【墨汁速報】ブラックロック ビットコイン現物ETF承認に向け最大手マーケットメイカーと会談=リーク

リーク報道によると世界最大手資産運用会社のブラックロックは、米国証券取引委員会(SEC)のビットコイン現物ETF(Bitcoin Spot ETF)の承認に向け、同社ビットコインETFの流動性提供を行うマーケットメイカー最大手3社と会談を行ったという。

ブラックロックのビットコイン現物ETFは現段階で最もSECに承認される確率が高いファンドであると考えられており、ビットコイン価格はこの期待から521万円前後を推移している。

関連記事:【墨汁速報】ビットコイン一時433万円を記録 ブラックロックのビットコインETF承認はフェイクかリークか?

ブラックロックのビットコインETFに最大手マーケットメイカー

リーク報道によるとビットコイン現物ETFを上場申請中の世界最大手資産運用会社のブラックロックは、最大手ETFマーケットメイク企業であるジェーンストリート(Jane Street)やジャンプ・トレーディング(Jump)、バーチュ・ファイナンス(Virtu Finance)、ハドソン・リバー・トレーディング(Hudson River Trading=HRT)などと秘密裏に会談を行い、同社のビットコインETFの流動性提供を行うマーケットメイクについて話あったという。

バーチュは2022年に最大手マーケットメイク企業である米シタデル・セキュリティーズ(Citadel Securities)と同時に仮想通貨のマーケットメイク事業に参入していることが知られている。ブラックロックを含む上記企業は本件に関してのコメントは差し支えるとしており、HRTからの返答はなかった。

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨取引事業に"シタデル・セキュリティーズ"世界最大手マーケットメイク会社が参入

ビットコインETFのマーケットメイクの必要性

上場投資信託、つまり証券取引所に上場されるETFにおいてマーケットメイクは非常に重要な役割であり、一般投資家から機関投資家まで多くの投資家が参入時の売買需要を提供する必要がある。

特にジェーン・ストリートは世界最大手のETFマーケットメイカーであり、既に米国外で存在しているETFと同様に証券取引所に上場を行う上場取引型金融商品(ETP)の需要からみても投資家とビットコイン市場は十分なETFのサポートを行えるとグレースケールのGBTCの審議に対してコメントを残している。

出典:米国証券取引委員会(SEC)

マーケットメイカーにとってのビットコインETF

またジェーンストリートとジャンプは、2023年5月に米国証券取引委員会(SEC)による仮想通貨産業の不明瞭な規制により、仮想通貨米国市場から段階的に撤退することを発表。ジェーンストリートはETFに特化したマーケットメイカーであり、ヴァーチュとともに東証でのマーケットメイカーとしても知られている。

つまりビットコインETFという米規制当局の下規制され、証券という枠組みにおける既存金融市場からの需要という確かな市場におけるマーケットメイクは同社の本業であるということだ。

仮想通貨市場にも投資家にはあまり認識されていないものの、上記マーケットメイカーが流動性を提供しており、より良い取り引き環境を構築してきた。これらを考慮するとブラックロックはビットコイン現物ETFが承認される可能性が高いと考えており、着々と準備を進めているということになる。米国証券取引委員会(SEC)が承認することは時間の問題と言えるだろう。

関連記事:【墨汁速報】SECアークのビットコイン現物ETF審議を来年に延期 新たなデッドラインは?

 

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
スポーツ関連ブロックチェーンのチリーズ(CHZ)、3D仮想空間アルファバースを統合
テクノロジー
スポーツ関連ブロックチェーンのチリーズ(CHZ)、3D仮想空間アルファバースを統合
スポーツ関連のブロックチェーンプロバイダーであるチリーズ(Chiliz)は、クリプト・ブロックチェーン・インダストリーが提供する3D仮想空間であるフットボール・アット・アルファバースをチリーズが提供するブロックチェーンであるチリーズチェーンに統合すると発表した。
【墨汁速報】複数トラブル抱える仮想通貨最大手DCG 四半期配当の停止を株主に通告
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】複数トラブル抱える仮想通貨最大手DCG 四半期配当の停止を株主に通告
仮想通貨最大手のコングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)は株主に対して四半期ごとの配当を一時的に停止すると発表。同社は子会社であるジェネシス・グローバル(ジェネシス・トレーディング)が破綻したFTXによる巨額損失を抱えるなど複数のトラブルを抱えている。