【墨汁速報】アクシーインフィニティ開発元「720億円の被害額を全額返済する」と回答

3月23日にハッキングされたアクシーインフィニティ(Axie Inifinity)の開発元であるスカイメイビス(Sky Mavis)社はBloombergの取材に対し、被害額720億円分の全額のETHとUSDCを被害者に返済すると回答した。

関連記事:【墨汁速報】約720億円盗難 GameFi「アクシーインフィニティ」のRonin Bridgeがハッキング被害

Sky Mavis COO「ハッキング被害を全額補填」

アクシーインフィニティ(Axie Inifinity)の開発元であるSky Mavis社の最高執行責任者(COO)であるAleksander Leonard Larsen氏はBloombergの取材に対し、「Sky Mavis社はアクシーインフィニティのプレイヤーに可能な限り早く全額返済するために全力を尽くしている。解決策に取り組み、話し合っている」と回答した。

アクシーインフィニティのイーサリアムのサイドチェーンネットワーク「Ronin Netwrok」を利用するためのRonin Bridgeから2022年3月23日に17.36万ETHと2550万USDCの合計約720億円がハッカーに盗まれており、現在Ronin Bridgeやトークンの売買をするKatana DEXが停止している状態だ。

現時点ではSky Mavis社が全額返済できるかどうか、その解決策が妥当かどうかは不明の状態となっている。

アクシーインフィニティ基金の被害は5.6万ETH

盗まれたETHやUSDCはアクシーインフィニティのプレイヤーの預入分や、投機家さらにはアクシーインフィニティ基金の収入なども含まれているという。盗まれた17.36万ETHのうち、5.6万ETH現在の価値にして約230億円がアクシーインフィニティ基金に属するものであるとLarsen氏は述べており、ユーザーの被害は11.76万ETHということになる。

ハッキングの経緯からSky Mavis社内部の犯行が疑われるが、Larsen氏によると社内の内部犯行ではないとSky Mavis社は考えているという。

関連記事:【墨汁速報】NFT市場最大手OpenSea 新たにソラナ(SOL)のNFTを4月から対応へ

被害額補填のためにアクシーインフィニティ関連トークン売却か

アクシーインフィニティのKapital DAOギルドとして知られているHivemindキャピタルの Sam Peurifoy氏は被害額補填するための方法として、「Sky Mavis社はアクシーインフィニティ関連のトークンをメジャープレイヤーに値引きして販売するか、同社の株を売却して資金を調達する可能性がある」と述べている。

また他の方法としてアクシーインフィニティのコミュニティは約1950億円を保有するコミュニティ基金のトークンを売却し、被害額を補填する投票のガバナンスをすることができるとしている。

ブロックチェーンデータ分析会社Merkle Scienceへのリード投資家であるRishav Rai氏は「私達の経験上、被害額を補填することができる可能性は非常に低い」と述べている。

アクシーインフィニティ内で利用できるトークンAXSは今回のハッキングを経て11%の下落、Ronin Networkで利用するRONは20%の下落を記録している。

関連記事:【墨汁速報】約1兆円360万ETH盗難のイーサリアム最大の事件"The DAOハック"の犯人を特定か

▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

おすすめの記事
【墨汁速報】ジェネシス非任意的破産申請の危機 最大手仮想通貨ファンドGBTCへも波及か?
仮想通貨ニュース
【墨汁速報】ジェネシス非任意的破産申請の危機 最大手仮想通貨ファンドGBTCへも波及か?
FTX破綻の影響で出金を停止している仮想通貨ブローカレッジのジェネシストレーディング(Genesis Trading)はチャプターイレブン非任意破産申請のリスクに直面している。ジェネシストレーディングの出金停止から47日経過しているとウィンクルボス兄弟と知られる仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)のキャメロン・ウィンクルボス氏は1月8日までにこの出金停止解決を求める公開状を掲載した。