【墨汁速報】BAYCのNFTエアドロップAPEがフラッシュローン攻撃で奪取される

高額NFTのBAYC(Bored Ape Yacht Club)の発行者のYuga Labsは18日、BAYCとMAYCのNFT保有者にガバナンストークンのAPEコインをエアドロップ(付与)した。このエアドロップの仕組みの穴をついたユーザーがフラッシュローンで本来の対象者ではないのに約1.3億円相当のAPEコインを獲得。

関連記事:【墨汁速報】米Bitwise6800億円規模の「優良NFT」へ投資する「NFTインデックスファンド」をローンチ

BAYCとMAYCへAPEコインを付与

APEコインは仮想通貨取引所のFTXやコインベース(Coinbase)、バイナンス(Binance)に上場後に最大で18ドル(約2,100円)まで高騰しており、BAYC保有者に10094APEを付与したため、最大で約2100万円相当を記録したことになる。

出典:Trading View

APEのClaim(獲得)方法の問題

APEコインのエアドロップは特殊で、通常の方法では特定のブロック高で保有しいてるユーザー(アドレス)の情報を保存し、エアドロップされるコインを他人が奪い取ることはできない。だがAPEコインはBAYCを保有している場合に現在もClaim(獲得)することができることから、BAYCを買うまたは借りることでAPEコインを獲得することができるという問題が露見した。

BAYCのフラッシュローンによるAPE奪取

BAYCをトークン化することができるNFTXというプロジェクトは、Bored Apeの500ETH(約1.72億円)相当の#7594、#8214、#9915、#8167、#4755をトークン化したVault(NFTのイーサリアム上の保管場所)を提供していた。

このNFTXではBAYCを借入することができ、フラッシュローンを使用したユーザーはこれらのNFTを借入てエアドロップされていた60564APEコインを一度のトランザクションでClaimしたという。

フラッシュローンとは借入と返却を同じトランザクションで行うことで、手数料や担保を必要とせずにETHやUSDC、ここでいうトークン化されたNFTも元手を必要とせずに60564APEコインを奪取したということになる。結果としてUniswapでこのClaimされたAPEコインは399ETH、約1.3億円で売却された

 

関連記事:【墨汁速報】Fantom(FTM)やYearn(YFI)の創設者Andre氏 DeFiや仮想通貨の開発から離れることを発表

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Someone borrowed 5 Bored Apes to claim $1.1 million of APE tokens

おすすめの記事
【墨汁速報】米コインベース 過去にビットコインなどの仮装売買を行ったとしCFTCが罰金支払い命令
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米コインベース 過去にビットコインなどの仮装売買を行ったとしCFTCが罰金支払い命令
米商品先物取引委員会(CFTC)によると、米最大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)は2015年~2018年にかけてビットコイン(BTC)などの出来高を多く見せたりする仮装売買などの虚偽の情報や誤解させる情報をユーザーに与えたとし、CFTCに約7億円の罰金を支払う。
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
インタビュー
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
グループ会社に仮想通貨交換業を営むGMOコインを持つ、GMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏に2019年の仮想通貨業界とこれからの動き、そしてGMOインターネットグループで発行予定のステーブルコイン「GYEN」について聞きました。