カルダノベースのメタバース(仮想空間)プロジェクトのパビア(Paiva)正式ローンチ

カルダノ(Cardano)のブロックチェーンベースのメタバース(仮想空間)プロジェクトのパビア(Pavia)が1月15日、正式にローンチしたことを発表した。

10万区画のうち約60%が販売済み

パビアは、イーサリアムベースのディセントラランド(Decentraland)と似たようなメタバース。ディセントラランドは、イーサリアムのブロックチェーン上で作成された仮想空間であり、土地や建物、アバターなどの売買が可能となっている。

パビアには約10万区画の土地があり、それぞれが座標に基づいて番号付けられたNFTとしてミントされる。2021年10月から11月にかけて既に2回の区画販売が行われており、1回目には2万9,000区画が完売、2回目で3万1,000区画が完売した。これにより、全体の約60%の土地の販売が完了したことになる。

公式サイトによると、土地所有者は8,300人以上になるという。残り約40%の区画は、2022年第1四半期に販売する予定だ。しかし規制の不透明さから、米国と英国からは土地購入ができない。

ゲーム内通貨$PAVIAも発行

ローンチ段階の機能としては、自分のアバターをデザインすることができ、このアバターはパビアプロジェクト外でも互換性のある700以上のアプリやゲームで利用可能だ。

パビアは、ゲーム内通貨$PAVIAを発行している。パビアの土地を所有している人には、2021年12月のブロックチェーンスナップショット後、25%がエアドロップされた。なお$PAVIAは、パビアから直接購入することはできない。

パビアの公式サイトによると、遅くとも2022年第1四半期にはカルダノの分散型取引所(DEX)に$PAVIAの流動性が追加される予定となっている。

参考
The Metaverse arrives on the Cardano blockchain

【こんな記事も読まれています】
2022年NFTの3大予測、ブロックチェーンゲームの進化や投資分野の拡大など
「ロニン(Ronin)がイーサリアムの560%以上トランザクション処理」ブロックチェーン分析企業が発表
「2025年メタバース収益は46兆円にまで成長」グレイスケールがレポート公開

おすすめの記事
PUBGのクラフトンがソラナとブロックチェーンゲームに関する長期的な協力契約を締結
ブロックチェーンゲーム
PUBGのクラフトンがソラナとブロックチェーンゲームに関する長期的な協力契約を締結
世界的な人気を誇るバトルゲーム「PUBG」を開発したKRAFTONが、「ソラナラボ(Solana Labs)」と事業契約の締結を発表しました。ブロックチェーンベースのゲームおよびサービスの設計とマーケティングをサポートするとされています。発表の内容を紹介します。
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
仮想通貨ニュース
マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の一部はカーボンクレジット購入に充当
マイニングプール大手のF2poolが8周年を迎え、その記念にNFTアートのオークションを開催することを発表しました。韓国でも著名なアーティストの作品をNFT化したものが販売され、収益の一部は地球温暖化対策としてカーボンクレジットの購入に充てられます。