【墨汁速報】イーサリアムマイニングを終了しPoS移行のETH2統合に開発者同意

イーサリアム2.0リサーチャーは、既存のDeFi(分散型金融)などに使用されているイーサリアムレガシーチェーン(ETH1)と、ステーキングでバリデータが参加しているイーサリアム2.0(ETH2)のマージ(統合)をコミュニティが望んでいるために行うことを提案。イーサリアムファンデーションのETH2開発チームはマイニング必要とする現在のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を終了してPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への完全移行に合意しているという。

ETH1とETH2のマージ(統合)とは?

現在のイーサリアムネットワークは、2020年12月1日にローンチしたイーサリアム2.0Beacon Chain(以下ETH2とする)とDeFiやNFTマーケットなどが展開されているイーサリアム1.0レガシーチェーン(以下ETH1とする)が並行に存在している。

イーサリアムネットワークの形成にはマイニングを必要とするETH1とステーキングによるバリデータを必要とするETH2で主な仕組みが異なり、将来的にETH1とETH2がマージ(統合)されることになっている。ここでのイーサリアム2.0とのマージはPoWからPoSに移行し、マイニングを終了するというものである。

マイニングの終了と新たなイーサリアム

このETH1とETH2のマージでは、

ETH1:ブロック生成とステート
ETH2:イーサリアムのメインコンセンサス

の2つに別け、マイニングを必要とするPoWを終了し、ステーキングでバリデータを必要とするPoSへ完全に移行するというものである。現在のイーサリアムはETH1だけでネットワークを構成しているが、このマージではETH1+ETH2で1つのイーサリアムネットワークとして構成するということになる。

イーサリアム2.0の送金レイヤーであるShardingを実装するフェイズ1以前にマージするということであるため、実装は今年から来年にかけて行われるものであると推測される。

ETH1とETH2統合のプルリクエスト

ETH2の統合はプルリクエストとしてGitHubで既に議論が始まっている。当初の提案は約1年前であり、EIP-1559のロンドンハードフォークでの実装決定などにより、マイナーの反対が出ていることなども関係しているだろう。

一部のマイナーは4月1日に51%攻撃を行う提案を行うなど、ETH2のマージを加速させてマイニングを廃止する動きが早まっているといえるだろう。イーサリアムはローンチ前からPoSに移行することが前提で開発されており、5年の月日を経て具体的な移行が決まることになるだろう。

【こんな記事も読まれています】
イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の仕組みや32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、DeFiの仕組みやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
インタビュー
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
グループ会社に仮想通貨交換業を営むGMOコインを持つ、GMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏に2019年の仮想通貨業界とこれからの動き、そしてGMOインターネットグループで発行予定のステーブルコイン「GYEN」について聞きました。