【墨汁速報】NFT市場最大手OpenSea 新たにソラナ(SOL)のNFTを4月から対応へ

イーサリアムNFTマーケットプレイスの最大手「OpenSea」は、Polygon(MATIC)に続きソラナ(SOL)でのNFTをサポートすると公式ツイッターで発表した。

関連記事:【墨汁速報】BAYCのNFTエアドロップAPEがフラッシュローン攻撃で奪取される

OpenSea ソラナ(SOL)のNFTをサポート

OpenSeaはイーサリアムのNFTマーケットプレイスであり、2022年3月末現在は

・イーサリアム
・Polygon(MATIC)
・Klatyn(KLAY)

に対応している。

OpenSeaによると、4月からSolana(SOL)をNFTマーケットプレイスとしてのサポートに追加するとしており、SOLを手数料として使用してOpenSeaを使用することができるようになる。

NFTのインフラ拡張

イーサリアムのNFTを売買したりするコントラクトを実行する「EVM」を導入するケースが2020年から続いており、PolygonとKlatynはこのEVMを導入した「EVM経済圏」だ。

EVMを導入する利点として、「イーサリアムのプロジェクトを変更や開発などをせずにそのまま展開できる」という利点があり、DeFiのCurve FinanceやUniswapなど多くのメジャープロジェクトがマルチチェーンに展開を行っている。今回のOpenSeaのSolanaサポートはこれらのEVM経済圏ではない独自対応が必要であり、NFTインフラの大きな拡大となると言えるだろう。

関連記事:【墨汁速報】米Bitwise6800億円規模の「優良NFT」へ投資する「NFTインデックスファンド」をローンチ

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
GMOコインの口座開設方法・新規登録、キャンペーン・アプリの使い方・手数料を解説
仮想通貨取引所
GMOコインの口座開設方法・新規登録、キャンペーン・アプリの使い方・手数料を解説
暗号資産(仮想通貨)取引所の「GMOコイン」の口座開設方法を紹介します。実際の管理画面の画像を使って1から丁寧に解説していきます。最新のキャンペーンからアプリの使い方や特徴も調べあげているのでGMOコインで口座開設をしようと考えているなら、このページを読めば全て分かります!