Web3企業のミステンラボがリネージュなど開発NCソフトとパートナーシップ締結

Web3インフラストラクチャ企業のミステンラボ(Mysten Labs)は11月8日、ゲーム開発企業のNCソフト(NCSOFT)と戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

ミステンラボの資金調達にはバイナンスラボも参加

韓国に本社を置くNCソフトは、オンラインおよびモバイルゲームを開発する企業だ。これまでにリネージュ(Lineage)やアイオン(AION)などを開発している。ミステンラボは、Sui(スイ)ブロックチェーンを開発。9月にはFTXベンチャーズ(FTX Ventures)の主導で資金調達を行っており、バイナンスラボ(Binance Labs)やコインベースベンチャーズ(Coinbase Ventures)、電通ベンチャーズ(Dentsu Ventures)などが参加している。

今回の提携の条件に基づき、NCソフトはミステンラボに1500万ドル(約21.8億円)を投資している。さらに両社は、Sui Layer 1ブロックチェーンを活用し、より魅力的でプレーヤー中心のデジタル・エンターテインメント体験を創造するために、将来の協力関係を模索する予定だ。

ブロックチェーンには革新的な体験を生み出す可能性

NCソフトのソンイ・ユン社長兼最高戦略責任者は、ビジョンを共有できるミステンラボとの提携が楽しみであるとし、「ブロックチェーン技術には、斬新で革新的なプレイヤー体験を生み出す可能性がある」と語っている。

ミステンラボのエヴァン・チェン(Evan Cheng)共同創設者兼最高経営責任者は、「NCソフトは、世界中で何百万人もの忠実なプレイヤーを魅了する楽しくて革新的な経験を構築する豊かな遺産を持つゲーム界の名門だ。NCソフトの財政支援とパートナーシップに感謝する」と話している。また「これは、ゲームアプリケーションのための決定的なブロックチェーンとしてのSuiの力を強く証明するものだ」ともコメントしている。

ミステンラボのサム・ブラックシアー(Sam Blackshear)共同創設者兼最高技術責任者は、「ゲームをWeb3に持ち込むには、何百万人ものプレイヤーをサポートできるインフラが必要で、同時にこれらのプレイヤーが完全にオンチェーン、動的かつ構成可能なデジタル資産を所有し対話できるようにする必要がある」と話している。

同氏は、「Suiのスケーラビリティとオブジェクト指向アーキテクチャは、オンチェーン要素の利点を実現し、最も重要なハイクオリティなユーザー体験を提供し、多くのユーザーが集まるゲームの構築を進める開発者が選択する先となる」と述べている。

参考
・Leading Global Gaming Company NCSOFT Partners With Mysten Labs

【こんな記事も読まれています】
ズープ約22億円の資金調達、レディ・プレイヤー・ミーとの提携も発表
メタバースプロジェクト取引高80%減少もNFT販売数は微減、ダップレーダーがレポート発
web3に進出するゲーム開発会社ホーマが約147億円の資金調達に成功

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムL2の「ジーケーシンク(zkSync)」で初のハッキング 報酬キャンペーンで被害が増加か
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムL2の「ジーケーシンク(zkSync)」で初のハッキング 報酬キャンペーンで被害が増加か
イーサリアム上に展開するL2ネットワークのジーケーシンク(zkSync)で初のハッキング被害が発生した。ジーケーシンク上に展開するレンディングプロトコルの「エラレンド(Eralend)」がハッキング被害に遭い、推定340万ドル(約4.8億円)の被害であるとみられている。
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
仮想通貨ニュース
ビットコイン・暗号資産相場動向の振り返り、店舗決済キャッシュレス化に関して:DMM Bitcoin代表(田口 仁)
「仮想通貨・ブロックチェーンの普及拡大」=「ビットコインの普及拡大」とならないことがやっと浸透してきたように感じています。2018年7月までのビットコイン相場の振り返り、LINE(ライン)、ヤフー・ソフトバンクの店舗決済キャッシュレス化加速、ポイント・ギフト券の分散台帳技術を利用したトークンに関する可能性などに関して書きました。