【墨汁速報】仮想通貨取引事業に"シタデル・セキュリティーズ"世界最大手マーケットメイク会社が参入

リーク情報によると世界最大手マーケットメイク会社である米シタデル・セキュリティーズ(Citadel Securities)とバーチュ・ファイナンシャル(Virtu Financial)がビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨取引プラットフォームをローンチするという。米ブローカー最大手のフィデリティやチャールズ・シュワブと協力して仮想通貨事業最大規模となると見られる。

関連記事:【墨汁速報】米グレースケール 初となる仮想通貨関連企業ETFをローンチ

世界最大手マーケットメイク会社が仮想通貨事業へ

シタデル・セキュリティーズは、フィデリティなどの最大手資産運用会社やブローカー、機関投資家などに株式やオプション取引における流動性を提供するマーケットメイキング会社である。その規模は世界最大となる50カ国以上で流動性を提供している。

匿名のリーク者によると、すでに裕福層へのビットコインなどの仮想通貨取引を提供している預かり資産4.5兆ドルを超えるフィデリティと、大手ネット証券取引所のチャールズ・シュワブなどのブローカーと協力し、仮想通貨取引プラットフォームをローンチするプライベートプランが発足しているという。

シタデル・セキュリティーズの仮想通貨取引所は2022年末から来年初旬にローンチする可能性があるとされている。

関連記事:【墨汁速報】米最古の銀行BNYメロンがビットコインカストディサービス参入 機関投資家の需要を受けて

シタデル・セキュリティーズが仮想通貨の問題を解決か?

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の一番の問題として、「発行数が限られていることや送金が容易であるという利点から”世界的に現物が分散”していることによる流動性の低さ」というものがある。

これは価格を簡単に数十倍に高騰させる一方、短期的にフラッシュ・クラッシュで大きく下がり、結果的にボラティリティが大きく、機関投資家やブローカーが既存金融より積極的に参戦しづらい理由だろう。既にジャンプトレーディング(Jump Trading)やジェーンストリート(Jane Street)などのマーケットメイカーが仮想通貨市場に参戦しているが、未だにこの流動性問題は解決していない。

シタデル・セキュリティーズとバーチュ・ファイナンシャルの参戦で、大きく仮想通貨市場は変わっていくことになるだろう。

関連記事:【墨汁速報】JPモルガン 仮想通貨関連企業の株バスケット取引をSECへ提出で明かす

ビットコイン現物ETFへの影響は?

SECはビットコイン先物をベースとした「ビットコインETF」を2021年12月に承認した。一方でビットコイン現物に投資する「ビットコイン現物ETF」の承認はまだ1つも事例がなく、上場審査において「投資家保護の欠如」を理由に約7年以上否決が続いている。

仮想通貨市場において上記でみた現物の流動性の低さや、デリバティブ取引のCFD(差金決済)が主流であることから、既存金融より流動性面やボラティリティ面に問題があることが、このビットコイン現物ETF承認の足かせとなっていると言える。

フィデリティの協力で世界最大規模となるシタデル・セキュリティーズの仮想通貨取引事業は、2023年以降のビットコイン現物ETFの審査において非常に有益に働くことになるだろう。

関連記事:【墨汁速報】米国初のビットコインETF 19日よりニューヨーク証券取引所で取引開始

▼墨汁サロンでは投資家向けにイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

参考:Citadel Securities, Virtu Build Crypto Plan With Brokerages

おすすめの記事
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
仮想通貨ニュース
イーサリアムをさらに拡張するL2とは?ArbitrumなどのRollupが有力な理由
イーサリアムは年末から来年初旬にかけてイーサリアム2.0への完全移行となる「The Merge」を控えており、DeFi(分散型金融)やNFTなども含め最も使用されている仮想通貨といえるでしょう。 本稿ではイーサリアム2.0のさらに先のイーサリアムを拡張するL2(レイヤー2)について詳しく解説します。