【墨汁速報】テラ(LUNA)の創業者Do Kwonが96億円相当のビットコインを取引所へ送金 逃走資金確保か?

1日にしてほぼ価値が0になったテラが発行する仮想通貨のLUNA暴落事件により韓国で逮捕状が発行されていた創業者のドー・クォン(Do Kwon)が約96億円相当の3,313BTCを仮想通貨取引所のクーコイン(Kucoin)とOKXに送金していたことが分かった。

送金分のうち1354BTCが韓国当局の要請によって凍結されており、逃亡資金としてのビットコイン売却を画策していたと見られている。

関連記事:【墨汁速報】テラのLUNA価格が最高値から1ヶ月で74000分の1へ暴落 仮想通貨取引所が次々に取引停止に

96億円相当のビットコインを仮想通貨取引所に送金

韓国メディアの報道によるとLUNAを発行するテラ(Terra)の創業者であるドー・クォンはルナファンデーションガード(LFG)が有する3313BTCを仮想通貨取引所のクーコインとOKXに15~18日にかけて送金していたことが判明。

ドー・クォンに対してはLUNAの大暴落に伴い韓国当局が資本市場法違反として逮捕状を14日に発行、さらに26日にはインターポールが国債逮捕手配書のレッドノーティスを韓国当局の要請で発行していた。

LFGはLUNA価格が暴落した際に保有していた80,000BTCを対LUNAに対して売却しており、公開されているウォレットには残り313BTCしか残っていなかった。

関連記事:【墨汁速報】テラのLUNA裏付けの80000BTCをLFGが売却していたと発表 LUNAとUSTを大量に保有

送金された1354BTCを凍結

韓国で逮捕状が発行された翌日、突如としてバイナンスウォレットでLFGのアカウントが作成され、1959BTCがOKXに、1354BTCがクーコインに15日から18日にかけて入金されたという。

クーコインは韓国当局の要請によりこの1354BTCを凍結したのに対し、OKXは要請を無視して1959BTCを凍結していない。Do Kwonは約57億円相当のビットコインを他の取引所に送金したか、売却したと見られている。

OKXはこの要請を無視した理由として1959BTCを既に複数の仮想通貨取引所にDo Kwonが送金したからであるとしており、今回の送金はロンダリングを目的としたものであるということが分かる。

Do Kwonは逃亡を否定していた

一方でドー・クォンはツイッター上で逃亡を否定しており、政府との協力をし逃げ隠れしないとツイートしている。韓国の元検察当局者によると通常の操作では逮捕状発行後に容疑者の口座から巨額の資金が送金された場合、マネーロンダリングや逃亡資金としての活用を疑うのは当然であるとしており、検察官は逃亡資金として使われるか確認すべきだと述べている。

このLUNAの暴落は破産した最大手仮想通貨ヘッジファンドのスリーアローズキャピタルやセルシウスなどの最初のきっかけだったといえる。さらに資金貸付を行っていた仮想通貨レンディング企業の連鎖倒産などの大きな影響を与えており韓国当局は自体をより重く考えているとみられる。

関連記事:【墨汁速報】破産の仮想通貨ヘッジファンド3ACの資産凍結 スリーアローズの創業者は雲隠れ

▼墨汁サロンでは投資家向けにDeFiやイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
仮想通貨取引所
ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金などの使い方や評判を解説!
日本の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも知名度が高いbitFlyer(ビットフライヤー)。そんなビットフライヤーの口座開設方法の流れやアプリの使い方、お得なキャンペーン情報をまとめて紹介します!初心者でも分かりやすいよう、実際の画面画像を使いながら1つ1つ解説していきます。