Web3企業アニモカの教育プラットドーム「Tinyap」、学習教材作成用AI機能を発表

香港のブロックチェーン関連企業のアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)の子会社であるタイニータップ(TinyTap)は8月30日、プラットフォーム上に新しいAI機能の追加とロードマップを発表した。

教育ゲームの作成機能などを提供

今回発表された機能は、「プロンプト・トゥ・ゲーム(Prompt-to-Game)」という教育ゲームの作成機能のベータ版だ。タイニータップのAIにトピックのプロンプトを入力すると、子供たちがそのトピックを学習するためのゲームが作成される。タイニータップAIは、25万以上のゲーム、数百万のアクティビティ、1億7000万以上のプレイの学習アーキテクチャに基づく10年以上のデータを利用して、ゲームを生成し検証するという。

さらにタイニータップのクリエイターは、9月より「プロンプト・トゥ・テキスト/イメージ(Prompt-to-Text/Image)」機能を利用できるようになる。この機能により、クリエイターは特定のニーズに合わせてダイナミックなイメージを生成し、より簡単な方法で新しくエキサイティングなグラフィックで教育ゲームを向上させることができる。

タイニータップでは、2023年第4四半期から、オープンキャンパスNFT(Open Campus NFT)およびEDUトークンホルダーは、オープンキャンパスプロトコルを使用してEDUトークンを消費し、作成したタイニータップゲームをパブリッシャーNFT(Publisher NFT)にミントできるようになる予定だ。オープン・キャンパス・プロトコルでは、ブロックチェーン技術の力を活用し、生徒がより多様な教育コンテンツにアクセスできるようにする一方で、教育者が収益を得たり、貢献が認められたりする新たな機会を提供している。また、EDUトークンは、オープン・キャンパス・プロトコルの原動力となるトークンだ。

子どもたち一人ひとりに合わせた学習体験を提供できるようにする

オープンキャンパスのローンチ・パートナーでもあるアニモカ・ブランズのヤット・シウ(Yat Siu)共同設立者は、 「他のさまざまな分野と同様に、AIは教育分野の技術に素晴らしい機会をもたらす。AIをタイニータップに統合することで、学習者一人ひとりに合わせたカスタマイズされたプログラムで教育機会を拡大することができる。より効率的に制作されたコンテンツは、より大きな教育ライブラリーを意味し、教師がタイニータップでより多くの収入を得るのにも役立つ」と語っている。また、同氏は、「AIの力とオープンキャンパスとの戦略的パートナーシップを通じて、タイニータップは、世界中の子供たちの生活を豊かにする革新的で利用しやすい学習体験を創造し、クリエイターがその創造物から公正な分け前を得ることができるようにすることを約束する」と話している。

タイニータップのヨーゲフ・シェリー(Yogev Shelly)CEO(最高経営責任者)は、「私たちは、教師や親が子供たちのために魅力的でインタラクティブな教育コンテンツを作成する方法を再定義するAIのロードマップを発表でき嬉しく思う」と話した。さらに、同氏は、「AIを活用した新機能により、タイニータップはコンテンツ制作をより迅速かつ身近なものにし、教師や保護者が子どもたち一人ひとりに合わせた学習体験を提供できるようにする」とコメントしている。

参考
Animoca Brands’ edtech subsidiary TinyTap reveals new AI features and roadmap

【こんな記事も読まれています】
スポーツ関連ブロックチェーンのチリーズ(CHZ)、3D仮想空間アルファバースを統合
アニモカ・ブランズ、公式のAWSアクティベートプロバイダーに就任
メイプルストーリーユニバースがWeb3インフラプロバイダーとしてチェーンリンクを選択

おすすめの記事
【墨汁速報】米SECバイナンスUSの資産凍結へ動く 仮想通貨最大手バイナンスとCEOを提訴後
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米SECバイナンスUSの資産凍結へ動く 仮想通貨最大手バイナンスとCEOを提訴後
仮想通貨最大手のバイナンスとCEOのチャンポン・ジャオ(CZ)氏を提訴した米国証券取引委員会(SEC)は同社米法人の「バイナンスUS」の資産を凍結する一時的な保全命令の動議を申請した。SECはこの資産凍結はバイナンスUSの顧客の利益になると考えているという。