【墨汁速報】BAYCのNFTエアドロップAPEがフラッシュローン攻撃で奪取される

高額NFTのBAYC(Bored Ape Yacht Club)の発行者のYuga Labsは18日、BAYCとMAYCのNFT保有者にガバナンストークンのAPEコインをエアドロップ(付与)した。このエアドロップの仕組みの穴をついたユーザーがフラッシュローンで本来の対象者ではないのに約1.3億円相当のAPEコインを獲得。

関連記事:【墨汁速報】米Bitwise6800億円規模の「優良NFT」へ投資する「NFTインデックスファンド」をローンチ

BAYCとMAYCへAPEコインを付与

APEコインは仮想通貨取引所のFTXやコインベース(Coinbase)、バイナンス(Binance)に上場後に最大で18ドル(約2,100円)まで高騰しており、BAYC保有者に10094APEを付与したため、最大で約2100万円相当を記録したことになる。

出典:Trading View

APEのClaim(獲得)方法の問題

APEコインのエアドロップは特殊で、通常の方法では特定のブロック高で保有しいてるユーザー(アドレス)の情報を保存し、エアドロップされるコインを他人が奪い取ることはできない。だがAPEコインはBAYCを保有している場合に現在もClaim(獲得)することができることから、BAYCを買うまたは借りることでAPEコインを獲得することができるという問題が露見した。

BAYCのフラッシュローンによるAPE奪取

BAYCをトークン化することができるNFTXというプロジェクトは、Bored Apeの500ETH(約1.72億円)相当の#7594、#8214、#9915、#8167、#4755をトークン化したVault(NFTのイーサリアム上の保管場所)を提供していた。

このNFTXではBAYCを借入することができ、フラッシュローンを使用したユーザーはこれらのNFTを借入てエアドロップされていた60564APEコインを一度のトランザクションでClaimしたという。

フラッシュローンとは借入と返却を同じトランザクションで行うことで、手数料や担保を必要とせずにETHやUSDC、ここでいうトークン化されたNFTも元手を必要とせずに60564APEコインを奪取したということになる。結果としてUniswapでこのClaimされたAPEコインは399ETH、約1.3億円で売却された

 

関連記事:【墨汁速報】Fantom(FTM)やYearn(YFI)の創設者Andre氏 DeFiや仮想通貨の開発から離れることを発表

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Someone borrowed 5 Bored Apes to claim $1.1 million of APE tokens

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
イーサリアムがマイニングを廃止してプルーフ・オブ・ステークへ完全移行する一大大型アップデート「The Merge(マージ)」に向けて、中国人マイナー達は自身の利益を守るためにイーサリアムをフォーク(分裂)させるための「イーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアであるGethを公開した