【墨汁速報】バイナンスがFTX買収を断念か? ビットコインはドル建てで2022年最安値更新

リークによると流動性危機に落ちいた世界最大手仮想通貨取引所のFTXを救済目的で買収するとしていたバイナンス(Binance)はデューデリジェンス後に難色を示しているという。また米規制当局は今回のトラブルの原因となったFTXとCEOのサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏の投資会社であるアラメダリサーチ(Alameda Research)の関係性を調査しているという。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨取引所最大手「バイナンスがFTX買収」で合意 FTXは流動性危機で出金遅延

バイナンスがFTXの買収断念か

バイナンスのFTX買収に詳しいとされるリーク者によると「バイナンスがFTXを買収する可能性は非常に低い」という。バイナンスは流動性危機に陥ったFTXと買収を行う基本的合意を9日に結んだと発表、その後FTXの内部データやローンコミットメントなどの財務状況の調査を行う「デューデリジェンス」の結果、買収を行うのに強い難色を示しているという。

バイナンス及びFTXはこの件についてコメントを拒否している。

FTXはバイナンスに次世界2位の出来高を誇り、多くの機関投資家やマーケットメイカーが使用していたことから、ほか企業が買収をして負債を補填することは難しいといえるだろう。

 

*バイナンスはこのリーク後正式にFTX買収の断念を発表(追記)

 

関連記事:【墨汁速報】FTX不信加速で仮想通貨全体下落 BitDAOはアラメダがFTXでBITを売却してないか証明を求める

米規制当局がFTXとアラメダの関係性調査を開始

また別のリークによるとFTX USが提供していたFTX Earnによるレンディングに対して米国証券取引委員会(SEC)が数ヶ月前に調査を開始していたという。またFTT価格の暴落やFTXの取り付け騒ぎ、さらには流動性危機による出金停止という自体に陥った原因であるアラメダリサーチとFTXとの関係性、さらにはバイナンスの買収について米国証券取引委員会(SEC)と米国先物取引委員会(CFTC)が調査を開始するとしている。FTXの波乱とビットコインや仮想通貨への多大な影響は続くと見られる。

関連記事:【墨汁速報】バイナンスCEO「保有の全FTXトークン(FTT)を売却」と発表 アラメダの財務状況リークで

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアム”マージ”第1段の”ベラトリックスアップデート”が無事完了 残すは15日のパリのみ
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム”マージ”第1段の”ベラトリックスアップデート”が無事完了 残すは15日のパリのみ
イーサリアムは超大型アップデート「マージ」の第一弾となるベラトリックス(Bellatrix)を6日20時34分に完了。イーサリアムのマージはETH1とステーキングが必要なETH2の2段階でアップデートが行われ、残すは15日のETH1側のパリアップデートとなる。
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアム2.0初の大型アップデート”アルタイル(Altair)”の実装が無事成功
イーサリアム2.0のBeacon ChainメインネットがEpoch74240を迎え、初となる大型アップデート「アルタイル」ハードフォークが実装された。テストネットでは8月に既にテスト実装されており、メインネットでの実装予定が10月27日前後となっていた。詳細を解説します。
イーサリアムベルリンのETHへの影響は? 同期できないバグの原因
テクノロジー
イーサリアムベルリンのETHへの影響は? 同期できないバグの原因
イーサリアムは2021年初の大型アップデート「ベルリンハードフォーク」を実装。この実装では、イーサリアムクライアントOpenEthereum(元Parity)に不具合があり、一部サービスに影響が出ました。本稿ではベルリンアップデートのトラブルとETHにどのような影響があるのかについて解説します。