• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

長瀬雄壱

長瀬雄壱
フリージャーナリスト、大手マスコミのOB記者。在職中は社会部、科学部、外信部で記者活動を行なう。特に外信部では、10年余り海外特派員(3カ国)を務め、国際関係、政治、経済、社会、戦争取材など、あらゆる分野で記者活動を続けた。翻訳業務経歴は約50年あり、今でも海外ニュースを深くモニターしている。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

長瀬雄壱の記事一覧
長瀬雄壱の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

仮想通貨を大量保有するクジラは個人それとも企業のこと? 

仮想通貨を大量保有するクジラは個人それとも企業のこと? 

仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす大量の保有者のことを業界では「クジラ(Whales)」と呼ばれています。その多くの正体はごく一部の関係者しか知りませんが、仮想通貨メディアが大手取引所の他、3人の個人名をクジラとして紹介しています。
マカフィー氏が分散型取引所McAfeeDEXのベータ版を公開

マカフィー氏が分散型取引所McAfeeDEXのベータ版を公開

ビットコイン(BTC)の支持者として知られているウイルス駆除ソフトのマカフィー(McAfee)の発明者ジョン・マカフィー(John McAfee)氏がこのほど、分散型取引所(DEX)であるMcAfeeDEXのベータ版を公開。
ビットコイン(BTC)価格大幅下落で注目される「仮想通貨の恐怖と欲望指数」

ビットコイン(BTC)価格大幅下落で注目される「仮想通貨の恐怖と欲望指数」

9月24日に大きく下落したビットコイン(BTC)の価格。この価格変動を予測できれば投資家にはかなり有力な情報になることでしょう。今回の下落により注目を集めた「仮想通貨の恐怖と欲望インデックス」を紹介します。

BitfinexとTetherが仮想通貨市場操作で約150兆円規模の集団訴訟の被...

仮想通貨業界でのうわさ現実に。ビットフィネックス(Bitfinex)とテザー(Tether)を相手に集団訴訟が起こされました。理由は両社が仮想通貨市場を不正に操作したというもので、約150兆円をめぐる訴訟となっています。
仮想通貨は証券か否かを格付、大手取引所が独自評価開始

仮想通貨は証券か否かを格付、大手取引所が独自評価開始

仮想通貨業界が抱える大きな悩みの1つに、デジタル資産が証券か否かという問題があります。このほど大手仮想通貨取引所が集まり評価議会を結成し、いくつかの仮想通貨を評価・分類し格付けを行いました。その結果とは?
FRBによる仮想通貨発行の可否で米下院議員らがパウエル議長に質問状提出

FRBによる仮想通貨発行の可否で米下院議員らがパウエル議長に質問状提出

米下院金融サービス委員会がこのほど米連保準備制度理事会(FRB)のパウエル議長に、独自のデジタル通貨を開発する計画があるかを問う質問状を提出しました。質問状の狙いやその背景にある中国の動きなどを紹介します。
Bakktのビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間、生ぬるい投資家の反応

Bakktのビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間、生ぬるい投資家の反応

バックト(Bakkt)の現物引き渡しによるビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間。投資家からは極めて生ぬるい反応という結果に。専門家からはは、同時期のビットコインの価格下落はBakktが原因だとの声も。
仮想通貨市場に大きな影響を与えるTwitter上の最有力インフルエンサーは誰?

仮想通貨市場に大きな影響を与えるTwitter上の最有力インフルエンサーは誰?

仮想通貨業界の中で最も影響力のある人物一体誰なのか?このほどTwitterでその影響力を発揮している人物が発表され、イーサリアム(Ethereum)の共同創業者がランクイン。気になる1位に選ばれた人とは?
NASAがブロックチェーン技術の人材募集、月面基地や火星上の未来都市開発か?

NASAがブロックチェーン技術の人材募集、月面基地や火星上の未来都市開発か?

米航空宇宙局(NASA)がリンクドインでデータサイエンティストを募集。募集条件にはブロックチェーンや仮想通貨の知識がある人歓迎との記載も!なぜNASAの考える宇宙開発にブロックチェーンの知識が必要なのか?
どうなるFacebookのステーブルコイン「リブラ」、独仏などEU主要国が名指し批判

どうなるFacebookのステーブルコイン「リブラ」、独仏などEU主要国が名指し...

フランスなど欧州連合の有力国でステーブルコインに対する批判が高まるなか、ドイツは特にフェイスブックの主導によるリブラ(Libra)を名指しで批判しています。一連の流れから、フェイスブック側の反論も紹介。
10年後に生き残る仮想通貨を探る、環境にやさしくAI指向のコインとは

10年後に生き残る仮想通貨を探る、環境にやさしくAI指向のコインとは

ビットコイン(BTC)が誕生してから10年。これまで多数の仮想通貨が誕生しては消えていきました。そこでビットコインを含めてどのような仮想通貨が今後10年を生き残っていくのでしょうか?その考察を紹介します。
トランプ大統領と国務長官らが仮想通貨取引の規制強化を示唆する真意は?

トランプ大統領と国務長官らが仮想通貨取引の規制強化を示唆する真意は?

アメリカのマイク・ポンペオ国務長官がデジタル資産に対して厳しく規制すべきとの考えを強調。トランプ大統領も「仮想通貨の支持者ではない」と発言するなど、アメリアの首脳陣が仮想通貨の規制強化を示唆する真意は?

ブロックチェーン利用機器の市場は5年以内に約6倍まで成長へ

ブロックチェーンスマートフォン開発や、サプライチェーンへの採用などのニュースが増えてきています。米国の調査企業によれば、ブロックチェーンを利用した機器の市場は2024年までの5年間で約6倍にまで成長するとの分析がされました。
ビットコイン(BTC)の将来は人々の考える以上に政府の金融政策に依存している

ビットコイン(BTC)の将来は人々の考える以上に政府の金融政策に依存している

金融エコシステムの中でその地位をしっかりと固めつつあるビットコイン(BTC)。このほどラトビアで開催されたバルト・ハニーバジャー会議で、発表されたビットコインが政府の金融政策に依存しているという考えを紹介します。
2019年9月時点での業績最悪の仮想通貨とは?

2019年9月時点での業績最悪の仮想通貨とは?

価格の変動が激しい仮想通貨の世界ですが、Coincodexによると、2019年9月までの取引でリップル(XRP)とジーキャッシュ(ZEC)のパフォーマンスが悪いことが分かりました。その理由などをあわせて紹介していきます。
2020年のビットコイン(BTC)半減期は米ドルの地位を脅かす転機の始まりに?

2020年のビットコイン(BTC)半減期は米ドルの地位を脅かす転機の始まりに?

2020年5月に迫るビットコイン(BTC)の半減期。この半減期が国際的な法定通貨として誇ってきた米ドルの地位を脅かす転機となるのではないかとの憶測が出てきています。次のビットコイン半減期に関する見解を紹介します。
イーサリアム(ETH)のネットワーク容量が急速に底打ちしている事態のナゾ

イーサリアム(ETH)のネットワーク容量が急速に底打ちしている事態のナゾ

ビットコイン(BTC)に次いで時価総額2位のイーサリアム(ETH)のネットワーク容量がこの数週間にわたり、急速に失われていることが明らかになりました。その原因はどこになるのか、そしてヴィタリックの見解は?
リップル(Ripple)社が保有する60%のXRPを売却する現実に批判高まる

リップル(Ripple)社が保有する60%のXRPを売却する現実に批判高まる

仮想通貨のXRPを必要以上に管理していると批判さる声もあるリップル(Ripple)社。3,500人以上の嘆願書が集まったXRPの売却中止を求める声の広がりや、それに対するリップル社の見解などを紹介します。
【後編】人民元のデジタル通貨発行で中国が世界金融に及ぼす影響とは?

【後編】人民元のデジタル通貨発行で中国が世界金融に及ぼす影響とは?

中国が発行を目指す人民元のデジタル通貨。現時点で想定されている2層システムによる実施や、業界人による中国のデジタル通貨が流通することによる影響、Facebookのリブラやその他ステーブルコインとの関連について紹介します。
【前編】人民元のデジタル通貨発行で中国が世界金融に及ぼす影響とは?

【前編】人民元のデジタル通貨発行で中国が世界金融に及ぼす影響とは?

中国は人民元をデジタル化したステーブルコインを年内にも発行するのではないかとの憶測が強まっています。フェイスブックが構想しているリブラより先に実現すれば世界に大きな影響を与えるであろう中国のデジタル通貨についての分析記事を紹介します。
米国が今なおFacebookの仮想通貨リブラ発行を阻止したい理由とは?

米国が今なおFacebookの仮想通貨リブラ発行を阻止したい理由とは?

Facebookがステーブルコイン「リブラ(Libra)」の発行計画を発表してから早くも3カ月が経とうとしていますが、現在もその見通しがみえていません。アメリカが仮想通貨リブラの発行を阻止したい理由とは?
仮想通貨取引量水増しを批判されたCoinMarketCapが新ランキングシステムの運用開始

仮想通貨取引量水増しを批判されたCoinMarketCapが新ランキングシステム...

仮想通貨の価格や供給量や時価総額などを一覧できるサイトとして信用され利用されてきたコインマーケットキャップ(CoinMarketCap)が、9月2日から新しいランキングの試験有用を開始。詳細を紹介します。
CMEのビットコイン先物取引量が前年比132%増に、機関投資家の関心高まる

CMEのビットコイン先物取引量が前年比132%増に、機関投資家の関心高まる

シカゴマーカンタイル取引所(CME)のビットコイン(BTC)先物取引量が前年比の132%増となり新記録を樹立し、機関投資家の関心が高まっています。最近のビットコインの価格の振り返りやCME関係者のコメントも紹介します。
イングランド銀行総裁がドル支配からデジタル通貨への切り替えを提案した衝撃

イングランド銀行総裁がドル支配からデジタル通貨への切り替えを提案した衝撃

長きにわたって世界の金融システムを支配してきた米ドルの終わりが近づく?イギリスの中央銀行総裁が、世界の準備金としてドルからリブラのようなデジタル通貨に変更する提案をしています。詳細を紹介していきます。
Facebookのリブラ(Libra)とどう違う?バイナンスがヴィーナス(Venus)発行計画 

Facebookのリブラ(Libra)とどう違う?バイナンスがヴィーナス(Ven...

世界最大の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)がこのほど、ヴィーナス(Venus)と呼ばれるステーブルコインの発行計画を発表しました。そこで、Facebookが主導するリブラとの違いなどを紹介します。
仮想通貨の匿名性は有望な機能だが政府や規制当局には深刻な問題に

仮想通貨の匿名性は有望な機能だが政府や規制当局には深刻な問題に

仮想通貨支持者の間では匿名性こそがその有望な機能だとする声もありますが、この匿名性は政府や規制当局にとってはマネーロンダリングの温床となる可能もありとても厄介な問題ともなっています。仮想通貨の匿名性と規制について考察します。
米証券取引所(SEC)が再度ビットコインETFの上場認可を延期した訳は?

米証券取引所(SEC)が再度ビットコインETFの上場認可を延期した理由とは?

米国証券取引委員会(SEC)が8月に3つのビットコインETF(上場投資信託)の上場認可に関する最終審議の延長を発表しました。SECの懸念点と、これまでのSECとビットコインETFの関係を振り返ります。
2大クレジットカードがブロックチェーンアプリ開発に乗り出す深い理由とは?

2大クレジットカードがブロックチェーンアプリ開発に乗り出す理由とは?

2大クレジットカードのVisaとMasterCardによる仮想通貨やブロックチェーンとの関わりを紹介。関連するチームの編成やベンチャー企業への投資、自社ウォレットの開発などのさまざまな動きうをみせています。
仮想通貨投資家を震撼させた米国内歳入庁(IRS)からの1万通の納税通知書

仮想通貨投資家を震撼させた米国内歳入庁(IRS)からの1万通の納税通知書

2019年7月にアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)が仮想通貨保有者を対象に1万通余りの納税通知書を郵送し話題になっています。手紙は2013年までさかのぼって正確に納税を申告するよう警告しているようです。
仮想通貨を決済手段とする意向強まる?米国メディアの報道増

仮想通貨を決済手段とみなす意識強まる?米国メディアの報道増

米国のメディアにおいて、仮想通貨を決済手段とする意向が強まっているとの記事が目につくようになってきました。これまでは投機もしくは価値保存としての側面が強かった仮想通貨も、技術発展等によって決済手段としての立場を確立してきたのでしょうか。
中国人民銀行が年末までに人民元に代わるデジタル通貨の発行計画を進める

中国人民銀行が年末までに人民元に代わるデジタル通貨の発行計画を進める

中国人民銀行(PBOC)が2019年末を目標に人民元に代わる法定デジタル通貨(仮想通貨)を発行する開発計画を進めているとの報道があります。中国における仮想通貨とブロックチェーンの関係についても紹介します。
ビットコイン(BTC)価格変動を予測する最新指標「難易度リボン」が話題に

ビットコイン(BTC)価格変動を予測する最新指標「難易度リボン」が話題に

ブロックチェーンアナリストのウィリー・ウー(Willy Woo)氏が新たに考案したビットコイン(BTC)価格変動予測指標が話題になっています。「ビットコイン難易度リボン」という名の指標について紹介していきます。

仮想通貨の規制は各国で?SEC委員がG20合意と異なる見解示す

米証券取引委員会(SEC)コミッショナーのへスター・ピアース氏が仮想通貨の規制に関して、各国で枠組みを作るべきとの見解を示しました。これにより、米国の規制はG20とは別の道を歩む可能性が示唆されています。
レジャーX参入でビットコイン(BTC)物取引市場は三つどもえ戦争に

レジャーX参入でビットコイン(BTC)物取引市場は三つどもえ戦争に

レジャーX(Ledger)の参入により現物受け渡しによる新しいBTC先物取引が、突然三つどもえの激しい市場獲得戦争に突入する情勢になっています。今後の仮想通貨市場に影響を及ぼす最近の動向を紹介します。
ビットコイン(BTC)先物取引をめぐるレジャーXと商品先物取引委員会との確執

ビットコイン(BTC)先物取引をめぐるレジャーXと商品先物取引委員会との確執

レジャーXが7月31日現物受け渡しによるBTC先物(デリバティブ)の取引を開始を発表した直後に、商品先物取引委員会(CFTC)からの通達を受けて、中止になりました。今回の一連の流れにはどのような背景があったのでしょうか。
ブルームバーグが変心、ビットコイン(BTC)の弾力性を認める

ブルームバーグが変心、ビットコイン(BTC)の弾力性を認める

世界大手の経済・金融メディアのブルームバーグ(Bloomberg)がこれまでのビットコイン(BTC)対する厳しい見解を和らげて注目されています。最近のビットコインの価格上昇につながるされる要因も紹介。
仮想通貨の保有者も要注意?サイバー犯罪はさらに巧妙な手口に、セキュリティ企業が公表

仮想通貨の保有者も要注意?サイバー犯罪はさらに巧妙な手口に、セキュリティ企業が公...

フィンランドのサイバーセキュリティ企業F-Secureが最近公表した調査結果によると、金融機関に対するサイバー攻撃は極めて悪化しており、北朝鮮のような国家のサイバー攻撃は精緻なものとなっているという。
ビットコイン(BTC)半減期まで1年切る、採掘業の70%が廃業予測、価格は?

ビットコイン(BTC)半減期まで1年切る、採掘業の70%が廃業予測、価格は?

2020年の5月頃になると予想されているビットコイン(BTC)の半減期。マイ二ングの報酬が12.5BTCから6.25BTCに減少後、約70%のマイナーが廃業するのではないかとの予測が出ています。その他関連する情報も合わせて紹介。
仮想通貨決済によるモバイル用フリマアプリ「Haven」が発表

仮想通貨決済によるモバイル用フリマアプリ「Haven」が発表

フリーマーケットプラットフォームの「OpenBazaar」のデベロッパーが「Haven(ヘイブン)」という名の仮想通貨が利用可能なモバイル市場プラットフォームを発表した。対応コインやその機能などを紹介していきます。
投資利益率(ROI)から見たビットコイン(BTC)と株式その他資産との比較

投資利益率(ROI)から見たビットコイン(BTC)と株式その他資産との比較

ビットコイン(BTC)は過去10年で、資産価値のある株式や債券、貴金属、石油などと比較して高いリターンをもたらす可能性があることが分かりました。ますます無視できない存在となるビットコインに関するデータを紹介します。
約4兆円のビットコイン(BTC)が眠った状態に、発行済みの約25%に相当

約4兆円のビットコイン(BTC)が眠った状態に、発行済みの約25%に相当

コインメトリクス(Coin Metrix)のデータによると、発行済みのビットコイン(BTC)の内、約4兆3,400億円に相当する約400万ビットコインが過去5年間に動きがなかったという。その他のさまざまなデータを合わせて紹介する。
「価値の保存」としてビットコイン(BTC)はゴールドに勝る?

「価値の保存」としてビットコイン(BTC)はゴールドに勝る?

人々は政治や経済の緊張が高まると、比較的安全な金やビットコイン(BTC)を購入して「価値の保存」を図ってきました。そこで、「価値の保存」としてビットコインがゴールドに勝るのかについての議論を紹介します。
月をトークン化して販売するプロジェクト「ダイアナ(Diana)」が誕生

月をトークン化して販売するプロジェクト「ダイアナ(Diana)」が誕生

月をトークン化して不動産売買・登記しようという途方もないプロジェクトの「ダイアナ(Diana)」が発表されました。中央管理者不在の自律分散型組織(DAO)で所有権を管理するというプロジェクトを紹介します。
バックト(Bakkt)ビットコイン(BTC)先物のユーザー受け入れ試験開始

バックト(Bakkt)ビットコイン(BTC)先物のユーザー受け入れ試験開始

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社が設立したバックト(Bakkt)が、ビットコイン(BTC)の先物取引のユーザー受け入れテストを開始します。今回のテスト開始にともなう影響から今後の展開までを紹介します。
インドが仮想通貨禁止の法案提出か?市場に大きな影響の可能性

インドが仮想通貨禁止の法案提出か?市場に大きな影響の可能性

インターネット上にリークされた文書にによると、インドが近く全ての仮想通貨の一切の利用を禁止する法案の施行する計画を進めていることが明らかになりました。文書の真偽は不確ですが、その内容と業界の反応などを紹介する。
ビットコイン(BTC)との競争に直面するドル?トランプ政権が通貨戦争を仕掛ける可能性

ビットコイン(BTC)との競争に直面するドル?トランプ政権が通貨戦争を仕掛ける可...

米ドルは有効な準備通貨として台頭しているビットコイン(BTC)との競争に直面しています。また、バンク・オブ・アメリカがトランプ大統領の金融政策が通貨戦争の引き金になりうると警告をしています。ビットコインとドルの状況を紹介します。
イラン独自の仮想通貨発行準備か、金との交換可能で米経済制裁避けるため?

イラン独自の仮想通貨発行準備か、金との交換可能で米経済制裁避けるため?

イランが中央銀行から認可を得てマイニングされるゴールドと交換可能な独自の仮想通貨を発行する予定だと伝えられています。アメリカからの経済制裁を回避する目的もあり、年内に準備が整うというこの通貨について紹介します。
トランプ大統領が「ビットコインの支持者ではない」と初の見解表明

トランプ大統領が「ビットコインの支持者ではない」と初の見解表明

トランプ米大統領が日本時間の7月12日、暗号資産(仮想通貨)に対して「私はビットコイン(BTC)とその他仮想通貨の支持者ではない」 と初めてツイッター上で断言しました。トランプ氏の発言内容をまとめて紹介します。
ビットコイン(BTC)の市場占有率が80%に達する予測も、アルトコインは軒並み下落

ビットコイン(BTC)の市場占有率が80%に達する予測も、アルトコインは軒並み下...

最近のビットコイン(BTC)の価格の回復を評価して、アメリカの仮想通貨アナリストの中には近い将来にビットコインが仮想通貨市場全体の時価総額の80%以上を占めるとの予想もでてきています。価格のデータなどもあわせて紹介します。
ビットコイン(BTC)支持者の後任となるCFTC新委員長の仮想通貨に対する見解は?

ビットコイン(BTC)支持者の後任となるCFTC新委員長の仮想通貨に対する見解は...

仮想通貨に理解を示してきた米商品先物取引委員会(CFTC)の委員長が7月15日に退任します。そこで新たに委員長に就任するヒース・タルバート氏が仮想通貨に対してどのような見解を持っているのに注目が集まっています。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@