【墨汁速報】米初「ビットコインレバレッジETF」をSECが承認 ブラックロックBTC現物ETF承認の布石?

米国証券取引委員会(SEC)はビットコインのレバレッジETFボラティリティシェアーズ(Volatility Shares Trust)の「2xビットコインストラテジーETF(2x Bitcoin Strategy ETF=BITX)」を初めて承認した。ブラックロックのビットコイン現物ETF(Bitcoin Spot ETF)申請に続いての好調なニュースとなっており、ビットコイン価格は一時31000ドルを記録した。

関連記事:【墨汁速報】ETF最大手ブラックロック(BLK) コインベースと提携しビットコインETF申請へ=リーク

SECビットコインの2倍レバレッジETFを承認

米国証券取引委員会(SEC)はボラティリティシェアーズ(Volatility Shares Trust)が提供する2xビットコインストラテジーETF(2x Bitcoin Strategy ETF)を新たに承認した。ティッカーは$BITXとなっている。このボラティリティシェアーズ2xビットコインストラテジーETFはCMEグループが提供するビットコイン先物をベースとした上場投資信託=ETFであり、一般投資家や機関投資家はボラティリティシェアーズを介してビットコインの2倍レバレッジを利用することができるようになるということだ。

CMEグループのビットコイン先物をベースとした「ビットコイン先物ETF」はすでにプロシェアーズ・ビットコインストラテジーETF(ProShares Bitcoin Strategy ETF=BITO)ヴァンエック・ビットコインストラテジーETF(VanEck Bitcoin Strategy ETF=XBTF)などが2021年10月に承認されていた。一方でこれらのビットコイン先物を運用するETFとショート(空売り)を行うインバース型のETFは承認されていたものの、レバレッジ型のETFはボラティリティシェアーズ承認が初の事例となる。ボラティリティシェアーズによるとBITXの売買は2023年6月27日からCboe(シカゴ・オプション取引所)で開始されるとしている。

関連記事:【墨汁速報】米国初のビットコインETF 19日よりニューヨーク証券取引所で取引開始

ブラックロックの「ビットコイン現物ETF」承認の布石となるか?

米国証券取引委員会(SEC)はバイナンスUSやコインベース(Coinbase=COIN)を提訴しており、さらに米老舗仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)が提供していたイーサリアムのステーキングサービスを証券として訴訟しており、サービス終了で和解している。

このようなSECの米仮想通貨産業における強硬姿勢はFTXグループの破産から「仮想通貨の証券認定」の動きとともに加速しており、今回の承認に市場は驚きの反応を見せいる。レバレッジETFはこれまで承認されたビットコイン先物ETFよりもリスクは高く、SECの対応から現時点での承認はサプライズとなったと言えるだろう。

世界最大手の資産運用会社であるブラックロックがビットコイン現物ETFを申請しており、バンエッグやバルキリーなどが続々とビットコイン現物ETFを申請している。また23日には破綻した仮想通貨レンディングのブロックファイ(BlockFi)の罰金支払いの債権の優先順位を一般債権者(無担保債権者=Unsecured Creditor)から引き下げることに合意するなど、これまでの強硬姿勢と異なる行動を取っている。これらのことからビットコイン初のレバレッジETF承認はブラックロックのビットコイン現物ETF承認の布石となる可能性が浮上していると言えるだろう。この承認によりビットコイン価格は一時31400ドルを記録した。

関連記事:【墨汁速報】香港規制当局ビットコインETF承認の可能性を示唆 規制緩和の公開専門協議会を発足

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ゴールドマン・サックス 約28億円以上投資可能な富裕層へビットコインへのフルアクセス提供
ゴールドマン・サックスはビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨への投資を第二四半期から富裕層へ提供を開始するという。ゴールドマン・サックスはモルガン・スタンレーに続く形となり、ビットコインや仮想通貨を新たな「資産クラス」として見ている。
【墨汁速報】仮想通貨レンディング「ネクソ(Nexo)」へ執行措置、米NYなど8州が証券として停止通告書を発行
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】仮想通貨レンディング「ネクソ(Nexo)」へ執行措置、米NYなど8州が証券として停止通告書を発行
仮想通貨レンディング企業のネクソ(Nexo)はニューヨークやカリフォルニアを含む8州からレンディングの停止通告書や訴訟など執行措置。2022年に入って仮想通貨が暴落したことからこれらの巨額損失と連鎖倒産による仮想通貨投資家の被害が相次いでいた。