力な組み合わせだ」と語っている。

また同氏は、「我々は、新興のゲームスタジオを継続的に支援し、長期的な成功を達成する手助けをすることを楽しみにしている」とコメントした。

参考
Magic Eden Ventures Invests in 11 Web3 Game Studios

【こんな記事も読まれています】
「業界にとってポジティブな兆候」ゲーム関連トークンに関するレポート公開
ミノゲームズ約20億円の資金調達に成功、新作ゲームの開発加速
「2022年のDAppsの原動力はブロックチェーンゲームとNFT」ダップレーダーがレポート公開

おすすめの記事
ビットコイン(BTC)FXや先物・オプション取引の仕組みを徹底解説!取引所は国内と海外どっちがベスト?
初心者
ビットコイン(BTC)FXや先物・オプション取引の仕組みを徹底解説!取引所は国内と海外どっちがベスト?
仮想通貨やビットコイン(BTC)は現物取引だけでなく、「FX」や「先物・オプション取引」といった、さまざまな方法で取引されています。日本国内でも一部サービスは利用できますが、海外取引所しか使えないサービスや異なった仕組みが存在します。では、どちらの取引所を使うのが良いのか、仕組みを解説したうえで紹介していきます。