【墨汁速報】推定170億円の被害 仮想通貨取引所”ポロニエックス”ハッキング

米仮想通貨取引所でトロンの創設者であるジャスティン・サン(Justin Sun)氏によって買収されたポロニエックス(Poloniex)がハッキング現在進行形で被害を受けている。現在もポロニエックスハッカーはドレインを続けており、推定被害は1億ドルを超えて日本円で170億円を超える推計となる。

関連記事:【墨汁速報】「仮想通貨の冬」を長引かせた主要人物が全員逮捕へ 相場復活のきっかけとなるか?

米仮想通貨取引所170億円超えのハッキング

米仮想通貨取引所でかつてバイナンス(Binance)が一世を風靡する前に最大手となったアルトコイン取引所の”ポロニエックス(Poloniex)”のホットウォレットから1つのアドレスに巨額の引き出しが行われ、ハッキングに現在進行形で被害を受けている。

当初の被害は10億円程度であったものの、筆者の速報時には現在進行形で被害が続いており、推定被害総額は日本円で170億円を超えることがわかった。早い段階で被害には気づいたものの、ポロニエックス側になすすべがなかったようでホットウォレットのほぼすべての仮想通貨が盗まれてしまったということになる。

ポロニエックスはトロンの創設者であるジャスティン・サン氏に買収されており、その影響でトロン側でも被害が拡大。トロン上のドルステーブルコインのUSDTやビットコインなども被害にあっている。

関連記事:【墨汁速報】破産疑惑の仮想通貨取引所"フォビ"に不審な約300億円の入金 広報はジャスティの関与を否定

ジャスティン・サン2度目のハッキング

ジャスティン・サン氏はポロニエックスの買収後に間接的に中国元三大取引所であるフォビ(Huobi)を買収しており、その後HTXという名称に変更している。解明直後に5000ETHをHTXからハッカーに盗まれており、ジャスティン・サン氏はこれらの被害を補填すると発表した。

今回のポロニエックスのハッキング対して「十分な資金がある」として同様の補填を発表しているものの、被害総額は当初の推計から大きく広がり170億円を超える被害となっている。ジャスティン・サン氏はイーサリアム上で2017年にICOを行ってTRXを売却、その資金で現在のビジネスを拡大している。ICOでは7000万ドルを調達し、約50%の500億TRXを保有している形だ。

2017年にはTRX価格は0.35ドルを記録、2021年には最高値を超えられず0.18ドルを記録し、現在は0.1ドル前後を推移している。もし最高値で売却したと考えるとジャスティン・サン氏の余剰資金は130億ドル(約1.96兆円)であり、もちろんすべてが利用することができないにしろ10分の1が1960億円ほどとなるため、買収費用等を考慮しても補填するだけの資金はあるといえるだろう。

ただしポロニエックスはすでに新規仮想通貨投資家には知られていないマイナー取引所となっており、フォビ(HTX)も破産疑惑が度々上がることから今回のハッキング被害は痛手となったことは間違いないだろう。

関連記事:【墨汁速報】米PayPal ”ステーブルコインPYUSD”に関してSECから召喚状を受け取ったと公表

 

▼仮想通貨(暗号資産)の仕組みや技術、規制の市場影響を勉強するなら「墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界」!他では見ることができないより詳しい内容を投資家向けにわかりやすく解説

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】破綻したFTXの仮想通貨取引所「FTX.com」サービス再開か?新CEOが可能性を検討
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】破綻したFTXの仮想通貨取引所「FTX.com」サービス再開か?新CEOが可能性を検討
破綻した仮想通貨最大手FTXグループの新CEO、ジョン・J・レイⅢ氏は同グループのインターナショナル仮想通貨取引所である「FTX.com」のサービス再開を検討していると述べた。このFTX.com再開報道からFTT(FTXトークン)は35%の高騰となり、一時2.45ドルを記録した。