【墨汁速報】イーサリアム(ETH)暴落で2018年仮想通貨バブルの最高値をドル建てで下回る

イーサリアムはドル建てで最高値の4800ドルから4分の1となる1200ドルを記録し、2017~2018年にイーサリアムのICOバブルなどから起きた「仮想通貨バブル」の最高値を200ドルも下回る下落を記録。

ビットコインはまだ20000ドル代を維持していることから、仮想通貨バブルの価格を割っていないものの、仮想通貨(暗号資産)全体から資金が抜けているため時間の問題とみられる。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨暴落の引き金懸念「セルシウス(CEL)」が引出しの一時停止を発表

イーサリアム価格が2018年バブルを下回る

イーサリアムは2017年から2018年にかけてICOバブルによる圧倒的なETH需要により1419ドルを記録。これはわずか1年で140倍以上に高騰したことになり、この反動で2019年には80ドルまで下落した。

13日にETH価格が強い下落によりこのときの最高値の1419ドルを割ってしまい、1175ドルを記録した。2020年からイーサリアム上での分散金融「DeFi」によりETH需要は急増、さらに2020年12月に次世代ブロックチェーン技術を持つイーサリアム2.0がローンチ。さらに2021年8月に来たNFTブームによって最高値である4867ドルを同年11月に記録していた。その後2022年初旬から下げ続け、約4分の1となったことになる。

仮想通貨だけを見るのは非常に危険

イーサリアムは年始から下落を続けているが、ドル建てと円建てで見るとそのパフォーマンスは大きく異る。これは円相場は3月から急激な円安ドル高に見舞われており、13日付けで20年ぶりの135円を記録している。

これはコロナショック時の最高値が102円だったことを考慮すると、単純計算でわずか2年で円の価値が30%損なわれたことになる。実質的にわずか3ヶ月で20円の下落を記録しており、ETHの円建て(チャート)とドル建て(白チャート)で4月からのパフォーマンスを比較するとドル建ては-52.24%、円建ては-44.41%と約8%もの差が出ていることが分かるだろう。

このことから体感ではイーサリアム価格はドル建てより下落が緩やかな印象となり、円建てでは2018年の最高値である154,000円を割っていない。仮想通貨は今や資産クラスの一つであり、金融市場の影響をより顕著に受けていることを理解しておく必要があるだろう。

仮想通貨市場全体で1兆ドルを割る

またこの下落に伴い2021年にはビットコインを含む仮想通貨全体の市場は、約3兆ドルを記録した2021年の3分の1となる1兆ドルを下回った。これは2021年2月、つまり2年4ヶ月ぶりの低水準となり、常に新しい仮想通貨が生まれている市場において資金の抜けが圧倒的に早いということを示す。

また6月は四半期先物のクローズや、米国FRBによるFOMCなどが控えており、さらに夏の暑さによる相場のダレが顕著となる夏枯れの可能性もあることから、2022年は仮想通貨における正念場となるだろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート
仮想通貨時価総額TOP100

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】NFT最大手オープンシーでインサイダー取引 初事例として元社員が起訴される
【墨汁速報】ETH影響は?イーサリアムのPoS移行に一歩前進”ロプステンでマージ完了”
マイニング業界に逆風か!?ホワイトハウスがエネルギーに関する政策提言を起草

▼墨汁サロンでは投資家向けにイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
SEC(米国証券取引委員会)はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の高金利レンディング企業BlockFiを綿密に調査しているという。BlockFiは最大で年間利回り9.5%を提供するレンディング企業であり、金利を提供するBIAが証券に当たる可能性があると考えられている。
【墨汁速報】FTX前CEO「投資家搾取」でSECから別件起訴 仮想通貨顧客資産の使い込みの疑い
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】FTX前CEO「投資家搾取」でSECから別件起訴 仮想通貨顧客資産の使い込みの疑い
米国証券取引委員会(SEC)は破綻した仮想通貨最大手FTXグループの前CEO、サム・バンクマン・フリード容疑者を別件起訴。米国証券取引委員会によるとフリード氏の投資会社で、破綻の原因となったアラメダリサーチへの顧客資産送金やFTX株主を騙すなどした長期間の詐欺容疑としている。