【墨汁速報】Twitterでイーサリアム(ETH)のチップサービスが開始 NFTに続くサポートとなる

Twitterはビットコイン(BTC)に続きイーサリアム(ETH)でのチップサービスを開始した。
TwitterユーザーはiOSとAndroidアプリからイーサリアムアドレスを追加でき、イーサリアムアドレスを登録しているユーザーにチップを送ることが可能となった。

すでにTwitterはNFTの認証サービスを今年に入って提供しており、イーサリアムもついに対応する形となった。

関連記事:2022年のイーサリアム(ETH)、2021年以上に飛躍する1年になる!?

Twitterがイーサリアムのサポート開始

Twitterは2022年2月17日本日からイーサリアムアドレスをTwitterアカウントに追加する機能にサポートを開始。2021年9月にはビットコインのL2ソリューション「ライトニングネットワーク」を統合し、ビットコインによるチップサービスを提供していた。

現時点でパソコンなどのウェブブラウザからアクセスする「Twitter.com」ではサービスを提供しておらず、iOSとAndoridoのスマートフォンアプリのみの対応となっている。

ETHチップの設定のやり方

イーサリアムアドレスのTwitterアカウントへの登録は非常に簡単で、Bitcoinアドレスの下のEthereumアドレスに自分のアドレスを追加するだけとなっている。

またこのチップ機能を利用するにはTwitterを最新バージョンにアップデートしておく必要があり、

「プロフィールの編集」→「Tips」→「管理」→「チップを許可を有効」で設定が完了する。

仮想通貨フレンドリーなTwitter

ツイッターの前最高経営責任者(CEO)であるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏はビットコインマキシマリストとして知られており、2020年にはビットコインのハッシュタグでビットコインマークがつく実装をしており、自身の経営するペイメント企業のCASHでは仮想通貨売買サービスなどを提供している。

また2022年1月に入り、Twitterはイーサリアム上でDeFi以外の一般ユーザーにも人気となっている「NFT」も同様に統合しており、NFTアートをプロフィール画像に設定するユーザーが多いことから、そのNFTの所有権をTwitterで認証できる機能をリリースしている。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Merge実装がほぼ完了

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】米バイナンス銀行でのドル入出金停止を発表 SECの仮想通貨取引所訴訟を受けて
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米バイナンス銀行でのドル入出金停止を発表 SECの仮想通貨取引所訴訟を受けて
仮想通貨取引所最大手バイナンスの米法人であるバイナンスUSは、早ければ13日までにドルによる入出金の停止することを発表した。同社は米国証券取引委員会(SEC)により証券取引法違反で提訴されており、SECは7日にバイナンスUSの資産凍結を求める動議を裁判所に提出していた。