東京で開催!Solanaの「Tokyo Hacker House」レポート

ソラナファウンデーション主催のオフラインイベント「Tokyo Hacker House」が5月の25日から29日までの5日間、東京で開催されました。

ソラナの「ハッカーハウス」は世界中の都市で行われているオフラインイベントで、ソラナに所属するエンジニアやパートナー、ソラナを使ったプロジェクトのファウンダーなどの話を聞いたり自分のプロジェクトに取り組むことができる開発者や起業家向けのイベントです。分散型金融やNFTなどジャンルを問わずさまざまなテーマについて学んだり、他の起業家や仲間に会うこともできます。

これまでアメリカやヨーロッパ、アジアではシンガポールなどで開催されていましたがついに東京でも開催されました。

ついに東京で開催!ハッカーハウスの様子

東京のハッカーハウスは寺田倉庫で行われました。会場で受付を済ませると、目の前にはソラナカラーである紫色に照らされた大きなスペースが広がっており、まさに海外映画などに出てくるような天才ハッカーがいそうな雰囲気でした。

Solana Tokyo Hacker Houseすでにちょっと紫のライトが見える受付前

Solana Tokyo Hacker House出入口近くの写真スポット

Solana Tokyo Hacker HouseNFT展示スペース

ステージはプレゼンも

受付では T シャツや帽子などのお土産が配られ、その他にもコーヒーやお弁当なども提供され至れり尽くせりでした。会場の半分はモニターや電源が置いてある作業用エリアで、もう半分は NFT の展示や参加者も書き込み可能な大きな塗り絵が設置されていました。

そして会場の一番前にはスピーカーが話すためのステージが用意されています。ステージではスピーチやパネルディスカッション、ピッチセッションが行われ、Solanaを使ったプロジェクトを進める日本人ファウンダーのCEGA豊崎氏やUXD稲見氏などもプレゼンを行っていました。

参加登録をしている人は好きな時に来て、この会場で思い思いの時間を過ごし好きな時に帰ることができるコワーキングスペースのような運用になっていて、ゲーム機も4台用意してあり遊んだり息抜きもできるようになっていました。

Solanaのコミュニティに参加しよう

ハッカーハウスは終わってしまいましたが、日本ではSolanaについてもっと知りたいユーザーが集まって毎月オンラインミートアップを開催しています。TelegramやSolana Japanのツイッターで交流したり告知が行われているので興味のあるひとはのぞいてみてはいかがでしょうか。

日本語ツイッター:https://twitter.com/SolanaJapan
日本語テレグラム:https://t.me/solanajapan
===
ステークフィッシュ
この記事はstakefishからコンテンツ協力を得て提供しています。stakefishは暗号資産ユーザー向けのステーキングサービスを提供しています。Ethereumをはじめとした様々なノード運用の実績を元にサービスを提供しており、ユーザーは秘密鍵を渡すことなくステーキングができます。stakefishによるステーキングサービスの詳細を知りたい方は是非下記のリンクをご参照ください。

参照:https://stake.fish/ja/

おすすめの記事
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
インタビュー
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来
グループ会社に仮想通貨交換業を営むGMOコインを持つ、GMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏に2019年の仮想通貨業界とこれからの動き、そしてGMOインターネットグループで発行予定のステーブルコイン「GYEN」について聞きました。