【墨汁速報】米コインベース イーサリアム2.0のステーキングサービスを開始

米仮想通貨取引所最大手コインベース(Coinbase)は、イーサリアム2.0のステーキングサービス開始を発表。すでにクラーケン(Kraken)などの仮想通貨取引所がイーサリアム2.0のステーキングサービスを提供していたが、遂に最大手仮想通貨取引所もイーサリアム2.0に参加し、報酬を受取ることが可能となった。

コインベースでETH2ステーキングサービス開始!

コインベースは今月ナスダックに上場した米仮想通貨最大手取引所。コインベースはイーサリアム2.0のステーキングサービスを2ヶ月前に発表しており、希望者は「待機リスト」で順番待ちという状態となっていた。

17日の公式発表によると、ついに正式にステーキングサービスを開始すると述べており、ステーキング報酬は最大で6%としている。コインベースでのイーサリアム2.0ステーキング希望者は、待機リストに並ぶことで順番にステーキングが開始されるという。これはイーサリアム2.0のバリデータ登録に時間がかかることが原因と見られる。

イーサリアムステーキングは400万ETHに迫る

デポジットコントラクトによると、イーサリアムステーキングの勢いは衰えておらず、386万ETHとなっている。これはイーサリアム2.0には現在12万を超えるバリデータが参加していることになり、ブロックチェーンで最もセキュアに保たれていると言えるだろう。

コインベースのステーキングサービス開始で400万ETHまで今月中に到達すると考えられ、現在のバリデータ報酬が8%であることから、コインベースに支払う手数料は2%であると算出することができる。

#

イーサリアムは最高値を更に更新し、26.5万円を推移している。今後もイーサリアム上での金融「DeFi」の需要が安定し、ETH2のステーキングが進むことで市場供給量が枯渇していくことから、年末にはさらなる最高値の更新が期待できるかもしれない。

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】米Bitwise6800億円規模の「優良NFT」へ投資する「NFTインデックスファンド」をローンチ
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米Bitwise6800億円規模の「優良NFT」へ投資する「NFTインデックスファンド」をローンチ
仮想通貨インデックスファンドマネージャーの"Bitwise"は、イーサリアムで人気を博しているCryptoPunksなどのNFTを運用するインデックスファンド"Blue-Chip NFT Index Fund"をローンチ。投資家はこのNFTインデックスファンドを介してNFTへの投資を行うことができる。