ソラナのSOLトークンを取り扱う暗号資産取引所

Solana(ソラナ)のSOLトークンが7月8日、新たにMXCに上場し取引が開始されました。取引ペアはSOL/BTC、SOL/USDTです。2020年4月の大手暗号資産取引所バイナンスへの上場以降、Gate io、MCXと主要取引所への上場が続いています。今回は4月以降に上場した主要取引所のまとめを行います。※その他Bilaxy、Hotbit、CoinDCXといったマイナーな取引所でもSOLの取引は可能です。

ソラナは、2020年のローンチを予定しているスマートコントラクトが実行できる汎用ブロックチェーンです。「高速な処理ができるブロックチェーン」と表現されるプロジェクトは他にも複数存在しますが、その多くが秒間50-100トランザクションです。ソラナの場合は、秒間で5万トランザクションを実行できる点でゲームチェンジャーだと期待されます。ソラナについて基礎的な情報はこちらの「Solanaとは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン」で紹介しています。

バイナンス

取引ペア|SOL/BNB、SOL/BTC、SOL/BUSD
SOLは大手暗号資産取引所バイナンスに2020年4月に上場しています。

Binance(バイナンス):https://www.binance.com/en

Gate.io

取引ペア|SOL/USDT
6月に中国の主要暗号資産取引所Gate.ioのリスティングコンテストを経て、コミュニティ主導でのGate.io上場を果たしています。

コンテストでのユーザー投票結果は、対立候補Cartesiが12,874,108票であったのに対して、SOLは40,423,687票と3倍以上の差をつけ、ソラナのグローバルコミュニティの成長ぶりがうかがえます。今回のGate.ioへの上場により、ステーブルコインUSDTペアが実現しました。今後さらに多くのペアが利用可能になる予定です。

Gate.io:https://www.gate.io/trade/SOL_USDT

MCX

取引ペア|SOL/BTC、SOL/USDT
MCXへ上場することが発表されました。上場は7月8日12時より、引き出しは翌日7月9日12時から開始します。

また上場に伴うキャンペーンをソラナ公式(エアドロップ)とMCX(デポジットキャンペーン)のそれぞれが公表しています。

ソラナ公式のエアドロップキャンペーンは、公式チャンネルのフォローやクイズへの回答などに加え、MCXのIDを必要とします。一方のMCXではキャンペーン期間中に100SOL以上をデポジットしたユーザーを対象に実施されています。7月11日からの実施期間など詳しくはMCX公式発表でご確認ください。

おすすめの記事
【墨汁速報】顧客預りのビットコインなど372億円の損失 仮想通貨レンディング企業の巨額損失が次々に明るみに
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】顧客預りのビットコインなど372億円の損失 仮想通貨レンディング企業の巨額損失が次々に明るみに
中国系仮想通貨レンディング企業の”バベルファイナンス(Babel Finance)”は、約1ヶ月前となる6月17日にビットコインやイーサリアムの引出しを停止。その後事業の再建計画を行っている。このバベルファイナンスの再建計画書によると、同社は顧客資産を利用した取引で約372億円の巨額損失を出していたことが判明した。
【墨汁速報】勝訴で高騰ビットコイン全戻しの下落 米SECビットコイン現物ETF審議を延長へ
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】勝訴で高騰ビットコイン全戻しの下落 米SECビットコイン現物ETF審議を延長へ
米国証券取引委員会はグレースケールとのビットコイン現物ETFの否決に関する訴訟で敗訴したものの、ブラックロックやフィデリティが申請しているビットコイン現物ETFの審議の延長を発表した。ビットコイン価格はグレースケールの勝訴で8%高騰していたが、再度価格が下落しており高騰前の価格を下回っている。