ソラナ(Solana)とパートナーシップを結ぶ11のプロジェクトまとめ

編集部おすすめ

ソラナ(Solana)とパートナーシップを結ぶ11のプロジェクトまとめ

Solana(ソラナ)のハイパフォーマンスなブロックチェーンは、8つの主要なイノベーションによって構成されています。ソラナは、レイヤー2やシャーディングを必要とせずに秒間で5万トランザクションを実行できる点でゲームチェンジャーだと期待されます。詳しくは下記の記事をご覧ください。

【関連】
Solanaとは?秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーン

ソラナプロジェクトのイメージ

ソラナとパートナーシップを結ぶ11のプロジェクト

今回はソラナとパートナーシップを結ぶ11のプロジェクトをまとめてご紹介します。今後のさらなるエコシステム拡大が期待されますが、現在どのような提携先があるのかを確認しておきましょう。

チェーンリンク(Chainlink)

ソラナは業界標準のオラクルソリューションとしての地位を確立しつつあるチェーンリンク(Chainlink)とパートナーシップを結んでいます。ソラナで稼働するDapps(分散型アプリケーション)の標準プライスオラクルとしてチェーンリンクを利用することが計画されています。詳しくはこちらの記事「ChainlinkとSolanaが提携、Dapps標準プライスオラクルとすることを計画」をご覧ください。

アカース・ネットワーク(Akash Network)

アカース・ネットワーク(Akash Network)は分散型のピアツーピアクラウドコンピューティングのマーケットプレイスです。Microsoft Azure、Google、Amazonのクラウドプロバイダー大手3社に代る分散型代替手段を提供することを目的としています。

dfuse

dfuseはブロックチェーンAPIを提供するプロジェクトです。世界中に分散化されたデータを整理することで、開発者がハイパフォーマンスなアプリケーションを構築できるよう支援しており、同社の主力製品であるdfuse Stream、dfuse Lifecycle、dfuse Search、dfuse On Demand Networksは、開発者が一流のユーザーエクスペリエンスを簡単にカスタマイズして提供できる機能を提供しています。

シビック(Civic)

シビック(Civic)は暗号資産の送受信や保管を安全に行えるCivic Walletを提供するウォレットプロバイダーです。Civic Walletはプライバシー保護を重視して設計されており、ノンカストディアルであり、オープンソースのブロックチェーンベースエコシステムを利用してクレデンシャルを検証しています。

テラ(Terra)

テラ(Terra)はソラナネットワーク上で利用可能となる初のステーブルコインです。ソラナはそのスケーラブルな性質を利用したDeFi(分散型金融)を含むdApp構築を目指しており、分散性の高いステーブルコインTerra導入の目的はその下準備ではないかと考えられます。詳しくはこちらの記事「Solanaネットワーク上の初のステーブルコインTerraとは?」をご覧ください。

マジック(Magic)

Magicはアプリケーションに組み込むことができる開発者向けSDKであり、同社のMagicリンクを用いることでSlackやMediumのような安全なパスワードレス認証を可能にします。

ローンスナップ(LoanSnap)

ローンスナップ(LoanSnap)はユーザーの財務状況に基づいたソリューションを提供する住宅ローン貸金業社です。クレジットカードや学生ローンなどのユーザーの毎月の請求額を考慮した最適な住宅ローンを組むことができるスマートローンを提供しています。

トーラス(Torus)

トーラス(Torus)はGoogleやFacebookアカウントを利用したワンクリックログイン(OAuth)を可能にするプロジェクトです。ブロックチェーンベースのサービスがなかなか一般に普及しない理由は大きく2つあります。1つはユーザーが秘密鍵やニーモニックフレーズを管理する際の複雑さがストレスを与えていること、もう1つはパブリックブロックチェーンのパフォーマンスとコストに課題があることです。

この2つの使いづらさは、ソラナの強みであるコスト効率の高いトランザクションとTorusのソリューションを組み合わせることで解消される可能性があり、ブロックチェーンが誰にとってもアクセスしやすく、ユーザーフレンドリーでスケーラブルなものになるのではないかと期待されています。

ハミングボット(hummingbot)

ハミングボットは流動性マイニングと呼ばれるコミュニティベースのマーケットメイクソリューションを提供するプロジェクトです。ソラナのSOLトークンの流動性を確保するために、流動性提供者に対してインセンティブとして報酬を与え、市場取引を円滑にすることを可能にしています。詳しくはこちらの記事「Solanaが流動性マイニングキャンペーン開始を発表」で解説しています。

ポケット(Pocket)

ポケット(Pocket)ネットワークはアプリケーションのデータを必要とする開発者に分散型APIを提供する独自ブロックチェーンです。POKTと呼ばれるネイティブトークンを備えたテンダーミント(Tendermint)コンセンサスエンジン利用のプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しています。こちらの記事「分散型APIソリューションPocket(ポケット)がSolana(ソラナ)を統合」でも解説しています。

Kin

大手メッセンジャーアプリKik運営元が取り組むブロックチェーンベースのプロジェクトKinは、現時点ではソラナエコシステムに参加しているわけではありませんが、今後現在のKinブロックチェーン(ステラのフォーク)からソラナへの移行検討していることを明らかにしています。詳しくはこちら記事「なぜKinはステラ(Stellar)からソラナ(Solana)への移行を検討しているのか」をご覧ください。

【こんな記事も読まれています】
Solana(ソラナ)財団が透明性確保のための月刊レポート配信開始、その内容とは?
Solana(ソラナ)8つのイノベーション、「Pipelining」「Cloudbreak」「Archivers」解説
ソラナ財団(Solana Foundation)のビジョンと主な取り組み


前のニュース米金融最大手ゴールドマン・サックスがビットコイン(BTC)を嫌う理由が明らかに
次のニュース「中央銀行デジタル通貨(CBDC)が生む新しいメカニズムの可能性」国際決済銀行レポート
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。