4月にオープンシー(OpenSea)がソラナ(Solana)対応を発表か

NFTマーケットプレイス大手のオープンシー(OpenSea)が3月30日、4月にソラナ(Solana)に対応する予告のような動画をツイッターに投稿しました。

ソラナ(Solana)にとってエコシステム拡大の大きな1歩

OpenseaはNFTマーケットプレイスの中でも最も人気があるサービスで、イーサリアムとポリゴンのNFTが取引されています。SolanaとってOpenseaに加わることはエコシステムを拡大するための大きな一歩になると考えられます。

このOpenSeaからの発表に先立って日本時間3月25日の朝、OpenSeaの価格表示欄にSOLが追加されており、Solana Japanのツイッターからも告知されていました。

ソラナ(Solana)独自のNFTマーケットプレイスの今後は?

Solanaはこれまで独自のエコシステムを形成しており、NFTのマーケットプレイスもマジックエデン(Magic Eden)やソラナ―ト(Solanart)、Solsea(ソルシー)などが存在しています。OpenSeaでも取り扱いが始まると既存のSolanaNFTマーケットプレイスにとっては、Solana NFTが広まる点でいい影響であるとも考えられますが、差別化を図らなければ生き残りは厳しくなることが予想されます。

そしてSolanaで人気のNFTには、Degen Ape Academy(デジェン・エイプ・アカデミー)やSolana Monley Business(ソラナ・モンキー・ビジネス)、ゲームのAurory(オーラリー)やスターアトラス(Star Atlas)などがあり、クオリティの高い作品も多いです。これらのNFTがより多くのユーザーに知ってもらえると、SolanaコミュニティやNFTを発行しているゲームによっては良い影響があるでしょう。

【こんな記事も読まれています】
アドビのBehancがソラナ(Solana)のウォレットに対応
ソラナ(Solana)の決済向けツール、ソラナペイ(Solana Pay)とは?
ソラナ(Solana)のスマホウォレット3選とSOLのステーキングの方法

おすすめの記事
【墨汁速報】被害額約360億円12万ETH以上 イーサリアムとSolanaのブリッジ”Wormhole”がハッキング被害
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】被害額約360億円12万ETH以上 イーサリアムとSolanaのブリッジ”Wormhole”がハッキング被害
イーサリアムとSolana(SOL)とのブリッジを提供するプロジェクト「Wormhole」はハッカーによって約360億円分のETHが流出した。対象のハッカーの保有するアドレスは93,750ETHを保有しており、Wormhole公式の発表によると合計で12万ETHが被害対象になっているという。