SerumとSolanaが共同でDeFiハッカソンを開催

Serum(セラム)とは海外デリバティブ取引所大手のFTXによるDEX(分散型取引所)プロジェクトです。Solana(ソラナ)はSerumで使われるブロックチェーンで秒間5万トランザクションを処理でき手数料も安い点を強みとしています。 

グランドプライズは約2,000万円

今回このSerumプロジェクトとSolanaファウンデーションが共同でハッカソンを開催することを発表しました。このイベントは2021年2月15日から3月1日まで世界のどこからでも参加することができます。Sushi SwapやAave、Dydxなどの有名DeFiプロジェクトやコインゲコ、Circleなどのクリプト企業やプロジェクトがハッカソンのサポーターとなっています。

ハッカソンのグランドプライズを受賞すると200,000ドル(約2,100万円)の資金が、プロジェクト継続のために付与されます。1位~3位、コミュニティ賞なども用意されているほか、参加賞として100USDC(約1万円程度)が配られます。

審査員にはSolanaのファウンダーであるアナトリー・ヤコヴェンコ(Anatoly Yakovenko)氏をはじめ、FTXのサム・バンクマン-フライド(Sam Bankman-Fried)氏、Circleのジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)氏など豪華なメンバーが名を連ねています。

ハッカソンの概要

参加者及びチームは、ハッカソンの締め切りまでにプロジェクトを1つ提出することができ、締め切り後にSolanaチームからプロジェクトのリストを審査員に送ります。各プロジェクトは以下の項目で評価されます。

  • 能性
  • インパクト
  • 新規性
  • デザインとUX
  • コンポーザビリティ

またハッカソンに参加したいけれど、これから誰か一緒にプロジェクトに取り組む人を探したい場合はこちらのページから探すことができます。
DeFiハッカソンは複数開催されていますが、今回は注目を集めるSerumとSolanaのハッカソンであるということもあり、プロジェクトを提出すればハッカソンの参加賞も手に入れることができます。興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

ハッカソンに参加する前にSerumとSolanについて学ぶには、昨年やさしいDeFiが開催していたイベントの動画がおススメです。

【ハッカソン開催概要】
日時:2月15日~3月1日
場所:https://solana.com/defi (オンライン、グローバル)

    【賞金】

  • グランドブライズ:200,000ドルのシードファンディング
  • 1st place:50,000ドルとSolanaグッズ
  • 2nd place:20,000ドルとSolanaグッズ
  • 3rd place :10,000ドルとSolanaグッズ
  • コミュニティ賞:5,000ドルとSolanaグッズ
  • Sushi Swap賞:50,000ドル
  • Torus賞:2,000ドル
  • 参加賞:100USDC:100ドル

参加申し込みはこちらから

おすすめの記事
【墨汁速報】イーサリアムL2ブリッジ ホップ(Hop Protocol)がHOPエアドロップを発表
ニュース
【墨汁速報】イーサリアムL2ブリッジ ホップ(Hop Protocol)がHOPエアドロップを発表
イーサリアムのL2とEVMチェーンへのブリッジを提供するホッププロトコル(Hop Protocol)は、ガバナンストークンのHOPトークンの発行とエアドロップ、Hop DAOのローンチを発表した。イーサリアムL2関連のエアドロップはオプティミズム(Optimism)のOPトークンにより、今後もトレンドとなっていくだろう。
【墨汁速報】イーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジWormhole損失補填にHOLEトークンを機関投資家に売却か
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジWormhole損失補填にHOLEトークンを機関投資家に売却か
2月にハッキングを受けて12万ETH(約450億円)以上の被害を受けたイーサリアムとソラナ(SOL)のブリッジプロジェクトである「ワームホール(Wormhole)」は、その損失の補填として約245億円を調達するためHOLEトークンを機関投資家向けにプライベートセールを行うというリークがあった