• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

長瀬雄壱

長瀬雄壱
フリージャーナリスト、大手マスコミのOB記者。在職中は社会部、科学部、外信部で記者活動を行なう。特に外信部では、10年余り海外特派員(3カ国)を務め、国際関係、政治、経済、社会、戦争取材など、あらゆる分野で記者活動を続けた。翻訳業務経歴は約50年あり、今でも海外ニュースを深くモニターしている。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

長瀬雄壱の記事一覧
長瀬雄壱の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

DeFiはマネーロンダリングの温床になるリスクが高い 規制は不可避か?(下)

DeFiはマネーロンダリングの温床になるリスクが高い 規制は不可避か?(下)

2020年に入ってその人気が高まってきたDeFi(分散型金融)ですが、発展とともに規制上のリスクが高まっています。またDeFiの急成長はマネーロンダリングの可能性を生み出すとの指摘もあります。今回は、これらの指摘などについて紹介します。
分散型金融(DeFi)の爆発的人気もバブルの頂点はまだ見えない、その長短を探る(上)

分散型金融(DeFi)の爆発的人気もバブルの頂点はまだ見えない、その長短を探る(...

今年に入って爆発的人気を博している分散型金融(DeFi)が、本物のデジタル金融プラットフォームになるのかどうかについて上下の記事で掘り下げてみました。最近のDeFiに関する数値などを紹介していきます。
ビットコイン(BTC)ブームに沸くアフリカ、トランザクションは55%増加

ビットコイン(BTC)ブームに沸くアフリカ、トランザクションは55%増加

アフリカの中小企業主や移民労働者の間でビットコイン(BTC)が大きなブームとなっています。取引量は前年比で55%増加しています。背景にあるアフリカの事情と事業者らが考えるビットコインの利便性を紹介します。
米大統領選挙が仮想通貨やドル、ゴールドに与える影響は?

米大統領選挙が仮想通貨やドル、ゴールドに与える影響は?

11月に控えるアメリカ大統領選挙を前に、金融アナリストらは米ドルに対して弱気の予測を出しています。今回の大統領選によって、ドルや株式、ゴールド、そして仮想通貨はどのような影響を受けるのでしょうか?さまざまな意見を紹介します。
ステーブルコインの需要急増、テザー(USDT)は時価総額3位に

ステーブルコインの需要急増、テザー(USDT)は時価総額3位に

最近、仮想通貨・ブロックチェーン業界の話題の中心となっているDeFi(分散型金融)。そんな過熱気味のDeFi市場の人気を背景に、ステーブルコインの需要が急増、テザー(USDT)は時価総額3位になっています。
仮想通貨市場の成功者バイナンスCEOがDeFiバブルを警告

仮想通貨市場の成功者バイナンスCEOがDeFiバブルを警告

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)のCZことジャオ・チャンポン最高経営責任者が、現在ブームとなっているDeFi(分散型金融)への投資についてツイッターで警告しました。投稿の内容を紹介します。
中国のデジタル人民元のテストは最終局面に、北京や香港でも開始へ

中国のデジタル人民元のテストは最終局面に、北京や香港でも開始へ

中国の中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)のテストがいよいよ最終段階に入ったようです。今回発表された新たなテストの具体的なスケジュールは明らかになっていないものの、テスト今年中に終了するとされています。
2019年に5兆円余りの仮想通貨が中国本土から海外に逃避

2019年に5兆円余りの仮想通貨が中国本土から海外に逃避

チェイナリシス(Chainalysis)の最新のリポートのよると、2019年に中国から約5兆3,000億円相当の仮想通貨が海外に逃避したとされています。レポートの詳細とあわせてその要因なども紹介します。
金融危機到来に備えて中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行する国は?

金融危機到来に備えて中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行する国は?

新型コロナウイルスの影響で世界経済は数十年に一度あるかどうかの大打撃を受けています。今以上の金融危機の到来を予想も出てくるなか、世界の中央銀行ではデジタル通貨(CBDC)の開発を進めています。各国のCBDCに対する姿勢などを紹介します。
ビットコイン(BTC)先物取引で未決済建玉(OI)の増加続く

ビットコイン(BTC)先物取引で未決済建玉(OI)の増加続く

ビットコイン(BTC)先物の未決済建玉(OI)が8月17日、ついに50億ドルを超える新記録を樹立しました。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のOIは、2月の3倍ほどの伸びをみせています。専門家の意見などもあわせて紹介します。
米ドルはビットコイン(BTC)と逆相関関係に陥り、崩壊の危機に

米ドルはビットコイン(BTC)と逆相関関係に陥り、崩壊の危機に

今年に入ってビットコイン(BTC)は世界的に主要な資産としてのポジションを固めつつあります。最近では、ゴールドとの相関関係が深まっているとの見方が強まる一方で、ドルとは逆相関にあるとも言われています。
2期目に入る愛称クリプトママのヘスター・ピアス氏、SECの次期委員長との声も

2期目に入る愛称クリプトママのヘスター・ピアス氏、SECの次期委員長との声も

クリプトママの愛称で知られる米証券取引委員会(SEC)のヘスター・ピアス氏が2025年6月5日まで2期目のコミッショナーとして留任することが決まりました。また、時期SEC委員長に指名される可能性も出てきています。
ビットコイン(BTC)など仮想通貨に望ましい米大統領候補はどっち?

ビットコイン(BTC)など仮想通貨に望ましい米大統領候補はどっち?

ドナルド・トランプとジョー・バイデンの両氏による激しい戦いが予想されるアメリカ大統領選挙。両氏のテクノロジーに対するスタンスは今後の仮想通貨の状況を変えるかもしれません。仮想通貨にとって望ましい大統領はどちらなのでしょうか?
中国銀行など4大国営商業銀行がデジタル通貨遠視決済の大規模テスト開始

中国銀行など4大国営商業銀行がデジタル通貨電子決済の大規模テスト開始

中国の4大商業銀行がデジタル人民元のウォレットアプリなどのテストをいくつかの省で開始している可能性があります。デジタルウォレットはアリペイ(Alipay)などの決済サービスと同様に公共サービスの決済にも利用できるそうです。
チェーンリンク(Chainlink)が時価総額トップ10入り

チェーンリンク(Chainlink)が時価総額トップ10入り

ここ最近、チェーンリンク(Chainlink)が注目されています。ERC20トークンであるLINKは7月からの1カ月の間に約2倍の価格上昇を見せました。時価総額トップ10入りを果たしたLINKについて紹介します。
ビットコイン(BTC)はリスク資産との汚名返上か?

ビットコイン(BTC)はリスク資産との汚名返上か?

発行から10年余りが経過したビットコイン(BTC)は、時価総額1位の仮想通貨としてポジションを揺るぎないものとしていますが、ダークネットや犯罪に関する利用など負の側面も指摘されています。そんなビットコインの最近の状況を整理します。
目覚ましいUSDTの成長 ビットコイン(BTC)の日量を上回る勢い

目覚ましいUSDTの成長、ビットコイン(BTC)の日量を上回る勢い

仮想通貨の業界では2019年からステーブルコインの需要が伸びています。そのなかでもドルにペッグしたテザー(USDT)が毎日の取引額でビットコイン(BTC)を上回る勢いとなっています。その背景を紹介します。
イーサリアム(ETH)が2018年のICOブームを再現、価格大幅アップ

イーサリアム(ETH)が2018年のICOブームを再現、価格大幅アップ

イーサリアム(ETH)の取引はこのところ急増し、最近では1日当たり110万件レベルとICOブームに沸いた2018年に迫る勢いです。そんな価格も上昇しているETHについて取引量増加の背景について紹介します。

米証券取引委員会(SEC)が仮想通貨ビジネスに冷淡な姿勢を貫く理由

仮想通貨・ブロックチェーンに関わるさまざまなビジネスやプロジェクトが立ち上がっていく中、米証券取引委員会(SEC)は仮想通貨を詐欺に繋がるものと疑問を抱き、その姿勢は常に冷淡なものとして続いています。
ダークネットでの仮想通貨の送受金が大幅に増加、3年前の5倍近くに

ダークネットでの仮想通貨の送受金が大幅に増加、3年前の5倍近くに

ビットコイン(BTC)誕生以来、その利用される場として名前があがるダークネット。2020年に入り、そのダークネットでの仮想通貨のトランザクションが増加しているという。このほど発表されたレポートの内容を紹介する。
スウェーデン中央銀行のリクスバンクがeクローナ発行の詳細公表

スウェーデン中央銀行のリクスバンクがeクローナ発行の詳細公表

スウェーデンの中央銀行であるリクスバンク(Riksbank)が最近、「経済レビュー」を公表しました。同レポートの中で、デジタル通貨「eクローナ(e-Krona)」発行計画について解説しているので紹介します。
VISA幹部が中銀発行デジタル通貨(CBDC)への金融システム移行を予言

VISA幹部が中銀発行デジタル通貨(CBDC)への金融システム移行を予言

世界的な決済技術を提供するVISAの仮想通貨部門の担当者が、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)に対する見解をツイッター上に投稿。CBDCは今後10年で未来のお金と決済に関する最も重要なトレンドの1つになると主張しています。
バンク・オブ・アメリカが仮想通貨を「現金同等」扱いにすると通知

バンク・オブ・アメリカが仮想通貨を「現金同等」扱いにすると通知

米国の大手銀行のバンク・オブ・アメリカが、ビットコインなどの仮想通貨を今後「現金同等(物)」として扱うことをクライアントに通告したとの情報がでてきました。Redditの投稿に端を発した今回のニュースを紹介します。
テザー(USDT)の時価総額がBTC、ETHに次いで1兆円達成

テザー(USDT)の時価総額がBTC、ETHに次いで1兆円達成

ステーブルコインのテザー(USDT)の時価総額が、一時100億ドル(1兆700億円)を超えたとの報道がありました。最近のテザーの動きに関して、仮想通貨情報メサーリ(Messari)のアナリストらのコメントなどを紹介します。
新たな驚異的ランサムウェア「サノス(Thanos)」がダークネットに登場

新たな驚異的ランサムウェア「サノス(Thanos)」がダークネットに登場

「サノス(Thanos)」と呼ばれるランサムウエアが話題になっています。今年の2月以来、ダークネット上で広まったこのサノスの特徴、詳細を明らかにしたレコーデッドフューチャのレポートもあわせて紹介します。
米金融最大手ゴールドマン・サックスがビットコイン(BTC)を嫌う理由が明らかに

米金融最大手ゴールドマン・サックスがビットコイン(BTC)を嫌う理由が明らかに

アメリカの金融大手ゴールドマン・サックスがビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨を嫌う理由とは?同社の会議で明らかになったその理由と、そんなゴールドマンの姿勢に対するツイッターで上がった不満の声も紹介します。
ビットコイン(BTC)採掘難易度調整でマイニングは困難に

ビットコイン(BTC)採掘難易度が過去最大規模の15%上方調整

ビットコイン(BTC)の難易度調整が6月16日に実施され、約15%の調整がありました。今回の調整は2018年1月以来最大となる調整です。今回のマイニング難易度上昇によるマイナーらへの影響を紹介します。
中国は消費市場でアリペイなど決済手段と統合して世界初のCBDC発行へ

中国は消費市場でアリペイなど決済手段と統合して世界初のCBDC発行へ

中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)の開発で世界をリードしているとされる中国。外国企業のスターバックスなど巻き込みテストが実施されている中国のデジタル通貨(CBDC)の今後の展望の予想について紹介します。
JPモルガンとゴールドマンがビットコイン(BTC)評価で大きな違い

JPモルガンとゴールドマンがビットコイン(BTC)評価で大きな違い

JPモルガンのストラテジストは最近、ビットコイン(BTC)はその市場構造から法定通貨、株式、財務省証券、金(ゴールド)より弾力性があるとの考えを明らかにした。仮想通貨に否定的なゴールドマンの姿勢も紹介する。
米欧機関投資家の36%がデジタル資産に投資、フィデリティが調査結果発表

米欧機関投資家の36%がデジタル資産に投資、フィデリティが調査結果発表

資産運用の世界大手企業フィデリティ(Fidelity)がこのほど発表したレポートによると、アメリカとヨーロッパの機関投資家の36%がすでに仮想通貨などのデジタル資産に投資していることが明らかになった。レポートの詳細を紹介します。
ビットコイン(BTC)価格は年内に2万8000ドルに、ブルームバーグが予測

ビットコイン(BTC)価格は年内に2万8000ドルに、ブルームバーグが予測

アメリカの金融メディアであるブルームバーグ(Bloomberg)がこのほど、ビットコイン(BTC)に関するレポートを発表。同レポートの中で、ビットコイの市場価格が年内にも2万8,000ドルに達するとの予測を発表した。
グレイスケールが新規採掘されたビットコイン(BTC)のほぼ全量を買い占めた意味は?

グレイスケールが新規採掘されたビットコイン(BTC)のほぼ全量を買い占めた意味は...

3月に1度大き価格を落としたものの、100万円を越えたきたビットコイン(BTC)。そんななかで、投資信託運用会社のグレイスケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)がビットコインを買う動きが目立っています。
ビットコイン(BTC)など仮想通貨は政治献金になりうるのか?

ビットコイン(BTC)など仮想通貨は政治献金になりうるのか?

仮想通貨と政治献金の関係は再度問われるべきなのか?これまでのアメリカにおけるビットコイン(BTC)と政治資金の流れ、有権者の仮想通貨と選挙戦に関するアンケート調査の結果や実際に行われた寄付の例などをあわせて紹介します。
世界の中銀発行デジタル通貨(CBDC)開発はどこまで進んでいるのか?

世界の中銀発行デジタル通貨(CBDC)開発はどこまで進んでいるのか?

中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)が世界中で話題になっています。世界の64カ国の中央銀行がデジタル通貨を検証しているもの、実際に発行しようとしている国は10%ほどだそうです。世界のCBDCの状況を整理します。
中国共産党指導者との対話シリーズ、幹部教育のブロックチェーン教科書発行

中国共産党指導者との対話シリーズ、ブロックチェーン教科書発行

中国共産党中央委員会の高度教育機関である中央党校がこのほど、党幹部らを教育する仮想通貨とブロックチェーンに関する新しい書籍を発行。ICOや規制問題、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)など幅広く解説されているという。
Redditがコミュニティーポイントを通じて2つの新たなトークン発行

Redditがコミュニティーポイントを通じて2つの新たなトークン発行

ソーシャルメディア・ウェブサイトのレディット(Reddit)がこのほどブロックチェーンを活用したポイントシステムである「コミュニティーポイント(Community Points)」を発表。その詳細などを紹介。
イーサリアム(ETH)のアップグレード「ETH 2.0」への期待感膨らむ

イーサリアム(ETH)のアップグレード「ETH 2.0」への期待感膨らむ

ここ数ヶ月のイーサリアム(Ethereum)は着実な伸びを見せています。最近の1日あたりの取引量は2020年初めと比べ約2倍に迫る88万件へと急増しています。高まるETH 2.0へのアップグレードの期待について紹介します。
マイクロソフトなどフォーチュン500社がイーサリアム(ETH)に大量投資

マイクロソフトなどフォーチュン500社がイーサリアム(ETH)に大量投資

この数週間、個人投資家が特にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など仮想通貨の買いが増加しているそうです。そんな中、大手企業も特にイーサリアムへの投資を進めているようです。分析を紹介します。
ビットコイン(BTC)半減期は一般投資家から機関投資家への投資家層の変化促す

ビットコイン(BTC)半減期は一般投資家から機関投資家への投資家層の変化促す

ビットコイン(BTC)は5月12日、4年に1回、3回目となる半減期を迎えました。今回の半減期は仮想通貨市場にどのような影響を及ぼすのでしょうか?その影響に関するメサーリ(Messari)のリポートなどを紹介します。
ビットコイン(BTC)は2020年最高パフォーマンスの資産クラスに

ビットコイン(BTC)は2020年最高パフォーマンスの資産クラスに

2020年5月8日に2月以来となる1万ドルを超えたビットコイン(BTC)。仮想通貨は米国株式、コモディティ、債券などの年間リターンを大きく上回りました。BTCは年間最高のパフォーマンス資産クラスとしての評価が確実になっています。
世界経済フォーラムが供給チェーン向け初のブロックチェーンツールキット公開

世界経済フォーラムが供給チェーン向け初のブロックチェーンツールキット公開

世界経済フォーラム(WEF)がこのほど、ブロックチェーンに関する新しいレポートとツールキットを発表しました。レポートの内容やサプライチェーンの改題、実際にツールキットが使用された例などをあわせて紹介します。
仮想通貨市場の動きに機関投資家、個人投資家とも大きな関心示す

仮想通貨市場の動きに機関投資家、個人投資家とも大きな関心示す

米最大手投資信託会社フィデリティ・インベストメンツの仮想通貨部門であるフィデリティデジタルアセッツ(FDA)がこのほど、機関投資家が仮想通貨市場に強い関心を示していることを確認しました。詳細を紹介します。
2週間後のビットコイン(BTC)半減期に機関投資家が大量投資の構え、今回の特殊事情とは?

2週間後のビットコイン(BTC)半減期に機関投資家が大量投資の構え、今回の特殊事...

5月12日ごろに迎える予定の3回目となるビットコイン (BTC)の半減期。価格が高騰するのではないかとの期待が高まるにつれて機関投資家は利益を得ようと動いています。フィンテック企業の分析も紹介します。
中国は国有銀行雇員手当の一部を試験的にデジタル人民元で支払い開始へ

中国は国有銀行雇員手当の一部を試験的にデジタル人民元で支払い開始へ

中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)の開発を進める中国で、政府職員に試験運用する報道がありいよいよのその利用が現実味を帯びてきました。テストの内容と、その他の国のCBDCに対する動きをあわせて紹介。
中国がブロックチェーン・サービス・ネットワーク(BSN)を25日にも運用開始

中国がブロックチェーン・サービス・ネットワーク(BSN)を25日にも運用開始

中国が4月25日にも国家プロジェクトとして進めてきたブロックチェーン・サービス・ネットワーク(BSN)を公開、運用を開始しようとしています。このBSNの概要や特徴、懸念されている点などについて紹介します。
米国のリセッションがビットコイン(BTC)に与える影響は吉か凶か?

米国のリセッションがビットコイン(BTC)に与える影響は吉か凶か?

新型コロナウイルスのまん延が深刻なアメリカはリセッション(景気後退)に陥っている可能性が充分にあり、世界に波及する恐れもあります。景気後退はビットコイン (BTC)をはじめとする仮想通貨にどのような影響を与えるのでしょうか?
新型コロナウイルスまん延でデジタル通貨の存在感高まる

新型コロナウイルスまん延でデジタル通貨の存在感高まる

新型コロナウイルスの世界的感染拡大が、仮想通貨に予期せぬ好影響を与えているようです。紙幣やコインがコロナウイルスの運び手になる恐れもあり、従来の法定通貨に代るデジタル通貨がさらに注目を集めています。
新型コロナウイルスまん延に付け入るマルウェアの脅威高まる

新型コロナウイルスまん延に付け入るマルウェアの脅威高まる

新型コロナウイルスの世界的まん延に伴い、ここ最近のマルウェア攻撃が増加傾向にあるようです。攻撃はコロナウイルスに関連するドメイン使用され、外出自粛による利用か増加するストリーミングサービスの名前にも便乗しているとされています。
IPOを目指すリップル社、XRPは証券か否か

IPOを目指すリップル社、XRPは証券か否か

このほどリップル(Ripple)のブラッド・ガーリングハウス最高経営責任者(CEO)がIPOを実施することを示唆しています。そこで、リップルの現状を踏まえ、ICOとIPOの違いなどを整理して紹介します。
バイナンスが独自のVISAデビットカードを発行する意図は?

バイナンスが独自のVISAデビットカードを発行する意図は?

世界最大手の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)が3月26日、仮想通貨で支払いが可能となるVISAデビットカード「バイナンスカード(Binance Card)」の発行を発表しました。その背景を紹介します。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram