【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Merge実装がほぼ完了

イーサリアムコアデベロッパーによると、イーサリアムマイニングを終了する大型アップデート「The Merge」の開発が終了し、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)に完全移行する準備ができたという。
The Mergeはイーサリアムにとってローンチ前から決まっていたマイニングを終了するというビッグイベントであり、最も重要なアップデートの一つだ。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアムマイニング終了のThe Mergeを延期しない方向で合意 EIP-4488の導入を開発者が議論

イーサリアムクライアントはThe Mergeの準備完了目前

イーサリアムで最も利用されているクライアントのGeth(Go Ethereum)開発チームは、イーサリアムマイニングを終了して完全にプルーフ・オブ・ステークに移行するThe Mergeの実装をほとんど完了したという。

リードデベロッパーのPeter氏によると、「コードベースで残すところ1つのプルリクエストのみとなっており、残すところはテストのみとなっている」としている。

またThe Mergeではイーサリアム2.0側のクライアントも準備が必要であり、Gethチームと同様に残すところあと少しだという。

金継ぎ(Kintsugi)テストネットv2を予定

2021年末にローンチしたThe Mergeの金継ぎ(Kintsugi)テストネットは順調に稼働しており、約221万ETHと72,527バリデータがテストを行っている。
イーサリアム2.0リサーチチームは2月前半にThe Mergeの仕様を確定し、2月中に次の新しいThe Mergeテストネットをローンチする予定となっている。

イーサリアムマイニング終了はいつ?

イーサリアムは2021年12月にディフィカルティボムを調整延期するアップデート「Arrow Glacier」を実装しており、2022年6月までディフィカルティボムの影響によるマイニングの難易度上昇を先延ばしにしていることから、The Mergeの準備が整えば6月~7月にかけてマイニングを終了することになる。

イーサリアム2.0リサーチャーは1月に、「7月中旬にThe Mergeをメインネット実装することは可能だが、もしバグが発生しても対応している余裕はない」としているため、7月にもう1度ディフィカルティボムを調整し年末までにThe Mergeが実装されるのが現実的であると見られるだろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム(ETH)が見据える今後10年のアップデート構想
ETHハッシュレートが史上最高に、ETH2.0への移行など重要な更新続く

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0のThe Mergeの仕組みや32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどを投資家向けにより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】BlockFi仮想通貨レンディングが証券の可能性か?SECによる調査を受ける
SEC(米国証券取引委員会)はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の高金利レンディング企業BlockFiを綿密に調査しているという。BlockFiは最大で年間利回り9.5%を提供するレンディング企業であり、金利を提供するBIAが証券に当たる可能性があると考えられている。
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて
米国最古の銀行BNYメロン(バンク・オブ・ニューヨーク・メロン)は、ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)のカストディ(保管)サービスへ参入。ビットコインなどの保管や送金をBNYメロンのクライアントに提供するという。2020年に米国では「仮想通貨銀行」の設立が認められている。
【墨汁速報】米SEC 今年2度目の仮想通貨取引所クラーケン提訴「未登録の証券取引所」
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米SEC 今年2度目の仮想通貨取引所クラーケン提訴「未登録の証券取引所」
米国証券取引委員会(SEC)は、米老舗仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)の親会社であるペイワード社とペイワード・ベンチャーズ)を提訴した。クラーケンの提訴は今年2月にイーサリアムなどのステーキングサービスを証券であるとしてされており、今年で2回目となる異例の事態である。