【初心者向け】polygon(旧Matic)使い方・設定完全ガイド

polygon(ポリゴン)ネットワークを使うための基本的な操作の方法をまとめます。
使い方の説明に入る前に、下記が必要になるので事前に用意しておくようにしてください。

今回はメタマスク(MetaMask)を使用して解説していきます。

関連:今さら聞けないメタマスク(MetaMask)の使い方

【必要なもの】

  • メタマスク(MetaMask)
  • ETH (ガス代 )
  • ETHまたはその他のトークン

メタマスク(MetaMask)に「Matic Network」を追加する

初めてポリゴン(polygon)を利用する場合は、メタマスク(MetaMask)上で設定が必要になります。

まずメタマスク(MetaMask)をひらいてネットワークのボタンを押してください。

polygon使い方ガイド

「Matic」と表示されている箇所をクリックして、下記の情報を入力しましょう。コピペすればOKです。

Network Name: Matic Mainnet
New RPC URL: https://polygon-rpc.com/
ChainID: 137
Symbol: MATIC
Block Explorer URL: https://explorer.matic.network

入力が完了し、「保存」をクリックすればメタマスク(MetaMask)の設定は完了です。

イーサリアム(Ethereum)からMaticにブリッジ

イーサリアム(Ethereum)かMatircにブリッジする方法を説明していきます。過程は次のようになります。

ステップ①:https://wallet.matic.network/bridge にアクセスします。
ステップ②:現在イーサリアムネットワークに切り替えられているウォレットを接続します。
ステップ③:ウォレットで接続を承認する
ステップ④:Polygon(Matic)にブリッジするERC-20トークンを選択します。
ステップ⑤:ブリッジしたい金額を入力するか、MAXをクリックします
ステップ⑥: Transferをクリックして、短い免責事項と関連するブリッジ料金の確認を読みます。

ステップ①~⑥までを実際の画面を使って解説すると次のようになります。

#

#

#

#

#

しばらく間をおいてトランスファーが完了したら、このステップは完了です。

完了しているかどうかはメタマスクを開いて、ネットワークをMaticに切り替え表示されるかどうかを確認してください。

Maticからイーサリアムのメインネットに戻す

Polygon Web Wallet」でメタマスクを接続します。

下記のようにイーサリアム側に戻したい通貨の行から「Withdraw」を選択します。

#

戻したい金額を入力して、「Transfer」ボタンをおしましょう。

#

今度は3時間くらいかかります。「continue」を押して、メタマスクでも「confirm」を押します。

#

チェックポイント待ちの画面が表示されます。45分~1時間くらいはこの画面で待つ心構えをしておいてください。

#

トランザクションがうまくいかない!

2021年8月よりも前から使っていらっしゃる人はメタマスクに設定されているRPCのURLを設定しなおしたか確認してみてください。
RPC URL:https://polygon-rpc.com

ポリゴン使い方

また、トランザクションを実行するときにガス代が適切に設定されているかも確認しましょう。メタマスクのデフォルトのままでは安すぎることがあります。

#
出典:https://www.polygongasstation.com/

どうしても解決できないトラブルの場合

サポートサイト(https://support.polygon.technology/support/solutions)から問い合わせてみてください。また、Telegramの日本語コミュニティ(https://t.me/polygonjapan)で聞いてみることも可能です。

<ポリゴン使い方

フォーラムから類似の問題を調べてみることもできます。同じ問題に直面した人たちのコメントが見つかるかもしれません。

#

例えば下記の画面でぐるぐるしまわったまま完了しないケースは数時間待ったら勝手に解決したなどのケースが見られるようです。

#

おすすめの記事