【墨汁速報】運用資産71兆円超えのフィデリティ、ビットコイン現物ETFを申請準備か=リーク

ブラックロックに次ぐ世界4位の運用資産を誇るフィデリティ(Fidelity)が上場投資信託「ビットコイン現物ETF」の申請を準備しているという。同社は2018年より仮想通貨(暗号資産)事業に参入しており、ブラックロックの「ビットコイン現物ETF」の申請に続いて多くの資産運用会社やファンドがビットコイン現物ETFを申請しており、ブラックロックに次ぐ一連のムーブとなっている。

関連記事:【墨汁速報】ETF最大手ブラックロック(BLK) コインベースと提携しビットコインETF申請へ=リーク

フィデリティもビットコイン現物ETF申請へ

リークによると運用資産が71兆円を超える最大手資産運用会社のフィデリティ(Fidelity)が、ブラックロックに続いてビットコイン現物ETF(Bitcoin Spot ETF)の申請準備をしているという。
フィデリティのビットコイン現物ETFのプランに詳しいとされるリーク者によると、同社の申請は早ければ現地時間火曜日には行われると述べている。ブラックロックはリーク報道後16日にビットコイン現物ETFを申請しており、それに続いてインベスコ(Invesco)、ウィズダムツリー(WidsomTree)も申請しており、ビットコイン先物ETFを既に運用しているビットワイズ(Bitwise)、バルキリー(Valkyrie)も同様に申請を行っている。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨取引事業に"シタデル・セキュリティーズ"世界最大手マーケットメイク会社が参入

フィデリティの2度目のビットコイン現物ETF挑戦

フィデリティは世界最大手でブラックロックに続く世界4位の資産運用額を誇り、2018年には仮想通貨(暗号資産)事業に参入していたことで知られている。フィデリティはまず仮想通貨カストディを開始し、同社顧客にビットコイン市場へのアクセスを限定的に開始。その後2021年にビットコイン現物ETFとして「ワイズオリジン・ビットコイントラスト(Wise Origin Bitcoin Trust )を申請、2022年に米国証券取引委員会(SEC)によって否決されていた。

つまりフィデリティによるビットコイン現物ETF申請は2度目の挑戦であり、ブラックロックが申請したことが大きな影響となっていることが分かる。フィデリティは既に2022年2月にヨーロッパ市場で現物を運用する上場取引型金融商品ビットコインETPを同社顧客に提供しており、大本命の米国市場でビットコイン現物ETFの上場を満を持して狙うということになる。

*現在速報のため追記中。最新の更新は@bokujyuumaiよりお知らせします。

関連記事:【墨汁速報】米初「ビットコインレバレッジETF」をSECが承認 ブラックロックBTC現物ETF承認の布石?

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム手数料モデル変更EIP-1559 7月にロンドンハードフォークで実装か?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム手数料モデル変更EIP-1559 7月にロンドンハードフォークで実装か?
イーサリアムデベロッパーによると、ビットコインから採用した手数料のオークションモデルを変更する大型アップデートEIP-1559が実装される可能性が高いという。EIP-1559は手数料として支払われたETHをバーン(焼却)するため、イーサリアム価格に大きな影響を与えることになり注目されている。
【墨汁速報】仮想通貨レンダー "セルシウス(Celsius)"が破産申請の手続き中とリーク その後正式に破産申請を発表【追記】
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨レンダー "セルシウス(Celsius)"が破産申請の手続き中とリーク その後正式に破産申請を発表【追記】
仮想通貨レンディング企業のセルシウスネットワーク(Celsius Network)が破産申請をしたと発表。セルシウス(Celsius)は6月13日にビットコインやイーサリアムのレンディングを利用しているユーザーの資産引出し、売買、送金のすべての機能を停止しており、1ヶ月間資産が凍結されていた。