ゲーマーの約半数が「NFT聞いたことある」、それでも保有は3%

Web3事業を手掛けるコーダ・ラボズ(Coda Labs)はこのほど、ゲーマーに対するWeb3やブロックチェーンに関する意識調査の結果を発表した。

仮想通貨に対する感情では日本が最下位

今回の調査は、日本と南アフリカ、ブラジル、イングランド、アメリカの5か国の合計6921人を対象に2022年6月に行われた。また今回の調査では、仮想通貨にほとんど触れたことがない「ゲーマー」とゲームと仮想通貨の両方に定期的に触れている「仮想通貨ゲーマー」、仮想通貨には触れているがゲームはほとんどやらない人「仮想通貨非ゲーマー」の3種類に分類している。日本の対象者は、ゲーマー90%、仮想通貨ゲーマー8%、仮想通貨非ゲーマー2%と分類されていた。

今回の調査では、仮想通貨に対する感情、NFTとゲームなどについて聞き取りを行っている。10段階表示で1を否定的、10を肯定的として評価し、仮想通貨に対する感情では全対象者平均は5.2だった。ユーザーの分類別に見ると、ゲーマーが4.5で仮想通貨ゲーマーが8.1、仮想通貨非ゲーマー8.1だった。さらにモバイルゲームを主にやっている層への質問では5.2だった。また、国別の調査結果では、日本3.7でブラジル7.0、南アフリカ6.9、アメリカ4.8、イングランド4.8となっている。

ゲーマーの約50がNFTを所有

NFTに関しては「NFTを聞いたことがあるか」という質問に対し、「はい」と回答したゲーマーは51%だった。さらに「NFTを所有しているか」という質問では、ゲーマーの3%が複数のNFTを所持していると回答した。「少なくとも1つ以上のNFTを所有しているか」という質問に対しては、仮想通貨ゲーマーの46%、仮想通貨非ゲーマーの62%が「所有している」と答えている。

また「ゲームに関連するNFTを所有しているか」という質問に対しては、ゲーマーの60%、仮想通貨ゲーマーの78%、仮想通貨非ゲーマーの85%が所有していると回答した。また、NFTを所有していないゲーマーに対して「今後NFTを所有する可能性についても尋ねたところ、59%が「所有する可能性が低い」、12%が「所有する可能性が高い」と回答した。29%は「所有するかもしれない」と答えた。なお、NFTに対する感情値の平均は5.0で、分類別に見るとゲーマーが4.3、仮想通貨がゲーマー7.5、仮想通貨非ゲーマーが8.1だった。

参考
The global Web3 Gamer Study

【こんな記事も読まれています】
Web3ゲーム企業のホライズンがポリゴンなどから約58億円の資金調達に成功
ソラーレ(Sorare)がNBA・NBPAとパートナーシップ締結!基本プレイ無料となるNFTゲームは今秋リリース予定
ACミランがブロックチェーンゲーム「モンキーリーグ」のパートナーに就任

おすすめの記事
【墨汁速報】Fantom(FTM)やYearn(YFI)の創設者Andre氏 DeFiや仮想通貨の開発から離れることを発表
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】Fantom(FTM)やYearn(YFI)の創設者Andre氏 DeFiや仮想通貨の開発から離れることを発表
イーサリアムで莫大な人気を誇るDeFiのアグリゲーターYearn Finance(YFI)や、DAGベースのイーサリアムEVMを実装したFantom(FTM)で有名なAndre Cronje氏がDeFiや仮想通貨の開発を離れることを発表。このAndre氏の発表を受けてYFIは最大で約13%、FTMは約7%の下落となっている。
【墨汁速報】破産した仮想通貨レンディング”セルシウス” 600億円規模のstETHを引出し開始
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破産した仮想通貨レンディング”セルシウス” 600億円規模のstETHを引出し開始
2022年の仮想通貨長期下落トレンドの連鎖倒産で破産し、再生を目的としたチャプターイレブン中の仮想通貨レンディング企業”セルシウス(Celsius)”が運用していたイーサリアム(ETH)の引出しを開始した。これらの運用されていたETHは流動性ステーキングプロジェクトのライド(Lido)ファイナンスを介して行われており、約24万ETHが既にセルシウスによって引出しリクエストされている。