Solana X SerumのDeFiハッカソン結果発表!500万円分の賞金を手にしたプロジェクトは?

すでに急速に成長しているエコシステムを加速させるために、Solana Foundation(ソラナファンデーション)は先日、Solanaのエコシステムの代表的なプロジェクトであるSerumと協力して、オンラインDeFiハッカソンを開催しました。このイベントでは、世界中から人気のDeFiプロジェクトや開発者が集まり、2週間にわたってSolanaとSerumを使ったプロダクトの開発を行いました。

SolanaとSerumの共同ハッカソン

ソラナファンデーションが力を入れている今回のハッカソンには3,000人以上の参加者が集まり、DEX、ツールやレンディングなど、100のプロジェクトが提出されました。

提出されたすべてのプロジェクトは公開ディレクトリで見ることができます。また、今回のハッカソンでは、世界中の優秀なチームが参加したことに加えてソラナファンデーションが、ドキュメンテーションやツールなどの改善も行っているで、興味のある方はぜひ見てみてください。

SolanaまたはSerumが組み込まれていることが成果物の必須条件で、プロジェクトの審査項目は①機能性、②潜在的なインパクト、③新規性、④デザイン、⑤コンポーザビリティの5つです。参加者は斬新なDeFiアプリを作ることが奨励されていますが、インフラやDeFiのエコシステムに影響を与えるようなツールを作ることもできます。

ソラナハッカソン審査員

業界内では有名な投資家やプロジェクトのファウンダーらが審査員を務め、9つの優秀なプロジェクトを選出しました。またソラナファンデーションの記事によると、応募の中でも50以上のプロジェクトが質の高いものだったそうです。

Solana x Serum DeFiハッカソンの結果発表!

それではSolana x Serum DeFiハッカソンの受賞者である2つのプロジェクトを紹介します。

Mango Markets

マンゴーマーケットイメージ

Mango Markets(マンゴーマーケット)は、最大5倍のレバレッジとSerum DEXのオンチェーンオーダーブックでの指値注文を備えた分散型のクロスマージン取引プラットフォームです。メイカーもテイカーも、ソラナのブロックチェーン上で預金や証拠金のポジションに利息を得ることができます。また手数料をほぼゼロにして取引することができます。さらに、ユーザーはSRMを共同プールに流動性を提供することで、すべてのトレーダーの手数料を下げることができます。

Mangoのツイッター:https://twitter.com/mangomarkets
Mangoのウェブサイト:https://mango.markets/
MangoのGitHub:https://github.com/blockworks-foundation/mango-ui

PsyOptions

PsyOptions(サイオプション)は、SOLとSPLトークンをサポートしたアメリカンスタイルのオプションをSolanaに実装したプロジェクトです。PysOptionsは、レバレッジ商品、インバース商品、ボラティリティ商品に拡張し、合成することができます。アイデアの実現、しっかりしたロードマップと美しいインターフェースが評価されました。
サイオプションイメージ

PsyOptionsのツイッター:https://twitter.com/PsyOptions
PsyOptionsのテレグラム:https://t.co/SFP8AZYIJ5?amp=1

まとめ

コロナ禍の影響でオンラインでの開催でしたが、かなり質の高いプロジェクトが参加していたことが分かります。準優勝やコミュニティ賞のチームも面白いプロジェクトがそろっているのでまた別の記事で紹介します。

参考
Winners of the Solana X Serum DeFi Hackathon

おすすめの記事
【墨汁速報】米Kraken一時イーサリアムが7万円代へ暴落し-60% なにがあったのか?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】米Kraken一時イーサリアムが7万円代へ暴落し-60% なにがあったのか?
イーサリアム価格は米仮想通貨取引所クラーケン(Kraken)で一時700ドル(約7万3,000円)へ約60%の急落。市場平均価格を大幅に上回る記録的暴落となり、10分後には1,700ドルまで回復した。この暴落の背景にはイーサリアム上でのDeFi(分散型金融)が引き金となったと見られる。
仮想通貨禁止から規制に変更したインド、違反者には超高額の罰金予定
仮想通貨ニュース
仮想通貨禁止から規制に変更したインド、違反者には超高額の罰金予定
インド政府は仮想通貨の規制に関する閣議決定書の公表を行いました。これまで仮想通貨を禁止する方向で進んでいた中、政府としてはブロックチェーン技術の発展などの面から規制する考えに至ったようです。しかし、違反者には1年以上の懲罰や最大3億円以上にもなる罰金を科すことが予定されています。
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
仮想通貨ニュース
仮想通貨からの脱却を目指すロシア、CBDC取引への手数料設定と試験運用を準備中
中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の開発に特に注力しているロシアですが、CBDCを利用した取引に手数料を付与することが検討されています。ただし、通常の電信送金などよりも非常に小さな額となり、その使いやすさから仮想通貨に依存している現状を脱却することが期待されています。