【墨汁速報】米NY規制当局 バイナンスのステーブルコインを発行するパクソスを調査=リーク

世界最大手仮想通貨取引所のバイナンスが提供するステーブルコイン「BUSD」と「USDP(Paxos USD)」を発行するパクソス(Paxos)はニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)により調査を受けているという。

米国証券取引委員会(SEC)は米仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)のステーキングサービスを証券として起訴しており、当局による規制強化の波を仮想通貨業界は迎えている。

関連記事:【墨汁速報】米クラーケンが仮想通貨ステーキングサービス終了と罰金支払いでSECと和解

パクソスへ規制当局が調査

パクソス(Paxos)は、USDCと並ぶイーサリアム上のステーブルコイン発行スタートアップの1つで、ゴールドを裏付けとするパクソスゴールドや仮想通貨のドルであるUSDPを発行している。また仮想通貨取引所最大手のバイナンスが取引ペアとして提供する「BUSD」を発行していることでも知られている。

リークによるとパクソスは規制当局のニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)により調査を受けているという。また2020年よりアンカレッジやクラーケンが仮想通貨銀行として許可されていたものの、フォーチュンによるとFTX事件により米政府は仮想通貨企業に対して銀行としてのアクセスを打ち切ろうとしているという。

関連記事:【墨汁速報】米SECが仮想通貨レンディング「ネクソ(Nexo)」を起訴 米規制当局へ罰金支払いへ

パクソスの仮想通貨銀行設立を引き下げか?

既に認可されたアンカレッジやクラーケンと異なり、2021年4月にパクソスは米通貨監督庁(OCC)により条件付きの承認を受け、このプロセスを18ヶ月の期限を超えて引き伸ばしされており仮想通貨銀行としての設立を認可されていない状態となっている。

OCCはパクソスに仮想通貨銀行としての設立を取り下げるように尋ねるという噂があるものの、パクソスはこの噂を否定している。正式な認可がされていない状態でのニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)による取り調べとなっており、パクソスは仮想通貨ライセンスとなるビットライセンス(BitLicenses)をNYDFSより発行されているものの非常に旗色が悪いと言えるだろう。

FTXの破綻は2022年、一夜にして無価値となったテラが発行するアルゴリズミックステーブルコインのUSTとLUNA崩落が大きな原因であり、これに伴いパクソスはステーブルコインガイドラインを公開している。FTX破綻は仮想通貨市場が考えるよりもより深刻な規制強化を2023年にもたらすことになるだろう。

関連記事:2023年の仮想通貨の見通し、ビットコイン(BTC)は高騰する?

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム(ETH)で一時ネットワーク障害 開発者が現在原因を調査中
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム(ETH)で一時ネットワーク障害 開発者が現在原因を調査中
イーサリアム(ETH)ネットワークで一時トランザクションをファイナライズ(確定)できないネットワーク障害が約30分間発生した。日本時間6:50AM現在はファイナライズできており、このビーコンチェーン(Beacon Chain)での問題について開発者たちが原因を調べている。