【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Merge実装がほぼ完了

イーサリアムコアデベロッパーによると、イーサリアムマイニングを終了する大型アップデート「The Merge」の開発が終了し、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)に完全移行する準備ができたという。
The Mergeはイーサリアムにとってローンチ前から決まっていたマイニングを終了するというビッグイベントであり、最も重要なアップデートの一つだ。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Mergeを延期しない方向で合意 EIP-4488の導入を開発者が議論

イーサリアムクライアントはThe Mergeの準備完了目前

イーサリアムで最も利用されているクライアントのGeth(Go Ethereum)開発チームは、イーサリアムマイニングを終了して完全にプルーフ・オブ・ステークに移行するThe Mergeの実装をほとんど完了したという。

リードデベロッパーのPeter氏によると、「コードベースで残すところ1つのプルリクエストのみとなっており、残すところはテストのみとなっている」としている。

またThe Mergeではイーサリアム2.0側のクライアントも準備が必要であり、Gethチームと同様に残すところあと少しだという。

金継ぎ(Kintsugi)テストネットv2を予定

2021年末にローンチしたThe Mergeの金継ぎ(Kintsugi)テストネットは順調に稼働しており、約221万ETHと72,527バリデータがテストを行っている。
イーサリアム2.0リサーチチームは2月前半にThe Mergeの仕様を確定し、2月中に次の新しいThe Mergeテストネットをローンチする予定となっている。

イーサリアムマイニング終了はいつ?

イーサリアムは2021年12月にディフィカルティボムを調整延期するアップデート「Arrow Glacier」を実装しており、2022年6月までディフィカルティボムの影響によるマイニングの難易度上昇を先延ばしにしていることから、The Mergeの準備が整えば6月~7月にかけてマイニングを終了することになる。

イーサリアム2.0リサーチャーは1月に、「7月中旬にThe Mergeをメインネット実装することは可能だが、もしバグが発生しても対応している余裕はない」としているため、7月にもう1度ディフィカルティボムを調整し年末までにThe Mergeが実装されるのが現実的であると見られるだろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム(ETH)が見据える今後10年のアップデート構想
ETHハッシュレートが史上最高に、ETH2.0への移行など重要な更新続く

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0のThe Mergeの仕組みや32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどを投資家向けにより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
「第3四半期のNFTゲーム売上は約2,600億円」ブロックチェーンゲームアライアンスが発表
ブロックチェーンゲーム
「第3四半期のNFTゲーム売上は約2,600億円」ブロックチェーンゲームアライアンスが発表
ブロックチェーンゲームアライアンス(Blockchain Game Alliance)がこのほど2021年の業界の動向をまとめたレポートを発表。NFTゲームの売上が第3四半期で約2600億円に達していたことが分かった。その他のブロックチェーンゲームに関するデータも合わせて紹介します。