• Home
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • リップル (XRP)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • イオス(EOS)
  • ライトコイン (LTC)
  • ネム (NEM/XEM)
  • ステラ(XLM)
  • リスク (LISK/LSK)
  • モナコイン (MONA)
  • Zcash (ZEC)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • テザー (Tether/USDT)
  • エニグマ(ENG)
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • ポートフォリオ
  • PR

長瀬雄壱

長瀬雄壱
フリージャーナリスト、大手マスコミのOB記者。在職中は社会部、科学部、外信部で記者活動を行なう。特に外信部では、10年余り海外特派員(3カ国)を務め、国際関係、政治、経済、社会、戦争取材など、あらゆる分野で記者活動を続けた。翻訳業務経歴は約50年あり、今でも海外ニュースを深くモニターしている。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

長瀬雄壱の記事一覧
長瀬雄壱の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

サウジアラビア2019年半ばに中銀独自の仮想通貨発行へ

サウジアラビア2019年半ばに中銀独自の仮想通貨発行へ

サウジアラビアの中央銀行が2019年半ばに独自の仮想通貨の発行を予定し、動いていることが分かった。個人利用を目的とせず銀行が利用する新たな決済ツールとして発行される仮想通貨について、現在の状況などを紹介します。
G20が資金洗浄やテロ資金防止で仮想通貨の規制強化、国際課税システム構築へ

G20が資金洗浄やテロ資金防止で仮想通貨の規制強化、国際課税システム構築へ

11月から12月にかけてアルゼンチンで開催されたG20首脳会議で、仮想通貨に関しての協議が行われ、共同宣言にもその内容が盛り込まれました。本稿ではG20の仮想通貨に対する見解と今後の動きを紹介します。
リップル社(Ripple)とXRPの誕生には複雑な真実が隠されていた?

リップル社(Ripple)とXRPの誕生には複雑な真実が隠されていた?

有価証券性があるかどうか、その動向が注目される仮想通貨リップル(XRP)は、誕生以来さまざまな憶測が流れていました。本稿では、リップル社(Ripple)とXRPの誕生と今後の動向について紹介します。
ビットコイン価格下落の原因と下落相場回復のカギは?【後編】

ビットコイン(BTC)価格下落の原因と下落相場回復のカギは?【後編】

2018年11月にビットコイン(BTC)の価格が急落しました。前編の記事では、その要因について探りました。後編となる本稿では、下落相場の回復のカギを握ると言われている機関投資家の動きについて考察します。
ビットコイン(BTC)価格下落の原因と下落相場回復のカギは?(上)

ビットコイン(BTC)価格下落の原因と下落相場回復のカギは?【前編】

2018年11月に始まったビットコイン(BTC)の急な価格の暴落。一時は4,000ドルを割って、17年9月までの水準になりました。今回の下落の要因はどこにあったのか?そして価格の回復につながるカギについて探ってみました。
スウェーデン通貨クローナが消える?「eクローナ」への転換報道に金融当局が慌てる

スウェーデン通貨クローナが消える?「eクローナ」への転換報道に金融当局が慌てる

スウェーデンでは世界でもキャッシュレス化が進み、デジタル通貨の「eクローナ」が法定通貨のクローナに取って代わる可能性が高まってきています。スウェーデンの中央銀行の考えから、企業や消費者の対応までを紹介します。
米大手仮想通貨採掘企業ギガワット(Giga Watt)が倒産、ビットコイン(BTC)下落相場に採掘者が苦闘

仮想通貨マイニング企業ギガワット(Giga Watt)が倒産、ビットコイン(BT...

アメリカ大手のマイニング企業ギガ・ワット(Giga Watt)が破産しました。また11月中旬ごろから続く仮想通貨市場の深刻な下落により、世界中のマイニング企業も窮地に立たされています。そんな最近のマイニング事情を紹介します。
商業取引のビットコイン(BTC)決済が2018年初から9月までに80%も大幅ダウン

商業取引のビットコイン(BTC)決済が2018年初から9月までに80%も大幅ダウ...

商業取引全般のビットコイン(BTC)による決済が、2018年に入って大幅に減少し、80%もダウンしていたことが分かりました。ビットコインの価格も4,000ドルを割るなど停滞する仮想通貨市場の現状も合わせて解説します。
スイスで上場された仮想通貨の上場投資商品(ETP)は米国で話題の上場投資信託(ETF)とは別物?

スイスで上場された仮想通貨の上場投資商品(ETP)は米国で話題の上場投資信託(E...

シックススイス証券取引所で取引が始まった世界初の仮想通貨連動の上場投資商品(ETP)と、アメリカで上場が延期となっている上場投資信託(ETF)との違いを解説。複数の仮想通貨からなるETPによるETF上場への影響なども紹介します。
ビットコイン(BTC)は機関投資家向け資産クラス、モルガン・スタンレーが分類

ビットコイン(BTC)は機関投資家向け資産クラス、モルガン・スタンレーが分類

世界最大手投資銀行のモルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は最近、ビットコイン(BTC)発行10年を機に報告書で、ビットコインは機関投資家向けの投資資産クラスとして分類しました。その根拠などを紹介する。
イスラム諸国が共通の仮想通貨の発行に動く?米経済制裁に対抗して

イスラム諸国が共通の仮想通貨の発行に動く?米経済制裁に対抗して

イスラム諸国が圏内での利用に限定したデジタル通貨の発行を計画していると報じられました。独自の仮想通貨システムの開発はアメリカによる経済制裁に対抗する形をとり、制裁手段となったドルに挑戦するものと見られています。これらの状況を解説します。
独自の仮想通貨発行迫られるイランがロシアと急接近、米国の経済制裁で

独自の仮想通貨発行迫られるイランがロシアと急接近、米国の経済制裁で

このほど、イランのブロックチェーンラボ(IBL)とロシアの暗号産業協会(RACIB)が協力することが発表されました。SWIFTから締め出されることになったイランで、独自仮想通貨の発行の気運が高まってきています。
世界の中央銀行が発行するデジタル通貨の開発はどこまで進んでいるのか?

世界の中央銀行が発行するデジタル通貨の開発はどこまで進んでいるのか?

仮想通貨市場に大きなインパクトを与えると考えられている中央銀行による独自の仮想通貨の発行。世界の政府の監督機関が発行・管理する法定デジタル通貨(CBDC)に対する立場や目だった動きなどをまとめて紹介します。
仮想通貨を法定通貨にする計画で国論二分、マーシャル諸島の大統領不信任案かろうじて否決

仮想通貨を法定通貨にする計画で国論二分、マーシャル諸島の大統領不信任案かろうじて...

政府独自の仮想通貨を発行しようと動いている太平洋にあるマーシャル諸島。先日、仮想通貨を支持する大統領の不信任案が否決され、新たな動きを見せいています。これまでのマーシャル諸島における仮想通貨の動きをまとめました。
ロシアでルーブル担保型の仮想通貨の発行準備進む

ロシアでルーブル担保型の仮想通貨の発行準備進む

ロシアで、法定通貨ルーブル担保型のステーブルコインである「クリプトルーブル(CryptoRuble)」の発行準備が進んでいる。ロシアがなぜ、法定通貨担保型のステーブルコインの発行を進めるかなどを紹介する。
最も安心な仮想通貨取引所はKraken(クラーケン)、サイバーセキュリティ企業が調査結果公表

最も安心な仮想通貨取引所はKraken(クラーケン)、サイバーセキュリティ企業が...

サイバーセキュリティ企業が保険リスク評価手段として仮想通貨取引所のセキュリティの格付を発表。取引所の仮想通貨と法定通貨をどのように処理するのか、また鍵の保管と管理処理法などを基に作成。最も安心だとされる取引所は?
ビットコイン(BTC)のボラティリティが史上最低記録に、先物市場が大打撃?

ビットコイン(BTC)のボラティリティが史上最低記録に、先物市場が大打撃?

10月にボラティリティ(価格変動)が史上最低を記録したビットコイン(BTC)。ビットコインの価格安定は、果たして仮想通貨市場にとって好材料となるのか。取引所の関係者や投資家などさまざまな専門家の意見を紹介します。
ブロックチェーン技術で金流通を管理、ロンドン地金市場協会(LBMA)の計画進む

ブロックチェーン技術で金流通を管理、ロンドン地金市場協会(LBMA)の計画進む

密輸や不法な取引が行われる金。これらの問題を解決しようと国際的組織であるロンドン地金市場協会(LBMA)ブロックチェーン技術をベースとした金塊の追跡基準作りを始めている。ブロックチェーンは金の市場に何をもたらすのか?
ブロックチェーンは医療を進歩させるのか?遺伝子情報研究との関係性

ブロックチェーンは医療を進歩させるのか?遺伝子情報研究との関係性

病気の診断と予防、治療の発展に役立つされている遺伝子情報研究。しかし個人の遺伝子情報を必要とするため、プライバシーに関わる問題がある。そういった問題の解決策として注目を集めるブロックチェーンが、いかに医療の発展に貢献するのかを紹介する。
仮想通貨の保有者も知るべき1兆ドル市場になったサイバー犯罪の実態とは?

仮想通貨の保有者も知るべき1兆ドル市場になったサイバー犯罪の実態とは?

仮想通貨の世界でも尽きない詐欺やマルウエア、DDos攻撃などの犯罪。現在のサイバー犯罪の市場規模は1兆ドル(約112兆円)とも言われています。ここでは仮想通貨の保有者も知っておくべきサイバー犯罪の実態を紹介します。
ビットコイン(BTC)誕生から10年、その功罪と次の10年を予測

ビットコイン(BTC)誕生から10年、その功罪と次の10年を予測

2008年10月31日に誕生したビットコイン(BTC)が今年で10周年を迎えました。生みの親であるサトシ・ナカモトが論文を発表した日に始まるこれまでの歴史を振り返りながら、専門家たちが予想する10年後の未来を紹介。
世界のブロックチェーンハブに変化するベルリン、プログラマーや起業家も参集

世界のブロックチェーンハブに変化するベルリン、プログラマーや起業家も参集

ドイツの首都ベルリンがブロックチェーンハブへと変貌を遂げようとしている。さまざまな国からプログラマーが集まったブロックチェーンイベントの開催や、ディベロッパーや起業が集まり始めている。そんなベルリンの変化を紹介する。
ブロックチェーン・仮想通貨の世界へ、シリコンバレーからエンジニアが消える?

ブロックチェーン・仮想通貨の世界への転身目立つ、シリコンバレーからエンジニアが消...

FacebookやAppleなどシリコンバレーに拠点を置く名だたる企業のエンジニアが、次々と離職しているという。彼らの行く先は、ブロックチェーンと仮想通貨関連のスタートアップ企業。彼らがブロックチェーンに見出した未来とは?
ブロックチェーン技術が目指す開発対象は?カストディからアテンション経済まで

ブロックチェーン技術が目指す開発対象は?カストディからアテンション経済まで

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を支えるブロックチェーン技術。アメリカのブロックチェーンに対する投資総額は2018年の半年に580億ドルに達したそう。その将来性など専門家の見解を交えながら紹介する。
ICOに過剰な期待は禁物?2017年ICOの86%は公開価格割れ

ICOに過剰な期待は禁物?2017年ICOの86%は公開価格割れ 

世界大手会計事務所の英アーンスト・アンド・ヤング(E&Y)がICOに関する調査報告書を発表。86%が公開価格を下回っていることが分かりました。その他、発表されたさまざまなICOに関する情報を解説します。
2大仮想通貨ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の違いとは?

2大仮想通貨ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の違いとは?

仮想通貨の時価総額1位のビットコイン(BTC)と2位のイーサリアム(ETH)の違いを紹介。ビットコインの生みの親であるサトシナカモトが解決した問題などそれぞれのコインの歴史と特徴を分かりやすく解説しました。
1兆ドル保管を目指す仮想通貨ウォレットのBitGoとはどんな企業?

1兆ドル保管を目指す仮想通貨ウォレットのBitGoとはどんな企業?

高セキュリティで世界大手のビットコイン・ウォレットを提供しているビットゴー(BitGo)。今や「1兆ドルのウォレット」提供を目指す企業となったビットゴーとはどんな企業なのか?そして今後どんなサービスを提供するのかを紹介する。
米国で「ブロックチェーン協会」結成、規制など仮想通貨の問題解決へ

米国で「ブロックチェーン協会」結成、規制など仮想通貨の問題解決へ

米国で結成された「ブロックチェーン協会(Blockchain Assoiciation)」。ホワイトハウスや米連邦準備制度理事会(FRB)など政府機関に影響力を行使し、規制など仮想通貨の問題を解決をするきっかけになりそうでうす。
米国と欧州の亀裂深まる、ドイツ外相がSWIFTに代わる独自システム採用呼び掛け

米国と欧州の亀裂深まる、ドイツ外相がSWIFTに代わる独自システム採用呼び掛け

2018年8月下旬、ドイツのマース外相が地元ドイツ誌にコメントを寄せ、現在の国際送金システムSWIFTとは別となる欧州独自のシステムを創設を呼びかけた。何がきっかけなのか?SWIFTからの離脱はブロックチェーン技術国際決済の朗報となるのか?
バイナンス(Binance)は価格安定と上昇に期待「トークンをバーン(焼却)する」とは?

バイナンス(Binance)は価格安定と上昇に期待「トークンをバーン(焼却)する...

2018年7月、バイナンス(Binance)は計画通りトークンのバーンを実施した。この「バーン(burn/焼却する)」とは、どういったことなのか?バーンを行うことによるメリットや、期待されることなどを紹介。
フィンテック企業の連邦銀行免許申請を受理、米通貨監督庁の決定が金融界に波紋

フィンテック企業の連邦銀行免許申請を受理、米通貨監督庁の決定が金融界に波紋

米通貨監督庁(OCC)が7月31日に発表した政策で、フィンテック企業に対し銀行免許の申請を受け付ける意向を発表した。この免許は取得した場合どのようなことが可能になるのか?また、仮想通貨業界(取引所)への影響とは?
ICOに代わるエアドロップ(AirDrop)の利点とは?Wavesの成功例などから探る

ICOに代わるエアドロップ(AirDrop)の利点とは?Waves(ウェーブス)...

2018年、AirDropの注目がさらに高まってきている。仮想通貨空間においてICOの支配が増す一方だったが、規制問題などから全盛期は去りつつあるとの見方も。これに代わるのがエアドロップではないかという件をWavesの成功例から考察する。
仮想通貨のハードフォークとは?ビットコイン(BTC)に与える影響を探る

仮想通貨のハードフォークとは?ビットコイン(BTC)に与える影響を探る

仮想通貨のハードフォークと聞くと2017年のビットコインからビットコインキャッシュが誕生した時の事が印象が強いかもしれないが、他にも様々なフォークの種類がある。本稿では仮想通貨のフォークとは?に加え、フォークをすることによる影響を解説。
【後編】米国はデジタル資産をどのように規制するか?一目で分かる規制当局と業界の見解の差

【後編】米国はデジタル資産をどのように規制するか?一目で分かる規制当局と業界の見...

米国はデジタル資産の規制において未だ検討中。SECによってETHやBTCは証券ではないと発表されたりと動きは出ていますが、今後どのようにして規制するのかに注目が集まっています。本稿ではこの問題がどのように、いつ解決されるのかを考察します。
【前編】米国はデジタル資産をどのように規制するか?最近の米証券取引委員会(SEC)動向を考察

【前編】米国はデジタル資産をどのように規制するか?最近の米証券取引委員会(SEC...

最近になりSECの動きが報じられることが多くなりました。ICOは証券、ETHは証券ではないという発表など、規制に関する動きが本格化してきています。米国はデジタル資産をどのように規制するのか、フリージャーナリスト長瀬氏の見解を紹介。
Google、Facebookなど多国籍企業10社中6社がブロックチェーン技術導入か

Google、Facebookなど多国籍企業10社中6社がブロックチェーン技術導...

海外の一部リサーチ会社のブロックチェーン研究調査レポートによると、GoogleやFacebookなどを含む10社中6社がブロックチェーンを導入する予定だと公表。しかも企業によっては2018年内とも言われている。大手企業の現状を追ってみた。
世界の大手銀行がブロックチェーン・仮想通貨の受け入れに徐々に方針転換か?

世界の大手銀行がブロックチェーン・仮想通貨の受け入れに徐々に方針転換か?

世界の大手銀行がこれまでの方針から転換したとも考えられる動きが目立っている。世界的に有名なゴールドマン・サックス、JPモルガンチェースなどが発言する内容からすれば今後ブロックチェーンや仮想通貨すべてを受け入れようとしているようにも見えるのだ。
イーサリアム(ETH)は証券かどうかの決着迫る?本日(5/7)が山場となるか

イーサリアム(ETH)は証券かどうかの決着迫る?本日(5/7)が山場となるか

米国の規制当局は2018年5月6からの週(恐らく7日)に、イーサリアム(ETH)が証券かどうかを含む仮想通貨関連の議論を行うとされている。ETHが証券となった場合はどういったことが予想されるのだろうか?その他最新の状況を解説します。
仮想通貨はイスラム法の壁を超えて総人口17億のイスラム教国に拡散するのか?

仮想通貨はイスラム法の壁を超えて総人口17億のイスラム教国に拡散するのか?

仮想通貨はイスラム教義「シャリーア」に反しないというBlossom Financeの報告書が公開されて話題となっている。報告書の内容を見た筆者はイスラム教徒が仮想通貨取引を認める日が近づいているのではと推測。その理由を解説します。
中国の仮想通貨対策、政府の方策は独自の「官製仮想通貨」発行か?

中国の仮想通貨対策、政府の方策は独自の「官製仮想通貨」発行か?

取引所やICO禁止など仮想通貨の規制を当面行なう方針の中国が、規制強化が進んでいくにつれ、行き着く先は政府発行の独自の”官製仮想通貨”の発行ではないかと推測。理由や今後考えられることについてフリージャーナリスト長瀬氏が考察を行いました。
仮想通貨規制は世界各国にとって避けれない緊急の課題になろうとしている

仮想通貨規制は世界各国にとって避けれない緊急の課題になろうとしている

世界各国の政府は日々発生するマネーロンダリングやサイバー攻撃などの問題懸念が広がる仮想通貨交換業者に厳しい監視の目を向けています。最近起きた規制に関する動きをまとめました。仮想通貨の規制は各国の重大な課題となっていることは間違いなさそうです。
日米両国の仮想通貨規制強化の動きはどう見るべき?仮想通貨の今後と監視強化の意味とは

日米両国の規制強化の動きはどう見ればいい?仮想通貨の今後と監視強化の意味とは

日米両国が取引所への監視を強めている。3月8日には金融庁が取引所7社に行政処分を行い世間をざわつかせた。投資家は日米の同時監視強化に警戒をしているが今後はまだ読み切れていない。今後の仮想通貨はどうなっていくのか?監視強化をする意味について考察を行った。
北朝鮮のハッカー攻撃ってどこまで怖い?サイバーテロを徹底追跡

北朝鮮ハッカー攻撃の恐怖、サイバーテロを徹底追跡!

韓国の国家情報院NISはコインチェック流出事件が北朝鮮のサイバー攻撃組織が絡む過去の事例に似ていると調査スタート。これをきっかけにフリージャーナリストの長瀬氏が北朝鮮のハッカー攻撃やサイバーテロを徹底追跡!見解をお伝えしています。
ビットコイン(BTC)価格の急騰・急落で儲けたのはヘッジファンドマネジャー?

ビットコイン(BTC)価格の急騰・急落で儲けたのはヘッジファンドマネージャー?

2018年1月から2月にかけて急騰と急落劇を起こしたビットコイン(BTC)。今回の価格上下変動で設けていたのはヘッジファンドマネージャー?と考えられる記事がありフリージャーナリストの長瀬氏がその内容を解説しています。
中国が仮想通貨と決別の動きー市場に大きな影響を及ぼすって本当?

中国マイニング規制:仮想通貨と決別の動きは市場に影響を及ぼすのか?

2017年末~2018年始の下落はBTC採掘量の約80%を占める中国が1月10日にマイニング規制を発表が要因の一つではと言われています。こういった中国の仮想通貨決別の動きは市場に影響を及ぼすのでしょうか?フリージャーナリスト長瀬氏の見解を公開します。
ビットコイン規制問題が次期G20(2018年開催)の議題に?

ビットコイン規制問題が次期G20(2018年開催)の議題に

2018年のG20では仮想通貨が議題にあがる可能性がでてきました。2017年12月17日にフランス財務相が提案したことがきっかけ。気運徐々に高まっています。今後の仮想通貨の規制はどうなるのでしょうか・

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice