• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

長瀬雄壱

長瀬雄壱
フリージャーナリスト、大手マスコミのOB記者。在職中は社会部、科学部、外信部で記者活動を行なう。特に外信部では、10年余り海外特派員(3カ国)を務め、国際関係、政治、経済、社会、戦争取材など、あらゆる分野で記者活動を続けた。翻訳業務経歴は約50年あり、今でも海外ニュースを深くモニターしている。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

長瀬雄壱の記事一覧
長瀬雄壱の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

2大クレジットカードがブロックチェーンアプリ開発に乗り出す深い理由とは?

2大クレジットカードがブロックチェーンアプリ開発に乗り出す理由とは?

2大クレジットカードのVisaとMasterCardによる仮想通貨やブロックチェーンとの関わりを紹介。関連するチームの編成やベンチャー企業への投資、自社ウォレットの開発などのさまざまな動きうをみせています。
仮想通貨投資家を震撼させた米国内歳入庁(IRS)からの1万通の納税通知書

仮想通貨投資家を震撼させた米国内歳入庁(IRS)からの1万通の納税通知書

2019年7月にアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)が仮想通貨保有者を対象に1万通余りの納税通知書を郵送し話題になっています。手紙は2013年までさかのぼって正確に納税を申告するよう警告しているようです。
仮想通貨を決済手段とする意向強まる?米国メディアの報道増

仮想通貨を決済手段とみなす意識強まる?米国メディアの報道増

米国のメディアにおいて、仮想通貨を決済手段とする意向が強まっているとの記事が目につくようになってきました。これまでは投機もしくは価値保存としての側面が強かった仮想通貨も、技術発展等によって決済手段としての立場を確立してきたのでしょうか。
中国人民銀行が年末までに人民元に代わるデジタル通貨の発行計画を進める

中国人民銀行が年末までに人民元に代わるデジタル通貨の発行計画を進める

中国人民銀行(PBOC)が2019年末を目標に人民元に代わる法定デジタル通貨(仮想通貨)を発行する開発計画を進めているとの報道があります。中国における仮想通貨とブロックチェーンの関係についても紹介します。
ビットコイン(BTC)価格変動を予測する最新指標「難易度リボン」が話題に

ビットコイン(BTC)価格変動を予測する最新指標「難易度リボン」が話題に

ブロックチェーンアナリストのウィリー・ウー(Willy Woo)氏が新たに考案したビットコイン(BTC)価格変動予測指標が話題になっています。「ビットコイン難易度リボン」という名の指標について紹介していきます。

仮想通貨の規制は各国で?SEC委員がG20合意と異なる見解示す

米証券取引委員会(SEC)コミッショナーのへスター・ピアース氏が仮想通貨の規制に関して、各国で枠組みを作るべきとの見解を示しました。これにより、米国の規制はG20とは別の道を歩む可能性が示唆されています。
レジャーX参入でビットコイン(BTC)物取引市場は三つどもえ戦争に

レジャーX参入でビットコイン(BTC)物取引市場は三つどもえ戦争に

レジャーX(Ledger)の参入により現物受け渡しによる新しいBTC先物取引が、突然三つどもえの激しい市場獲得戦争に突入する情勢になっています。今後の仮想通貨市場に影響を及ぼす最近の動向を紹介します。
ビットコイン(BTC)先物取引をめぐるレジャーXと商品先物取引委員会との確執

ビットコイン(BTC)先物取引をめぐるレジャーXと商品先物取引委員会との確執

レジャーXが7月31日現物受け渡しによるBTC先物(デリバティブ)の取引を開始を発表した直後に、商品先物取引委員会(CFTC)からの通達を受けて、中止になりました。今回の一連の流れにはどのような背景があったのでしょうか。
ブルームバーグが変心、ビットコイン(BTC)の弾力性を認める

ブルームバーグが変心、ビットコイン(BTC)の弾力性を認める

世界大手の経済・金融メディアのブルームバーグ(Bloomberg)がこれまでのビットコイン(BTC)対する厳しい見解を和らげて注目されています。最近のビットコインの価格上昇につながるされる要因も紹介。
仮想通貨の保有者も要注意?サイバー犯罪はさらに巧妙な手口に、セキュリティ企業が公表

仮想通貨の保有者も要注意?サイバー犯罪はさらに巧妙な手口に、セキュリティ企業が公...

フィンランドのサイバーセキュリティ企業F-Secureが最近公表した調査結果によると、金融機関に対するサイバー攻撃は極めて悪化しており、北朝鮮のような国家のサイバー攻撃は精緻なものとなっているという。
ビットコイン(BTC)半減期まで1年切る、採掘業の70%が廃業予測、価格は?

ビットコイン(BTC)半減期まで1年切る、採掘業の70%が廃業予測、価格は?

2020年の5月頃になると予想されているビットコイン(BTC)の半減期。マイ二ングの報酬が12.5BTCから6.25BTCに減少後、約70%のマイナーが廃業するのではないかとの予測が出ています。その他関連する情報も合わせて紹介。
仮想通貨決済によるモバイル用フリマアプリ「Haven」が発表

仮想通貨決済によるモバイル用フリマアプリ「Haven」が発表

フリーマーケットプラットフォームの「OpenBazaar」のデベロッパーが「Haven(ヘイブン)」という名の仮想通貨が利用可能なモバイル市場プラットフォームを発表した。対応コインやその機能などを紹介していきます。
投資利益率(ROI)から見たビットコイン(BTC)と株式その他資産との比較

投資利益率(ROI)から見たビットコイン(BTC)と株式その他資産との比較

ビットコイン(BTC)は過去10年で、資産価値のある株式や債券、貴金属、石油などと比較して高いリターンをもたらす可能性があることが分かりました。ますます無視できない存在となるビットコインに関するデータを紹介します。
約4兆円のビットコイン(BTC)が眠った状態に、発行済みの約25%に相当

約4兆円のビットコイン(BTC)が眠った状態に、発行済みの約25%に相当

コインメトリクス(Coin Metrix)のデータによると、発行済みのビットコイン(BTC)の内、約4兆3,400億円に相当する約400万ビットコインが過去5年間に動きがなかったという。その他のさまざまなデータを合わせて紹介する。
「価値の保存」としてビットコイン(BTC)はゴールドに勝る?

「価値の保存」としてビットコイン(BTC)はゴールドに勝る?

人々は政治や経済の緊張が高まると、比較的安全な金やビットコイン(BTC)を購入して「価値の保存」を図ってきました。そこで、「価値の保存」としてビットコインがゴールドに勝るのかについての議論を紹介します。
月をトークン化して販売するプロジェクト「ダイアナ(Diana)」が誕生

月をトークン化して販売するプロジェクト「ダイアナ(Diana)」が誕生

月をトークン化して不動産売買・登記しようという途方もないプロジェクトの「ダイアナ(Diana)」が発表されました。中央管理者不在の自律分散型組織(DAO)で所有権を管理するというプロジェクトを紹介します。
バックト(Bakkt)ビットコイン(BTC)先物のユーザー受け入れ試験開始

バックト(Bakkt)ビットコイン(BTC)先物のユーザー受け入れ試験開始

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社が設立したバックト(Bakkt)が、ビットコイン(BTC)の先物取引のユーザー受け入れテストを開始します。今回のテスト開始にともなう影響から今後の展開までを紹介します。
インドが仮想通貨禁止の法案提出か?市場に大きな影響の可能性

インドが仮想通貨禁止の法案提出か?市場に大きな影響の可能性

インターネット上にリークされた文書にによると、インドが近く全ての仮想通貨の一切の利用を禁止する法案の施行する計画を進めていることが明らかになりました。文書の真偽は不確ですが、その内容と業界の反応などを紹介する。
ビットコイン(BTC)との競争に直面するドル?トランプ政権が通貨戦争を仕掛ける可能性

ビットコイン(BTC)との競争に直面するドル?トランプ政権が通貨戦争を仕掛ける可...

米ドルは有効な準備通貨として台頭しているビットコイン(BTC)との競争に直面しています。また、バンク・オブ・アメリカがトランプ大統領の金融政策が通貨戦争の引き金になりうると警告をしています。ビットコインとドルの状況を紹介します。
イラン独自の仮想通貨発行準備か、金との交換可能で米経済制裁避けるため?

イラン独自の仮想通貨発行準備か、金との交換可能で米経済制裁避けるため?

イランが中央銀行から認可を得てマイニングされるゴールドと交換可能な独自の仮想通貨を発行する予定だと伝えられています。アメリカからの経済制裁を回避する目的もあり、年内に準備が整うというこの通貨について紹介します。
トランプ大統領が「ビットコインの支持者ではない」と初の見解表明

トランプ大統領が「ビットコインの支持者ではない」と初の見解表明

トランプ米大統領が日本時間の7月12日、暗号資産(仮想通貨)に対して「私はビットコイン(BTC)とその他仮想通貨の支持者ではない」 と初めてツイッター上で断言しました。トランプ氏の発言内容をまとめて紹介します。
ビットコイン(BTC)の市場占有率が80%に達する予測も、アルトコインは軒並み下落

ビットコイン(BTC)の市場占有率が80%に達する予測も、アルトコインは軒並み下...

最近のビットコイン(BTC)の価格の回復を評価して、アメリカの仮想通貨アナリストの中には近い将来にビットコインが仮想通貨市場全体の時価総額の80%以上を占めるとの予想もでてきています。価格のデータなどもあわせて紹介します。
ビットコイン(BTC)支持者の後任となるCFTC新委員長の仮想通貨に対する見解は?

ビットコイン(BTC)支持者の後任となるCFTC新委員長の仮想通貨に対する見解は...

仮想通貨に理解を示してきた米商品先物取引委員会(CFTC)の委員長が7月15日に退任します。そこで新たに委員長に就任するヒース・タルバート氏が仮想通貨に対してどのような見解を持っているのに注目が集まっています。
バンク・オブ・アメリカのCEOがキャッシュレス決済の実現に前向き発言

バンク・オブ・アメリカのCEOがキャッシュレス決済の実現に前向き発言

アメリカの大手銀行の1つバンク・オブ・アメリカの高経営責任者(CEO)がこのほど、暗号資産(仮想通貨)とキャッシュレス決済の将来性を認め、「キャッシュレス社会の実現を望んでいる」との発言をしています。
ビットコイン(BTC)価格高騰の反動でETF上場が認可されないとの憶測も

ビットコイン(BTC)価格高騰の反動でETF上場が認可されないとの憶測も

6月にビットコイン(BTC)の価格が急騰し業界は久々に活気づいています。一方で、その大きなボラティリティ(価格変動)が理由で、ビットコインETF(上場投資信託)の認可が遅れる恐れがあるとの憶測もでてきました。
世界の中央銀行が独自仮想通貨を発行する機運高まる、国際決済銀行(BIS)も支持

世界の中央銀行が独自仮想通貨を発行する機運高まる、国際決済銀行(BIS)も支持

国際決済銀行(BIS)がこのほど、世界の中央銀行が独自のデジタル通貨(CBDC)を発行する考え方や動きに支持を表明し、CBDC発行の機運が高まっています。またFacebookのリブラに対する見解も紹介します。
ビットコイン(BTC)は「安全な逃避先」、中国の姿勢に変化の兆しか

ビットコイン(BTC)は「安全な逃避先」、中国の姿勢に変化の兆し?

中国は暗号資産(仮想通貨)に対する厳しい規制を緩和するのではないかという兆しを見せています。米中貿易戦の解決策として、これまで規制をかけてきたビットコイン(BTC)の取引を黙認するのではないかとの憶測も出ています。
価格が上昇するビットコイン(BTC)と米ドルの関係

価格が上昇するビットコイン(BTC)と米ドルの関係

2019年4月から6月の3カ月の間に約140%の価格上昇を記録したビットコイン(BTC)。時価総額は20兆に達したビットコインからみえる世界の準備通貨である米ドル(USD)についての考察を紹介します。
マレーシア政府がブロックチェーン開発促進で外国人エンジニアに短期ビザ発給へ

マレーシア政府がブロックチェーン開発促進で外国人エンジニアに短期ビザ発給へ

ブロックチェーン技術開発に熱心なマレーシアで、ブロックチェーン・プロジェクトを支援してくれる外国人エンジニアに短期ビザを発給する新しい計画が発表されました。マレーシアのブロックチェーンに関する動きを紹介します。
シンガポールに見る仮想通貨への驚異的投資フィーバー

シンガポールに見る仮想通貨への驚異的投資フィーバー

シンガポールが暗号資産(仮想通貨)の受け入れに積極的な姿勢をみせています。多くの企業がビットコイン(BTC)を受け入れており、シンガポールでは仮想通貨の成長を抑えることなく規制を進めているようです。
G20大阪サミットがFATFの仮想通貨の新基準・ガイダンスを承認か?

G20大阪サミットがFATFの仮想通貨の新基準・ガイダンスを承認か?

金融活動作業部会(FATF)が、G20大阪サミットに提言する新基準とガイダンスを採択しました。仮想通貨に関する国際基準の修正項目をあげ、マネーロンダリング対策とテロ資金供与防止が強化される見込みです。
central-bank-of-russia-consider-own-crypto-currency_top

ロシア中央銀行総裁が国家所有の仮想通貨発行の検討認める

ロシアが最近になって国家所有の独自の仮想通貨を発行する可能性があることを検討していることが明らかになりました。同国の中央銀行の総裁も仮想通貨を支えるテクノロジーを賞賛するなど、最近の動きを紹介します。
揺らぐドルの世界支配、中ソや中東諸国との摩擦そして仮想通貨の出現

揺らぐドルの世界支配、中ソや中東諸国との摩擦そして仮想通貨の出現

長きにわたり続くドルの世界支配が今揺らいでいます。これまでいかにしてドルが世界で重要な通貨になったのかをふまえ、中国やロシアの動きと新たに出現したビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨との関わりを紹介。
ロシアが石油の国際取引にビットコイン(BTC)決済開始を準備中

ロシアが石油の国際取引にビットコイン(BTC)決済開始を準備中

ロシア国営石油会社ロスネフチ(Rosneft)が、石油の国際取引にビットコイン(BTC)などの仮想通貨による決済を開始する可能性が浮上。同社のCEOが国際経済フォーラムで示唆しました。ロシアと仮想通貨の関係も紹介します。
ビットコイン(BTC)先物取引からシカゴ・オプション取引所(CBOE)が完全撤退

ビットコイン(BTC)先物取引からシカゴ・オプション取引所(CBOE)が完全撤退...

今年3月に、ビットコイン(BTC)先物取引を中止するとしていたシカゴ・オプション取引所(CBOE)が、6月19日をもって、先物取引からの全撤退が完了します。未だ取引が盛んなシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)との違いは何なのでしょうか。
ビットコイン(BTC)決済する人は少なかった、利用の多くを占めるのは取引所

ビットコイン(BTC)決済する人は少なかった、利用の多くを占めるのは取引所

アメリカではAT&Tなど、大手企業がビットコイン(BTC)などの仮想通貨による決済を受け入れる動きが活発になっています。しかし、最近の調査で多くの消費者が商取引にあまり仮想通貨を利用していないことが明らかになりました。

Facebook発行のグローバルコインが仮想通貨空間に及ぼす大きな影響を探る

フェイスブック(Facebook)が発行する独自の仮想通貨プロジェクトが進行中です。6月18日にはより具体的な内容が公開されるようです。現時点で考えられるこの「グローバルコイン」の可能性について紹介。
ビットコイン(BTC)の人気はトランプ大統領を上回る!?

ビットコイン(BTC)の人気はトランプ大統領を上回る!?

ブロックチェーンベンチャー企業のコンセンシス(ConsenSys)がこのほど、グーグルトレンドのデータを引用してビットコイン(BTC)の人気ぶりを伝えています。トランプ大統領などと比較したデータを紹介します。
CMEのビットコイン(BTC)先物取引が記録更新、機関投資家の貪欲な買い気配高まる

CMEのビットコイン(BTC)先物取引が記録更新、機関投資家の貪欲な買い気配高ま...

このほどシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン(BTC)先物取引量が過去最高を記録したことが分かりました。そのCMEの取引データや最近の機関投資家とビットコインの関係などを紹介します。
世界初の仮想通貨都市誕生へ、マレーシアのブロックチェーンプロジェクト始動

世界初の仮想通貨都市誕生へ、マレーシアのブロックチェーンプロジェクト始動

マレーシアが法定通貨が使用できない世界初の仮想通貨都市を誕生させて、DMIコインと呼ばれる新しい仮想通貨の流通させるプロジェクトが進行しているそうです。年間300万人の観光客の訪問を狙う同プロジェクトを紹介します。
ビットコイン(BTC)シンボルをエクセルに追加!?マイクロソフトとブロックチェーンの関係

ビットコイン(BTC)シンボルをエクセルに追加!?マイクロソフトとブロックチェー...

エクセルにビットコイン(BTC)のシンボルが追加される可能性。これはマイクロソフトが、ビットコインを公式に受け入れる大きな動きとなりそうです。その他にマイクロソフトが開発を進めるブロックチェーンのプロジェクトを紹介。
G20大阪サミットは国際協力による仮想通貨の規制で大きな前進目指す

G20大阪サミットは国際協力による仮想通貨の規制で大きな前進目指す

6月下旬に大阪で開催されるG20サミットに向けて、仮想通貨の規制措置をめぐる国際的な統一基準を採択する動きが強まっています。金融活動作業部会(FATF)が準備した国際基準など、最近の動きを紹介していきます。
ビットコイン(BTC)が半減期を迎える2020年5月にブル相場出現か?

ビットコイン(BTC)が半減期を迎える2020年5月にブル相場出現か?

4年前後で迎えるとされているビットコイン(BTC)のマイニング報酬が減る半減期が2020年5月ごろに迫っています。今回はこの半減期にビットコインの価格が上昇するという意見と価格と半減期は無関係とする意見を紹介します。
NFLスター選手らが年俸のビットコイン(BTC)支払い求める

NFLスター選手らが年俸のビットコイン(BTC)支払い求める

全米フットボール連盟(NFL)のスター選手を中心に、ビットコイン(BTC)で年俸を支払ってほしいという声が強まっています。ツイッターに投稿された選手の声や、それに対する仮想通貨業界の反応などを紹介します。
仮想通貨のハッカーが狙うマイクロソフトの電子メール

仮想通貨のハッカーが狙うマイクロソフトの電子メール

2019年4月の初めごろから、仮想通貨をターゲットにしたハッカーがマイクロソフト(Microsoft)のメールサービスに目を向けていることが明らかになりました。これまでに報告されている被害などを紹介します。
ビットコイン(BTC)の「本質的価値」認める、JPモルガンが大変身 

ビットコイン(BTC)の「本質的価値」認める、JPモルガンが大変身 

これまで仮想通貨は詐欺との立場と取っていたJPモルガン・チェースが見解を180度転換して、ビットコイン(BTC)には「本質的価値」があることを認めました。最近のビットコイン(BTC)の動向と合わせて紹介する。
仮想通貨の主要取引所に広がる困難、強気相場に影響か?

仮想通貨の主要取引所に広がる困難、強気相場に影響か?

ビットコイン(BTC)など仮想通貨の強気相場が続いているにもかかわらず、一部の仮想通貨取引所では困難な状況が広がっており、これが仮想通貨の価格にも影響を及ぼしかねないと懸念されています。さまざまな関係者の分析を紹介します。
仮想通貨業界と銀行は水と油の関係、打開の糸口はブロックチェーンか?

仮想通貨業界と銀行は水と油の関係、打開の糸口はブロックチェーンか?

仮想通貨とブロックチェーンの関連企業は世界中で続々と誕生している一方で、銀行をはじめとする金融機関は、これらスタートアップに対する関心は依然と低いままです。そんな仮想通貨と金融機関の関係を考察します。
ビットコイン(BTC)価格高騰を陰で演出したのは中国人投資家か?

ビットコイン(BTC)価格高騰を陰で演出したのは中国人投資家か?

5月に入り突然価格が上昇したビットコイン(BTC)。その要因の1つとして中国の人民元の下落がありとされたいます。中国の投資家たちが人民元をビットコインに交換する動きを強めているとの考えを紹介します。
ビットコイン(BTC)先物取引が1年前の最高価格取引水準以上に回復した訳とは?

ビットコイン(BTC)先物取引が1年前の最高価格取引水準以上に回復した訳とは?

5月に入って高騰したビットコイン(BTC)の価格は、ビットコイン先物取引所にもプラスの影響をもたらしています。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は過去最高の取引量を記録したと発表。内容と背景を紹介します。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@