P2Eゲーム「メカファイトクラブ」を開発するイレヴレント・ラボ52億円の資金調達

プレイ・トゥ・アーン(Play to earn)ゲームの「メカファイトクラブ(MechaFightClub)」を開発するイレヴレント・ラボ(Irreverent Labs)が5月10日、4000万ドル(約52億円)の資金を調達したと発表した。

ロボットの鶏が戦うメカファイトクラブ

2021年に創業したイレヴレント・ラボは、設立のために、アメリカのベンチャーキャピタルであるアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz:a16z)のゼネラルパートナーであるアリアナ・シンプソン(Arianna Simpson)などの投資家グループから500万ドル(約6億5,0000万円)を調達している。

メカファイトクラブは、総合格闘技やたまごっちなどの要素を取り入れた、ロボットの鶏が戦うゲームだ。ゲームに登場するすべてのキャラクターは、個々にユニークなノンプレイヤーキャラクター(NPC)であり、ブロックチェーン上でNFTとして登録されている。戦うロボットの鶏はメカボット(mechabots)と呼ばれており、個々のプレイヤーがメカボットを所有する。このメカボットを使ってお金を稼ぐことが可能だ。メカボットの強さを競うものもあれば、知能や耐久力など、さまざまな特性を競うものもある。

今年の夏には最初の試合を開催

イレヴレント・ラボは、今回調達した4,000万ドルを使って、新しい技術やアート、ストーリー、ゲームのビジョンを構築するためにチームを強化するという。今後は、2022年6月末までにNFTがミントされる予定。また最初の試合は夏までに開催し、トーナメントの開催も予定している。また、第2弾となるメカボットのミントも2022年末までに、早ければ今年の夏ごろに実施するという。

a16zのゼネラルパートナー、アリアナ・シンプソン氏は、「イレヴレント・ラボは、その軽快な面白さとは裏腹に、近未来のメカ格闘ゲームの上に高度な技術を構築する奥の深いテクノロジー企業だ。彼らが作っているソフトウェアはユニークで、今後数ヶ月のうちに開始する予定のWeb3エコノミーと組み合わせることで、アーティストやミュージシャン、エンジニアなど、あらゆるクリエイターがゲームとストーリーのさらなる発展で役割を果たすことができるようになるだろう」と語った。

参考
Irreverent Labs has finished our $40m series A! We welcome our new (and repeat) investors to the MFC community…

【こんな記事も読まれています】
メタバース市場は2026年までに約86兆8,000億円に成長、調査会社テクナビオが発表
2027年NFT市場規模は1兆7,800億円に成長、米調査会社マーケッツアンドマーケッツが予測
メタバース企業のインフィニットが590億円でeスポーツ大手ReKTを買収

おすすめの記事
リスク回避の切り札はビットコイン、著名な実業家がアメリカの経済危機に警告
仮想通貨ニュース
リスク回避の切り札はビットコイン、著名な実業家がアメリカの経済危機に警告
米国の著名な投資家でありベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の著者でもあるロバート・キヨサキ氏の最新ツイッター投稿が注目されています。彼の分析によると、米国経済はすでに破綻を迎えており、その危機を回避するためにはビットコイン(BTC)に投資すべきだということです。
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】イーサリアムをマージで分裂させるイーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアが公開
イーサリアムがマイニングを廃止してプルーフ・オブ・ステークへ完全移行する一大大型アップデート「The Merge(マージ)」に向けて、中国人マイナー達は自身の利益を守るためにイーサリアムをフォーク(分裂)させるための「イーサリアムPoW(ETHW)のソフトウェアであるGethを公開した