【墨汁速報】CMEイーサリアム先物ついに開始へ 30分で2.5億円と順調な滑り出し

編集部おすすめ

【【墨汁速報】イーサリアム2.0遂に正式開始 約580億円分のETHがステーキングされる

米最大手デリバティブ取引所CMEは日本時間8日午前8時、イーサリアム先物の取扱開始した。CMEが仮想通貨の先物を取り扱うのは2017年12月のビットコイン先物以来であり、2例目となる。

関連記事:【墨汁速報】CMEイーサリアム先物を2021年2月8日に上場発表 ビットコイン先物3周年を機に

CMEイーサリアム先物の取引開始へ

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は、月曜日のマーケットオープンに合わせ予定どおりイーサリアム先物の取扱を開始、開始価格は1669.75ドルとなっている。

CMEイーサリアム先物は1コントラクト50ETHでの取引であるため、現在のイーサリアム価格から換算すると、17,0000円(ETH価格) * 50ETH(1ロット) = 約850万円となっている。

ETH価格の高騰も相まって1コントラクトで約850万円だ。

CMEイーサリアム先物の出来高

CMEの公式によると、イーサリアム先物の8日8時30分現在の出来高は30コントラクトとなっており、約30分で1500ETH、日本円にして2.55億円相当になり、順調な滑り出しだと言えるだろう。

CMEは四半期先物及び四半期以外の各限月のイーサリアム先物を提供しており、2月物は2021年2月26日まで取引を行うことになり、2021年3月1日にCME初のイーサリアム先物が決済される予定だ。

出典:CME

イーサリアム需要

イーサリアムは2017年の仮想通貨バブルのドル建て最高値1427ドルを大きく超え、2021年2月6日には1760ドルを記録。これは約1年前のコロナショック時の16倍の高騰となっており、背景には2020年7月から続くイーサリアム上の金融「DeFi(非中央集権金融)」でのETHを運用した利回りの需要や、ブロックチェーンの歴史を塗り替える可能性を持つ「イーサリアム2.0」のステーキング需要など多岐にわたる需要の増加が高騰要因となっている。

株と大きくことなり、ETHを実際に利用してイーサリアム上に展開される多くのコントラクト(プログラム)を使用できるという実需要は、仮想通貨独特なものと言えるだろう。イーサリアムのトークンであるETHは、これらのDeFiを使用するための手数料やトークンを借り入れするための担保資産、イーサリアム上で売買ができる流動性を提供や、32ETHをデポジットしてイーサリアム2.0ネットワークに参加し、報酬を得るなど多様な運用で不労所得を得られるなどこの3年で著しい発展をしている。

今後もイーサリアム2.0の開発動向、DeFiの進化、CMEイーサリアム先物開始による市場の変化はめまぐるしいものとなり、注目必須だ。

【こんな記事も読まれています】
イーサリアムは今後20万円へ高騰するのか?エコシステムから見る2017年との違い
イーサリアムがいかに成長しているか8つのチャートで解説
2021年イーサリアム(ETH)に期待できる3の理由

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースBinace Smart Chainの主要なプロジェクトを厳選して紹介
次のニュース【2021年版】テゾス(XTZ)を買うなら知っておきたい基礎知識
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者