アニモカ・ブランズ約29億円の資金調達、NFTコレクション「モカバース」推進

香港のブロックチェーン関連企業であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)は9月11日、2,000万ドル(約29億円)を調達したと発表した。資金調達は、同社の主要プロジェクトの1つであるモカバース(Mocaverse)の株式発行を通じて行われた。

スカイメイヴィスやイールドギルドゲームズの創業者も参加

今回調達した資金は、製品開発、Web3導入の促進、アニモカ・ブランズの約450のWeb3企業やプロジェクトへの投資ポートフォリオのゲーム、文化、エンターテインメントのエコシステムを拡大するためのパートナーシップの確保など、モカバースプロジェクトの推進に使用されるという。

今回の資金調達は、香港発のブロックチェーン関連ベンチャーキャピタルであるCMCCグローバルCMCC Global)が主導したものだ。アクシー・インフィニティ(AXS)親会社であるスカイメイヴィス(Sky Mavis)のアレクサンダー・ラーセン(Aleksander Larsen)創設者、アニモカ・ブランズのヤット・シウ(Yat Siu)エグゼクティブ・チェアマン兼共同設立者などが、この資金調達に参加している。

新たな経済機会を生み出す活気あるコミュニティへの参加をユーザーに促す

アニモカ・ブランズのヤット・シウ氏は、 「投資家がアニモカ・ブランズとその分散化のビジョンを支持してくれたことを大変光栄に思う。インターネットの進行中の進化は、階層的な権力構造から自律的なものへの移行を伴うものであり、モカバースのDAOベースのアプローチは、そのコミュニティがより広範なアニモカ・ブランズのエコシステム全体でイノベーションとコラボレーションの推進に集中することを保証する」と話している。また、同氏は、「モカバースは、ユーザーに新たな経済機会を生み出す活気あるコミュニティへの参加を促すことに加え、他の分散型組織のデジタルID、評判、ロイヤルティシステムとしての役割も果たすだろう」と述べている。

CMCCグローバルの共同設立者であるマーティン・バウマン(Martin Baumann)は、「このプロジェクトは、アニモカ・ブランズの傘下の企業のユニークなポートフォリオを統合し、何億もの新しいユーザーがWeb3とメタバースエコシステムにアクセスするためのポータルになるだろう」と語った。また同氏は、「CMCCグローバルでは、業界の限界を押し広げる革新的な創業者を支援したいと考えている。ヤット・シウ氏は、Web3を創造的な新しい方向へ導く能力を何度も証明してきた。私たちは、モカバースに進出する彼とアニモカ・ブランズチームを再び支援できることを嬉しく思う」とコメントしている。

参考
Animoca Brands raises US$20M for its Mocaverse project

【こんな記事も読まれています】
Web3企業アニモカの教育プラットドーム「Tinyap」、学習教材作成用AI機能を発表
ビットコイン2000万円超えの可能性、ブルームバーグのアナリストが大胆予測
ゲーム関連DAppsは6%の成長率、ダップレーダーが8月ブロックチェーンレポート公開

おすすめの記事
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
仮想通貨取引所
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
日本の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも知名度が高いbitFlyer(ビットフライヤー)。そんなビットフライヤーの口座開設方法の流れやアプリの使い方、お得なキャンペーン情報をまとめて紹介します!初心者でも分かりやすいよう、実際の画面画像を使いながら1つ1つ解説していきます。