【墨汁速報】イーサリアムDeFi 「dYdX」ガバナンストークンDYDXをローンチ、給付金をもらう条件は?

イーサリアムDeFi(分散型金融)のデリバティブ取引所dYdXは、ガバナンストークンとなる「DYDX」をローンチ。過去にdYdXを利用したことがあるユーザーに対して初期割当(Retroactive Mining Rewards)を行い、俗に言うDeFiの「給付金」が対象者に付与される。

dYdXのガバナンストークン

イーサリアム上のハイブリッドレバレッジDEXである「dYdX」はかねてから噂されていたガバナンストークン「DYDX」をローンチ。これはユニスワップ(Uniswap)のUNIやカーブ・ファイナンス(Curve Finance)のCRVなどと同様に、dYdXの今後の方向性を決定する「ガバナンス」に参加できるトークンだ。

dYdXのユーザーに対する初期割当は発行された10億DYDXのうちの7.5%となっており、流動性提供やステーキングなどの継続的報酬に10%、コミュニティファンドに5%、dYdXの投資家に27.7%、運営や将来的な雇用に合計で23.3%が割り振られている

出典:dYdX Foundation - DYDX発行の割当グラフ

DYDX給付金対象条件は?

DYDXの初期割当、通称給付金(Retroactive Mining Rewards)の対象条件には

  1. 過去にL1またはL2で売買をしていること
  2. レンディングをしていたこと

となっており、2021年7月26日に0:00UTCまでに行っていることが条件となっている。レンディングは310.75DYDXで、トレード数量が100万ドルを超えている場合、最も多い9529.86DYDXを得ることができる。

出典:dYdX Foundation - DYDX給付金一覧(Retroactive Mining Rewards)

DYDX給付金をもらうには?

dYdXは現在L2となるパーペチュアルコントラクト(Layer 2 Perpetuals )への移行を促進しており、イーサリアム上のオンチェーンとのハイブリッド取引であるマージン取引やスポット取引で対象の場合、まずはアカウントを作成する必要がある。

またDYDX給付金を得る条件にはレンディングの場合L2のパーペチュアルで1回のトレード、それ以外は500ドル、10万ドル~と4段階設定されている取引量をクリアしなければならない。筆者が確認したところこの取引量はL1とL2共通となっており、L2ですでに取引している場合に取引量が足りていれば追加の取引は不要となっている。

DYDXをClaim(発行)するには?

またこの初期割当となる「Retroactive Mining Rewards」は、28日間を1つのEpochという期間とし、Epoch0が終了した約8日後の2021年9月8日まで送金がロックされている点に注意が必要だ。この初期割当ロック解除後にClaim(発行)や投票権の委託などのガバナンスが開始される。

2021年8月31日UTC15:00のEpoch0終了時までにClaimされなかったDYDXは、コミュニティファンドに徴収される仕組みとなっているため、それまでに条件を達成しておく必要がある。

現時点ではDYDXは売買や送金ができないということになるため、同様のティッカーを持つ偽トークンを売買しないように注意が必要。


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムステーキング10万アカウント突破 イーサリアムの今後に貢献する理由とは?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムステーキング10万アカウント突破 イーサリアムの今後に貢献する理由とは?
イーサリアムのステーキング数は320万ETH(約4,700億円)を超え、イーサリアム2.0上でアクティベート(正式登録)されたバリデータ数は記念すべき10万を超えた。バリデータ数の増加は今後のイーサリアム2.0の次の開発となる「フェイズ1」のセキュリティを確保する重要な指標となる。
【墨汁速報】モルガン・スタンレー ビットコイン投資を富裕層へ提供するとリーク
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】モルガン・スタンレー ビットコイン投資を富裕層へ提供するとリーク
モルガン・スタンレーは、富裕層クライアントへビットコイン投資を行うことができるビットコインファンドへのアクセスを提供するという。JPモルガンの間接的な仮想通貨への投資を行うバスケット取引に対し、モルガン・スタンレーは米投資銀行として初となる富裕層へのビットコインへの投資を提供することになる。