• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • ブロックチェーン
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

長瀬雄壱

長瀬雄壱
フリージャーナリスト、大手マスコミのOB記者。在職中は社会部、科学部、外信部で記者活動を行なう。特に外信部では、10年余り海外特派員(3カ国)を務め、国際関係、政治、経済、社会、戦争取材など、あらゆる分野で記者活動を続けた。翻訳業務経歴は約50年あり、今でも海外ニュースを深くモニターしている。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

長瀬雄壱の記事一覧
長瀬雄壱の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

中国人民銀行がデジタル人民元(e-CNY)発行の意義を強調する白書公表

中国人民銀行がデジタル人民元(e-CNY)発行の意義を強調する白書公表

中国人民銀行(PBoC)がこのほど、デジタル人民元(e-CNY)に関するホワイトペーパーを公表しました。PBoCはここで改めてビットコインなど仮想通貨には本質的な価値がないと批判しています。内容を紹介します。
米国の50歳未満の半数近くの層でビットコイン投資(BTC)への関心強まる、ギャラップ調査

米国の50歳未満の半数近くの層でビットコイン投資(BTC)への関心強まる、ギャラ...

世論調査・コンサルティング会社ギャラップ(Gallup)の最新の調査リポートによると、若年層の投資家の間でビットコイン(BTC)を投資先の選択肢として考える人が増加していることが分かりました。レポートの詳細を紹介します。
経済学者タレブ氏がビットコイン(BTC)を「価値がなく、通貨として失敗」と批判

経済学者タレブ氏がビットコイン(BTC)を「価値がなく、通貨として失敗」と批判

「ブラックスワン」の著者であるナシム・ニコラス・タレブ(Nassim Nicholas Taleb)氏が、ビットコイン(BTC)は何ら価値もなく、通貨として失敗だと主張する文章を発表しました。内容を紹介します。
米投資家で実業家のロバート・キヨサキ氏がビットコイン(BTC)の買いを勧める理由

米投資家で実業家のロバート・キヨサキ氏がビットコイン(BTC)の買いを勧める理由...

米個人投資家で実業家であるロバート・キヨサキ(Robert Kiyosaki)氏が、最近のインタビューで、保身のためにゴールドやビットコイン(BTC)を購入すべきだと語っています。同氏の最近ツイッターへの投稿とあわせて紹介します。
中央銀行員は仮想通貨に寛容、スイスの投資銀USBが年次調査

中央銀行員は仮想通貨に寛容、スイスの投資銀USBが年次調査

世界の中央銀行の行員を対象にした調査で、その多くが暗号資産(仮想通貨)に寛容な態度を示していることが分かりました。中央銀行デジタル通貨(CBDC)にも言及されたスイスの投資銀行UBSによる調査結果の内容を紹介します。
ゴールドマンなど大手3社アナリストが仮想通貨市場の下半期を分析

ゴールドマンなど大手3社アナリストが仮想通貨市場の下半期を分析

ゴールドマン・サックスやブルームバーグなどのアナリストらの間では、ビットコイン(BTC)に対する見方は必ずしも一致しているわけではなさそうです。それぞれの見解と、今後のビットコインの見通しについて紹介します。
SECコミッショナーがビットコインETF不認可はダブルスタンダードと批判

SECコミッショナーがビットコインETF不認可はダブルスタンダードと批判

クリプトママの愛称で知られる米証券取引委員会(SEC)コミッショナーのヘスター・パース(Hester Peirce)氏が、SECがビットコインETFの申請を引き続き拒否しているのは時代遅れだと批判。発言の内容を紹介します。
DeFi(分散型金融)の橋渡しでビットコインとイーサリアムは「共存できる」との見方強まる

DeFi(分散型金融)の橋渡しでビットコインとイーサリアムは「共存できる」との見...

6月に開催されたCryptonews.com主催の「2021年ビットコイン(Bitcoin 2021)」において、参加者らの間でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は分散型金融(DeFi)が重要な役割を果たしながら、「共存できる」との見解が示されました。
欧州中央銀行(ECB)がCBDCを発行しないリスクを警告

欧州中央銀行(ECB)がCBDCを発行しないリスクを警告

欧州連合(EU)19カ国の中央銀行である欧州中央銀行(ECB)がこのほど「ユーロの国際的役割」というレポートを発表。同レポートの中で、デジタル通貨を発行しないことによるリスクについて言及しています。内容を一部紹介します。
大口投資家クジラが再度買い出動、ビットコイン(BTC)総供給量のほぼ半数を保有

大口投資家クジラが再度買い出動、ビットコイン(BTC)総供給量のほぼ半数を保有

暗号資産(仮想通貨)分析会社によると、仮想通貨の大口投資家の総称として知られるクジラがまたビットコイン(BTC)を買い集めているようです。クジラの動きに関するデータと、マイクロストラテジー(Microstrategy)社の動きをあわせて紹介します。
ビットコイン(BTC)で多くの利益を出した国は?

ビットコイン(BTC)で多くの利益を出した国は?

2020年から価格が大幅に高騰したビットコイン(BTC)。そんな中、誰が利益を得たのでしょうか?チェイナリシス(Chainalysis)が、仮想通貨の地理的分析に基づいて調査した、2020年の国別のビットコイン投資利益推測を紹介します。
中国のビットコイン(BTC)マイニング操業停止の波紋

中国のビットコイン(BTC)マイニング操業停止の波紋

中国政府は国内のビットコイン(BTC)マイニング事業への規制を進めてきています。世界でもビットコインのマイニングが盛んな地域である中国での今回の動きはどのような影響を与えているのでしょうか。詳細を紹介します。
ロシア外相がドル支配を脱する政策追求、仮想通貨は国際決済に

ロシア外相がドル支配を脱する政策追求、仮想通貨は国際決済に

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はこのほど、暗号資産(仮想通貨)が国際決済に重要な役割を果たすことは避けられないだろうとする見解を明らかにしました。ドル依存からの脱却を図るすロシアの動きをあわせて紹介します。
中国で暗号資産の締め付け強まる、デジタル人民元と仮想通貨は二律背反?

中国で暗号資産の締め付け強まる、デジタル人民元と仮想通貨は二律背反?

中国政府は、仮想通貨のマイニングの規制強化や大手SNSのウェイボー上の仮想通貨関連の情報をブロックしたりするのなど、仮想通貨に対する締め付けを強化する動きをみせています。そんな最近の中国の最近の動きをみていきます。
デジタル人民元の開発が最終段階に、北京で総額6億7000万円相当を配布

デジタル人民元の開発が最終段階に、北京で総額6億7000万円相当を配布

中国はこれまで中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発に取り組んできていました。そのデジタル人民元がいよいよ最終的な重要なテスト段階を迎え、北京市民を対象にデジタル人民元が配布されます。動向を紹介します。
米連邦準備制度理事会(FRB)が仮想通貨規制に本腰か

米連邦準備制度理事会(FRB)が仮想通貨規制に本腰か

暗号資産(仮想通貨)の注目度が高まったこともあり、世界の世界の金融監視機関はさらに規制上の堅ろうな枠組みを模索しています。金融の安定のリスクとなりうる仮想通貨に注意喚起するアメリカの連邦準備理事会(FRB)の動きについて紹介します。
CBDC開発トップは中国ではなくバハマ、PWCのリポート

中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発トップは中国ではなくバハマ、PWCのリポート...

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)のレポートによると、中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発の先頭を走っているのは中国ではないとしています。CBDC発行に最も近い国はバハマだとするPwCのレポートの内容を紹介します。
仮想通貨に風当たりの強い中国などトップ5カ国の現状を探る

仮想通貨に風当たりの強い中国などトップ5カ国の現状を探る

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は、決して世界のすべての国から歓迎されているわけではありません。そこで今回は、仮想通貨ビジネスにとって最悪な環境にあるとされるトップ5とされる国の状況を整理してみます。
「価値の保存」としてイーサ(ETH)はビットコイン(BTC)に勝る?

「価値の保存」としてイーサ(ETH)はビットコイン(BTC)に勝る?

デジタルゴールドとも呼ばれその特徴から「価値の保存」としての役割を期待されているビットコイン(BTC)。しかし、ゴールドマンサックスがイーサリアムが価値の保存の観点からビットコインを上回るかもしれないとのレポートを発表しました。
サザビーズ仮想通貨決済可能オークション実施、バンクシー作品が約14億円で落札

サザビーズ仮想通貨決済可能オークション実施、バンクシー作品が約14億円で落札

世界最古の競売会社のサザビーズ(Sotheby’s)が、匿名人気アーティストであるバンクシー(Banksy)の作品のオークションを業界で初めて仮想通貨による支払いを受け入れる形式で実施。概要を紹介します。
リゾートワールド・ラスベガスと取引所ジェミナイ提携、カジノで仮想通貨を受け入れへ

リゾートワールド・ラスベガスと取引所ジェミナイ提携、カジノで仮想通貨を受け入れへ...

統合型リゾートであるリゾートワールド・ラスベガス(Resorts World Las Vegas)が仮想通貨取引所のジェミナイ(Gemini)との提携を発表した。カジノでの仮想通貨の利用がみえてきた今回の発表の内容を紹介する。
NY市の年金基金を仮想通貨に投資する大胆な計画浮上

NY市の年金基金を仮想通貨に投資する大胆な計画浮上

ニューヨーク市会計監査官の候補者であるラシュマ・パテル(Rashma Patel)氏が、年金基金の一部を暗号資産(仮想通貨)に投資することを提案しています。ブロックチェーンにも言及している同氏の提案の内容を紹介します。
S&Pダウ・ジョーンズがビットコイン(BTC)など仮想通貨の3インデックスの提供開始

S&Pダウ・ジョーンズがビットコイン(BTC)など仮想通貨の3インデッ...

金融市場指数を提供しているS&Pダウ・ジョーンズがこのほど、初めて3種の暗号資産(仮想通貨)インデックスを立ち上げました。ビットコイン(BTC)とイーササリム(ETH)とこの2つを組み合わせた3つの指数いついて紹介します。
JPモルガンCEOが仮想通貨規制問題を早急に解決するよう訴える

JPモルガンCEOが仮想通貨規制問題を早急に解決するよう訴える

JPモルガンのジェイミー・ダイモン(Jamie Dimon)最高経営責任者(CEO)が、暗号資産(仮想通貨)の規制問題を急ぎ処理すべきと訴えています。これまでの同氏の仮想通貨に対する考え方などとあわせて紹介します。
VISAがCBDCに深くコミット【下】:中央銀行デジタル通貨に関わる5つの政策

VISAがCBDCに深くコミット【下】:中央銀行デジタル通貨に関わる5つの政策

暗号資産(仮想通貨)の幅広い受け入れを進めるVISA。今年の4月にアルフレッド・ケリーCEOが、同社の仮想通貨に関する5つの政策を明らかにしました。今回は、その5つの政策をはじめ、VISAの仮想通貨に関する取り組みをまとめます。
VISAがCBDCに深くコミット【上】:進む仮想通貨受け入れ

VISAがCBDCに深くコミット【上】:進む仮想通貨受け入れ

注目されるVISAの中央銀行デジタル通貨(CBDC)に深く関わる動き。VISAはすでにステーブルコインのUSDCの決済を開始しています。今回は、そんなVISAの仮想通貨受け入れの戦略に関して紹介していきます。
タイム社がメディア初、ビットコイン(BTC)決済を受け入れた理由は?

タイム社がメディア初、ビットコイン(BTC)決済を受け入れた理由は?

雑誌TIMEを発行するタイムが、ビットコイン(BTC)での決済を受け入れます。大手メディアとして仮想通貨の情報発信に留まらず、ビットコインの利用に踏み込むことになる。また同社は、受け入れたビットコインを保持し続けるという。
投資信託GBTCはETFに転換へ、グレイスケールがビットコインETF認可確信 

投資信託GBTCはETFに転換へ、グレイスケールがビットコインETF認可確信 

世界最大手デジタル資産運用会社グレイスケール・インべストメンツがビットコイン(BTC)投資信託「グレイスケールビットコイントラスト(GBTC)を、認可待ちのビットコインETFにそのまま転換する予定であることを発表しました。
機関投資家の74%「ビットコイン(BTC)はバブル」と回答、バンク・オブ・アメリカの調査

機関投資家の74%「ビットコイン(BTC)はバブル」と回答、バンク・オブ・アメリ...

バンク・オブ・アメリカの調査によると、ファンドマネジャーの4人に3人がビットコイン(BTC)はバブルであると考えていることが分かりました。今回発表された調査結果の内容と機関投資家の考えなどを紹介します。
米連邦準備理事会(FRB)がデジタルドルの2種のプロトタイプを7月にも公開へ

米連邦準備理事会(FRB)がデジタルドルの2種のプロトタイプを7月にも公開へ

米連邦準備理事会(FRB)は中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発を進めており、早ければ7月にもデジタルドルの2種のプロトタイプがリリースされる予定です。パウエル議長をはじめとした関係者のコメントなどをも紹介します。
ビットコインATMの設置台数が急増、2万台も目前

ビットコインATMの設置台数が急増、2万台も目前

2020年にビットコインATMの設置が目立って増加し、2021年に入っても増加傾向が続き、現在では世界72カ国に1万8000台近くのビットコインATMが設置されています。最近のビットコインAMTのデータに関して紹介します。
ビットコイン(BTC)ユーザーは4年以内に10億人に達し、市場規模は倍増へ

ビットコイン(BTC)ユーザーは4年以内に10億人に達し、市場規模は倍増へ

ブロックチェーンアナリストのWilly Wo氏が、ビットコイン(BTC)ユーザーが予想より早く10億人に達するとの見解を示しました。その他にもビットコインの時価総額が2~3カ月後には倍増するとの予想もあわせて紹介します。
ウォルマートがビットコイン(BTC)受け入れ発表か?新たなゲームチェンジャーに期待

ウォルマートがビットコイン(BTC)受け入れ発表か?新たなゲームチェンジャーに期...

最近、世界最大の小売スーパーチェーン「ウォルマート(Walmart)」が5月中旬に公表する四半期決算報告の中でビットコイン(BTC)に関する発表があるとのうわさがでてきています。ウォルマートとビットコインの関係について紹介します。
年金資産運用にビットコイン(BTC)など優良仮想通貨が注目される時代に

年金資産運用にビットコイン(BTC)など優良仮想通貨が注目される時代に

年金資産が暗号資産(仮想通貨)特にビットコイン(BTC)を資産運用のために競って購入する時代が到来しようとしています。イギリスの仮想通貨取引所の動きやコメントなど、年金とビットコインの関わりを紹介します。
新型コロナウイルスはデジタル通貨と分散型金融を加速する

新型コロナウイルスはデジタル通貨と分散型金融を加速する

新型コロナウイルスが仮想通貨に与えている影響は大きいとは言われますが、実際にどのような影響を与えているのでしょうか?既存の金融システムの変化、デジタル通貨の流通の加速や中央銀行デジタル通貨(CBDC)の台頭などを紹介します。
ビットコイン(BTC)採掘量の3分の2は米中4社が購入、企業戦略の一環

ビットコイン(BTC)採掘量の3分の2は米中4社が購入、企業戦略の一環

アメリカと中国の合わせて4社が購入したビットコインの量が、昨年8月からマイニングされたビットコイン(BTC)量の66%に相当していることが分かりました。どのような企業が購入しているのか、そして購入の背景にある戦略なども紹介します。
経験の浅い投資家の30%は購入したビットコイン(BTC)を1年以内に売却

経験の浅い投資家の30%は購入したビットコイン(BTC)を1年以内に売却

マーケットリサーチ会社のカーディファイ(Cardify)の調査結果によると、経験の浅い投資家は手にしたビットコイン(BTC)を1年も保持できない傾向にあることが分かりました。その他の個人投資家の資産の変動などレポートの内容を紹介します。
米認定投資家の4人中3人が年内にビットコインに投資、Xangleの調査結果

米認定投資家の4人中3人が年内にビットコインに投資、Xangleの調査結果

デジタル資産の情報開示プラットフォームであるXangleがレポートを発表。米国の認定投資家の多くが今年中に、ビットコイン(BTC)など暗号資産(仮想通貨)を購入する計画を進めているという。レポートの内容を紹介します。
ロシアがついに180度政策転換、デジタルルーブルの試験運用開始へ

ロシアがついに180度政策転換、デジタルルーブルの試験運用開始へ

このほどロシアで来年にも中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用が開始される可能性があることが報じられました。デジタルルーブルの発行へ向けた動きはどのような段階なのか、同国の中央銀行の発表などを紹介します。
「仮想通貨の時代が遂に到来」とマイケル・ノボグラッツ氏が断言する背景とは?

「仮想通貨の時代が遂に到来」とマイケル・ノボグラッツ氏が断言する背景とは?

マイケル・ノボグラッツ氏はビットコイン価格が今年末までに10万ドル(約1,090万円)に到達すると予想する人物の1人です。その彼が、「遂に暗号資産(仮想通貨)の時代が到来した」とツイッターに投稿した背景とは?
米国のビットコインETF許認可迫る、CBOEがETF上場をSECに申請

米国のビットコインETF許認可迫る、CBOEがETF上場をSECに申請

シカゴ・オプション取引所(CBOE)がビットコインETFの上場に向けて米証券取引委員会(SEC)に申請を行った。今回のビットコインETF申請は許可されるのか?これまでのビットコインETFに関する情報もあわせて紹介します。
SEC次期委員長候補ゲンスラー氏が公聴会で仮想通貨に前向きな発言

SEC次期委員長候補ゲンスラー氏が公聴会で仮想通貨に前向きな発言

米証券取引委員会(SEC)の次期委員長候補であるゲーリー・ゲンスラー(Gary Gensler)氏が、公聴会でビットコインをはじめとする仮想通貨に関して前向きな発言をしました。発言の内容と同氏の仮想通貨への姿勢を紹介します。
米国のコロナ対策の緊急経済対策1.9兆ドルに中銀デジタル通貨(CBDC)の活用あるか?

米国のコロナ対策の緊急経済対策1.9兆ドルに中銀デジタル通貨(CBDC)の活用あ...

バイデン政権はパンデミックによって大きな打撃を受けた経済再建に1.9兆ドルの追加経済対策を打ち出しています。そこに中央銀行デジタル通貨(CBDC)に利用のうわさも出てきています。アメリカのCBDCに関する動きをまとめます。
中央銀行はCBDC発行で民間のデジタル通貨に遅れるな、IMFが文書で提言

中央銀行はCBDC発行で民間のデジタル通貨に遅れるな、IMFが文書で提言

多くの国でその開発が進む中央銀行デジタル通貨(CBDC)。国際通貨基金(IMF)がこのほど、(CBDCは、急速に進む金融システムの中で大きな障壁に直面するだろうと伝えています。IMFが発表したブログを紹介します。
米FRBがCBDC・ステーブルコインの政策マネジャー募集する背景とは?

米FRBがCBDC・ステーブルコインの政策マネジャー募集する背景とは?

米バイデン政権下の連邦準備制度理事会(FRB)が中央銀行デジタル通貨(CBDC)およびステーブルコインに関するデジタルイノベーション政策プログラムマネジャーを募集。パウエル議長の発言など、アメリカのCBDCに関する状況を紹介します。
ビットコイン時価総額は1兆ドル超え、JPモルガンなど金融機関を凌ぐ

ビットコイン時価総額は1兆ドル超え、JPモルガンなど金融機関を凌ぐ

ビットコイン(BTC)の時価総額が、JPモルガンやバンク・オブ・アメリカ(BAC)など金融機関の3行合わせたそれを抜き去りました。そして2021年2月20日には、1兆ドル(約106兆円)を超えました。

次の仮想通貨参入企業はAppleかTwitterか?市場は総額150兆円超に到達...

相次ぐ企業のビットコイン投資のニュースにより、次の参入企業はどこになるのかという話題は尽きません。今後の参入候補にはAppleやTwitterの名前が挙がっていますが、その参入による市場への影響はどこまでのものになるのでしょうか。

「ビットコイン(BTC)を保有しない企業は無責任」米国の投資情報番組で司会者が大...

「ビットコイン(BTC)を保有しない企業は無責任である」と現在頻発している企業のBTC投資に対して、米国投資情報番組の司会者が発言したことが話題になっています。本人もBTCへの投資を行っており、それは法定通貨へのヘッジと考えられています。
大企業によるビットコイン(BTC)投資、アップル参入時の影響は?

大企業によるビットコイン(BTC)投資、アップル参入時の影響は?

イーロン・マスク氏が率いるテスラが15億ドルに相当するビットコインへの投資を発表するなど企業のビットコイン保有が注目されています。カナダの投資銀行が発表した、アップルが仮想通貨に参入した場合の影響を紹介します。
仮想通貨に投資する若年層がますます増えている理由とは?

仮想通貨に投資する若年層がますます増えている理由とは?

機関投資家がビットコイン(BTC)への投資を増やしていることを別にして、ミレニアルズ世代を始めとする若い世代の仮想通貨への投資が目立ち始めています。なぜ若年層は仮想通貨への投資へと動いているのでしょうか?

人気のインタビュー記事

最新記事

コインチョイスのTelegram